Aimer Hall Tour 19/20 "rouge de bleu"

1月11日に大宮ソニックシティ 大ホールで行なわれた「Aimer Hall TOUR 19/20 "rouge de bleu" 〜bleu de rouge〜」へ行ってきました。
20200111_161606.jpg

前回ライブに行ったのは2018年11月だったので、約1年振りのAimerさんライブ。そして2020年になって僕自身のライブ始め!今年はどんな1年になるんでしょうかね。Aimerさんのライブは4回目になるんですけど、武道館での「白と黒」、前回の「雨と太陽」と言った具合に2つのテーマに沿って演出だったり選曲だったりと毎回楽しみにしちゃうんですけど、今回はツアータイトルにもある通り「青と赤」みたいです。色のイメージで冷たい青と暖かい赤なんだけど、どんな演出と選曲になるかはホント今から楽しみで自分なりに想像して答え合わせするのも楽しみの一つかも?なんて思ってます。もちろん一番楽しみなのはあの歌声を生で聴ける事なんですけどね。最近はチケットも取りずらくなってしまい、今後はますます行ける回数も少なくなるだろうから行ける時は全身全霊で感じて来たいなって。

今日の関東は朝から快晴。今年は暖冬と言われていて、1月になっても全然寒くならないし冬や星のイメージがあるAimerさんの曲を聴くにはぴったりな季節なハズでチケット取った時にもこれは絶対いい感じにフィットするな…と思っていたのに今イチ感。まぁ、ライブ会場までの行き帰りなんかを考えれば暖かい方が楽なんだけどね。明日は雨予報とか言ってたけど、今日は天気が崩れる事もないみたいで年越しても晴れ男パワーは健在のようで安心してライブ行けます。って事で今年のライブ始め!いいスタートを切りたいですな。


16:00 開場。
今日の席は2階席18列目。最後列が21列目だったので後ろから4列目…いつもながら良席とは無縁なんだけど、たぶんホールのどこに居てもあの歌声が届かない事はないので問題なし。ステージには幕が降りてたのでステージセットは始まってからのお楽しみって事だね。


17:00 開演
ステージの両サイドにあるスポットライトが激しく回り始めたと思ったら赤と青の光がグルグルと客席を照らす。赤vs青の熾烈な戦いの末、勝利したのは青組!という事で本日は青組からのスタート!となりました(※勝手な推測。後ほどのMCで理由が判明)。ステージにはアーチ状のスポットやら何やらとにかくあらゆる物が青く輝いている。それはとても幻想的な光景だった。そんな青一色なステージの後方には通路があって、そこからAimerさん登場。白系の衣装だと思うけど、この会場モニターないから目視だとはっきりとは色とかデザインは分からず。でも、たまに反射してキラッと光るので今日も眼鏡姿だという事はわかる。

オープニングナンバーは「星の消えた夜に」。青のイメージから静かな曲調のものが多いのではと予想してたけど。バラードからのスタート。ステージの背景には満天の青い星空!素敵な夜のはじまりですね。オンリー1の独特なハスキーヴォイス、全てを優しく包み込んでくれるかのような歌声が響き渡る…やっぱ生歌最高やな!と没頭して聴いてしまうんだよ。そんな感じで前半は静かにスタート。青のステージと言ったが、スポットは青一色ではなく次の「Sailing」では、緑が混じって青緑になったりバリエーションがあるんだね。Aimerさんのライブってちゃんと曲が終わりきるまで拍手起きないんだけど、たぶん皆の意識が同じ方向に向いてるだろうなって思う。これ凄くいいなって思うし何より心地良い。フライングがないから一斉に拍手が起こる感じとかも好き。


2曲が終わった所で最初のMC。
今回のツアータイトルは"rouge de bleu" 。フランス語で赤と青という意味です。今の私にとって熱を帯びている曲たちを"赤"、そしてより夜を濃く纏った曲たちを"青"と分けて選びました。
大宮は2days初めてなんですけど、2days公演の1日目は"bleu de rouge"という副題を付けました。今日は赤から青ではなく、特別に青から赤の世界へ皆さんをお連れします。
と、ツアータイトルの説明を丁寧にしてくれたのでやっと副題の意味を理解出来たしレアバージョンな1日目でラッキーかも!と思ったんだけど、2日目行けないから比べられないんだよね。赤から青の世界も観てみたかったな。

では、次からはより青の世界を浸ってもらうためにゆっくり聴いてもらえる曲たちを…

と言って、「Blind to you」からスタート。前2曲もそうだったけど、ここからはホントにひたすら癒しの時間でゆっくりした時の流れの中で歌声に酔いしれるのであった。定番曲の「ポラリス」、そして「私の原点でもある曲を…」と一言添えてからの「夜行列車」とお馴染みの曲が続く。ステージの夜空がとても綺麗で照明の演出も相まって青の世界を堪能していく贅沢な時間。このままずっと青でもいいかな…なんて思ってみたり。


