「時効警察【展】はじめました」に行ってきた!と言っても過言ではない

11月8日から12月10日まで六本木のテレビ朝日けやき坂ミュージアムで開催中の「時効警察【展】はじめました」へ行ってきました。
20191108_185128.jpg

「時効警察」は2006年に放映されたテレビドラマで、時効を迎えた事件を"趣味"で捜査する男・霧山修一郎と助手?の三日月しずかが未解決事件に謎解きに挑むという異色の刑事ドラマ。その翌年には続編「帰ってきた時効警察」が放映されるなど大ヒットしたドラマなんだけど、なぜ今さら?というのかと言うと10月から12年ぶりの続編「時効警察はじめました」がスタート!これを機に今回の展示が開催される運びになったという訳。まさか続きがまた見られるとはね…とドラマはもちろん楽しく見てますが、今回はそのドラマ内で登場するセットや衣装、小ネタ満載の小道具の展示、更には時効管理課の完全再現、更に時効スタンプを自分で押せちゃう?これは行かずにはいられない!と思い、初日に早速行ってきました。
20191108_185201.jpg

平日は夜9時まで営業してるので、場所は六本木だし定時で帰れれば余裕で仕事帰りに行けるので混雑するであろう週末に行くよりゆっくり見られるかなぁと思い金曜日の夜に行ってみた。場所は「けやき坂ミュージアム」と書かれていたが、googleで検索してもそれらしき建物出て来なかったけど六本木ヒルズのテレ朝に行けばいいのかな?と思って行ってみたけど良く分からずに局の受付で聞いてみたら、建物を出て左に進み大通りへ出たら左へ…と言われ言われるがまま進んでみたがそれらしきものが見つからずにウロウロしていたら通り沿いの建物に入口発見。とても分かりづらい場所でひっそりと行われてました。


入口を入ると受付があって、前売券を渡すと「時効ステッカー」を渡され(前売券購入特典)、「ファイルケースから一枚選んで…」と何だろ?と思って見てみたら後で使うあの紙をゲット!なんだちゃんと用紙貰えたのね。
20191108_185531.jpg

後ろを振り向くとそこはもう時効警察の世界…。無造作に置かれた段ボールには事件に関するファイルの山!そして壁に貼られた駄洒落づくしに貼り紙。もう既に始まってた…
20191108_185628.jpg

反対側には総武警察署のマスコット「そーぶさん」のカッコいいポスターが張られ、特大そーぶさんと記念撮影が出来るフォトスポットも設置。
20191108_185634.jpg
20191108_185659.jpg

その他にも宝箱や霧山くんと三日月さんの衣装展示。
20191108_185706.jpg
20191108_185733.jpg

さらにあの婚姻届まで。
20191108_185791.jpg

更に更に…あの鳩時計まであるじゃんか!ヤバいなこれ…テンション上がりまくってる。
20191108_185792.jpg


しかも場所が分かりづらいのが幸いしてか、とても空いてるので時間はたっぷりあるし思う存分見てられるというね。明日になったらさすがに混雑するだろうから今日来ておいて良かったなと実感。さぁ、どんどん行こう!


お次の部屋には「鑑識課」らしい。ここにはドラマの中で登場する小道具や各話ごとのスナップ写真などが展示。ただ、このエリアは撮影可と撮影不可に分かれれいてケース内に納めわれた小道具などは殆どが撮影不可になっていたのがちょっと残念。というのもこのエリアは今後ドラマが進むにつれて展示物が追加されていくとの事で、まだ放映前の小物達やスナップ等も含まれているためネタバレとなってしまうという理由もあるみたい。今夜放送の第4話で使用されたと思われる物も既に展示してあって、あれ、メロンの被り物?まだ見てないのに…ってなった。誰にいいませんよカードの防水仕様やメガネコレクション…他にも色んなもの展示してあってこのエリアめっちゃ楽しい。最終回終わってフルコンプされたらまた来てみようかなと思いました。
20191108_185802.jpg
撮影中のスナップ写真の他にコラム的な読物系もいくつかあって、「もっと知りたければ、ここを読み込んでそーぶ。」と書かれQRコードが貼り付けてあるんだけど、試しに読み込んでみたら…えっ?ってなった。いや、ケトルは家にあるから…
20191108_190004.jpg


次のエリアには総武警察署の食堂メニューが。ここもドラマ内で登場するシーンだが、ドラマ内ではチラッとしか出ないけど、実際にはこれだけ色んなメニューがあって様々な所に小ネタが仕込まれているんだなというのが写真を見ると良く分かる。せっかくだから食堂丸ごと再現してくれても良かったのにな。
20191108_190191.jpg
20191108_190206.jpg

ちなみにこのエリアの展示物は「撮影不可ボード」貼ってなかったので撮影OKらしい。ドラマの台本はケース内に展示。表紙には「ミステリー作家」「婚活」「ゾンビ」「お笑い」という判子が押してあった。たぶん1話が開いたままだったので各話毎に判子作ってる?そして今夜がゾンビで来週はお笑いの話か…これも増えていくんだろうね。
20191108_190238.jpg

ここはそーぶさんの物販コーナー?実際に総武署で売られている想定?のグッズ展開。きっと色んな場面でさりげなく登場してるんだろうね。「オレオレ詐欺撲滅ソング」のCDとかそーぶさんラベルの酒?こうゆうの見てるのホント楽しいな。
20191108_190330.jpg

中にはこんな物も…これ何だっけ?
20191108_190393.jpg



そしていよいよ「時効管理課」へ。
20191108_190401.jpg

この景色…ヤバいすね。画面を通してしか観た事がなかった世界が目の前に…まぁ、壁とか窓とかは画なんだけどそこは仕方ないか。でもこの空間に自分がいる事がめっちゃ嬉しい。これ、実際に椅子に座れたりしたら最高なんだけど、そこは事件現場のように立入禁止のイエローテープが貼られているためセットには触れる事も出来ないんだよね。
20191108_190491.jpg
20191108_190492.jpg

手を伸ばして撮れる範囲で細部を写真撮ってみた。熊本課長の席にはお馴染みの色んなアイテムが…無造作に置かれているように見えて実は計算し尽くされた絶妙な配置?なのかもしれない。
20191108_190501.jpg
20191108_190503.jpg
20191108_190505.jpg
20191108_190507.jpg


総武署の各部署の配置が一目でわかる立体模型も展示。ドラマではほぼ時効管理課しか(たまに鑑識課)登場しないので、へぇー実際はこうなっているのか…とか思ったり。
20191108_190699.jpg

最後は時効スタンプ押印。
20191108_190813.jpg

ここで入口で選択したあの紙を出して熊本課長ばりにえいや!と押してみる。おおっ、いい感じだ。
20191108_190837.jpg

ここに来るまではこの紙あると知らなかったので、実は判子押印用に自分で用意したA5サイズのミニ冊子。これを開いて押してみると…ほらいい感じでしょ?この感じを味わいたかったので。
20191108_190901.jpg
20191108_190905.jpg

展示エリアはここまで。最後は物販コーナー。ほとんどがそーぶさんグッズでコレクションするにはアレだったので買ってないんだけど、せっかくなので何か買っておくか…と思って買った唯一のアイテムが巾着。両面にプリントしてあって片方が誰にも言いませんカード柄だったのでこれだけ購入。後で分かった事だけど、先程の自作ミニ時効ファイル冊子がぴったり収まったので喜びました。
20191108_191101.jpg

さっと見て周る程度なら30分もあれば十分だし、かなりじっくり見ても1時間程度?まぁ、混雑してない事が前提だけど。これからドラマも盛り上がってくるだろうし、それに合わせて段々と展示物が増えて見所も増えてくると思うのでまた訪れると思うけど何回来ても楽しめるそんな展示になってるのが嬉しいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント