テーマ:車中泊

LOUVER な VEZEL 誕生!

夏到来!梅雨が明けた途端に暑い日が続いてますが、今回のテーマは夏の車中泊。それを可能とする画期的なアイテムを作ってみました。そのヒントは意外な所にあったのです。 趣味が車旅とも言っていい僕。全国を巡って美味しいもの食べて、温泉入って、色んなものに刺激を受けてと仕事に追われる毎日から解き放たれ気分転換にもなる。色んな人に出会い何…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

VEZELさんとマルチシェード

秋冬に向けての準備を着々と進めていますが、今回は外部からの視線を遮り車内の保温性アップと車中泊の必需アイテムでもあるマルチシェード作りにチャレンジ。 マルチシェードと言えば○○○…的なお店もあって車種別専用設計で機能性抜群な製品が売られていてとても便利ではあるのですが、1台分を揃えるなると3万ぐらいかかってしまうのです。そこに3万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VEZEL×漆喰×カーテン

荷室のフルフラット化も完成したので次なるプロジェクトが始動!より良い車中泊環境を求め寝室にカーテンを設置してみようかと思いまして…。 スタートはここから。外部からの視界を遮りつつ、運転席側と寝室との境目にカーテンを取付ける事によってよりプライベートな空間に仕上げるというのが一番の目的。以前はガラス全部に目隠ししていたのですが、この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルフラットでGo! -VEZEL編- Vol.2

ヴェゼルで快適な車中泊を実現するべくスタートしたプロジェクト「フルフラット大作戦!」。先週のつづきをお届けします。果たしてミッションの行方は… 作業は順調に進行し、あっという間に完成!かと思われた前回でしたが、最後に衝撃の事実が判明し結局やり直しハメになったという所までお届けしました。今週やるべき事はまずその対策を考え段差問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルフラットでGo! -VEZEL編- Vol.1

猛暑続きの夏もまもなく終わろうとしています。そろそろ秋冬に向けての準備をはじめないと…という事で車中泊への第一歩?であるフルフラット大作戦!が始動。 まもなく9月。連休も多いし少しずつ涼しくなっていくので温泉、グルメ、ドライブと絶好の行楽シーズンに突入しますね。車を乗り換えて3カ月が経過しましたが、まだあまり遠出していないので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

独立型太陽光発電のススメ

今回のテーマは自然エネルギーについて考える?震災以降改めて見直されている環境に優しい自然エネルギーを使用した発電システム。その中でも比較的手軽に実現可能な独立型太陽光発電を実践してみました。 独立型太陽光発電というのは電力会社から電気を供給してもらうのではなく発電した電気をバッテリーに蓄えながら使用するシステムの事を言います。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車中泊のススメ

旅が好きな私は、週末や連休を利用してよく旅をします。 飛行機でないと行けない場所や日数の制限がある時以外、 基本的には愛車エアウェイブに乗って旅に出ます。 旅先での楽しみ方は絶景巡り、温泉、食事、…と人それぞれ。 豪華なホテルや旅館など宿を楽しみにしてる方も多いと思いますが 私の場合、旅先での宿泊は車の中での宿泊=車中泊。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

視線が気になる?

本日2つ目の作品はこちら。 こちらも車内泊グッズのひとつで、車内で快適に眠る為のアイテム。窓に内側からはめてあげる事で外側から車内が見えなくなり、気になる視線をシャットアウト。ミニバンなどは車種毎の専用シートが売られてはいますが、値段も結構します。エアウェイブ用なんてもちろん販売してないので作って見ました。 こちらは左側…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

網戸

これからの季節には欠かせないアイテムですね。家の窓についているのはもはや当たり前ですが、車の窓にも必要なんです。 なんでかって? 旅先の車の中で寝る時は窓を閉めて寝るもんですが、 これから夏にかけては窓を閉めるととてもじゃないが、暑くて眠れません。 かと言って窓を開けて寝ると、 虫が入ってきて朝起きると体中がとんでもない事…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

AIRWAVE “和室” EDITION完成!!

シリーズでお送りしてきた「フルフラットへの道」も5回目にして遂に完結。 なかなかいい感じでしょ?苦労した甲斐あって、予想以上の出来映えに満足しております。車のドアを開けるとい草の香りが漂ってきます。やっぱり日本人なら畳やね。という訳で、エアウェイブに和室を作ってしまおうと始めた企画は見事完成したのでした。今までの集大成として、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

フルフラットへの道 (4)

完成したかに見えたウッドデッキですが、問題発生。 選んだ材料が悪かったのか、日差しの影響かどうか解りませんが一枚一枚の板が微妙に反り始めなんかデコボコ感が。今の季節でこれ程影響あるようでは夏は越せないね。それと設置して見て気付いたのですが、使わない時の事を考えてパーツ4部構成にしてはみたもののそれでも大きすぎて邪魔だという結論…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルフラットへの道 (3)

先週のつづきです。 寸法図って木を切って現物合わせと単純作業を繰り返し、ようやく底板の完成。パーツを4部構成にした為、使用用途に合わせて色々なアレンジが可能になりました。 まずは、左側だけウッドフロアで右側はノーマル。 続いては、右側リアシートを起こしてみる。 さらにリアシートを両方起こして荷室のみウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルフラットへの道 (2)

昨日の作業の続きです。 骨組みがほぼ完成したので、その上に乗っける床板となる材料を求めて再びホームセンターに買い出し。何も知らずに10:00開店だと思ってその時間に行ったのだが、なんと資材部門は朝7:30から営業していたらしい。Unidy恐るべし。 床板は木という事になるが、一枚もののコンパネで行くかそれとも細い板を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フルフラットへの道 (1)

私が、エアウェイブを買った最大の理由とも言いべき荷室の広さ。 5ナンバーサイズ車ながら、後ろのシートを倒す事でフラットな広大なスペースが出現。荷室長181cm、幅113cmとコンパネをそのまま積む事ができてしまう。このスペースのおかげで、荷室で仮眠する事も出来、雪山シーズンにも大変重宝した車だ。 ただ、フラットという表現には…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more