MC。
この青での夜の時間の中でもみんなが楽しんでる所を見たいんですけど?
と言ってアップテンポなイントロが流れ、客席が一斉にスタンドアップ!楽曲は…ん?「AM02:00」の途中から?とか思ってたらメドレーだったみたい。前から気になっていたタイトルに深夜時間の曲が何曲かあるですけど、いつか纏めて聴きたいなぁと密かに思ってた願いが遂に実現!ステージの上方にいつの間出現してした大きな洋風時計が時を刻んでいたんだけど、その時計の針がそれぞれの時を刻んでゆくという凝った演出。このメドレーの前後に特に説明があった訳ではないので、気付かなかった人もいるかもだけど、こうゆう知る人は知る的な細かい所はAimer班は結構こだわってるなって思うんですよ。

次の「Stand By You」でも終始Aimerノリノリだったし、「We Two」は珍しく振り付きの曲だったので、最初にレクチャータイムを設けてジャンプやピースサイン、腕グリグリを練習してからの楽曲スタート。青の世界はしっとりとした曲調でじっくり聴く曲を中心にセレクトしたのかと思ってたら青の中でもキチンと静と動の流れがあるのいいですね。前はそんなに動き回る印象なかったけど、割とクルクル回ったりステージを歩き回って手を振っていたり演出もレーザー光線飛び交ってたし、とても楽しい時間でしたね。


MC。
暑い…回り過ぎてグルグルしてる…(笑)。皆んな楽しそうで良かった。ありがとうございます。

では、そろそろ夜を纏った青の世界を終え、皆さんとより熱の籠った青の世界…はっ!
青から青?客席から指摘される前に自分で気付いたみたいで、やっちまった感のAimerさんの動き可愛いかった。そして改めて…
より熱の帯びた赤の世界へ行きたいと思います。ここで新しい夜の始まりに作った大切な曲を…

曲紹介の後、「Torches」。アコギの優しい音色に寄り添うような歌声がとにかく気持ち良い。ステージ中央に立ち、松明の火が灯ったマイクスタンドなのかと思ったら、途中から松明を手に取って歩き出す。その佇まいも含めとにかくカッコ良い曲だなという印象。生で聴くの初めてだったのもあるけど、CDとは迫力が違う!こうゆう静かな中にも力強さがある楽曲もいいんだよねこの人。最後は松明もってステージ後方へ去っていった。

ここでセットチェンジ?的なバンド演奏タイム。ステージの様子が次第に青から赤へ変化していく。

そして、ステージ真っ赤や!となった所でフラップが下がり衣装チェンジしたAimerさん再登場。たぶん黒っぽい衣装だと思うけど、何か赤のマントみたいなのついてた気がする。

赤の世界は「STAND-ALONE」。この曲、ドラマの主題歌だったけどドラマ観てなかったし配信限定の曲だったのでほとんど聴いてなかったので今日初めてじっくり聴いたかも。あーこんな感じなんだ。

続いて「Black Bird」。ステージには沢山の火が灯る赤らしいステージ。この曲もカッコ良くてホント好きなんだよね。からの「I beg you」は妖艶な感じのステージ。赤らしい情熱的なんだよね曲が続きますね。ずっと青が続けば…と前半観てて思ったけど、赤もいい感じだな。てゆうか一つのライブで両方楽しめるのがホントお得だよね。

次からは皆さんのクラップで完成する曲たちをやるので是非…
と言って「Daisy」「コイワズライ」「3min」と最近の曲が続くコーナー。「Daisy」はカップリング曲ながら初聴きでこの曲好き!と思ってたのでライブで聴けて良かった。カントリー調でゆったりしたメロディと独特の歌声の混ざり具合が絶妙なんですよね。「3min」では曲の前に「皆んなと真っ赤に燃え上がった時間を…行けるか大宮!」と客席を煽ってのスタートでこんなAimerさん中々見られないかも?凄いテンション高めだった。


そして「Hz」キター!。スキマスイッチの提供曲でAimerさんの曲の中でも大好きな曲の一つなんだけど、スキマのライブにAimerさんゲストに来てくれた時に贅沢コラボで聴かせてもらったの凄く印象的だったんだよね。その当時は静かな曲がほとんどだったので、唯一?とも言っていいくらいアップテンポな曲だったから、コール&レスポンスがあったり拳振り上げたりして立ち上って盛り上がれるの凄く楽しいし嬉しい。ライブではじっとしていられない派なので。そこから更にギアを上げての「ONE」。歌詞ちよっと間違えたのか笑ってしまい、客席に手でゴメンポーズしてるAimerさんの姿が可愛い過ぎてキュンキュンしてた。そんなアクシデントもありつつ、本編最後は「RE: I AM」できっちり締める。いいライブでした。


19:46 終演
3時間近くあったステージだったのに、あっという間だった。色んな要素が詰め込まれた完成度の高いステージでホント贅沢な時間を堪能させてもらいました。また行きたい!


[セットリスト]
#01. 星の消えた夜に
#02. Sailing
#03. Blind to you
#04. ポラリス
#05. 夜行列車 ~nothing to lose~
#06. 真夜中メドレー
AM02:00 〜 AM03:00 〜 AM04:00
#07. Stand By You
#08. We Two
#09. Torches
#10. STAND-ALONE
#11. Black Bird
#12. I beg you
#13. Daisy
#14. コイワズライ
#15. 3min
#16. Hz(ヘルツ)
#17. ONE
#18. RE: I AM
-en-
#19. marie(新曲)
#20. カタオモイ
#21. April Showers

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント