鶴フェス 2019

10月6日に埼玉県の鶴ヶ島市運動公園で行われた「鶴フェス 2019」に行ってきました。
20191006_080001.jpg

今年は諸事情により夏フェス行けなかったので今年の初フェスはロックバンドのが主催する無料のフェス。バンド名の鶴はメンバー3人が鶴ヶ島の出身だった事から名づけられたんだとか。鶴ヶ島のふるさと応援大使も務める地元愛溢れるバンドが遂に地元で凱旋フェスを行うと聞いて集客的に大丈夫なの?と最初はちょっと不安もありましたが、WIZYというクラウドクリエイティングを利用して全国から応援大使を集う形で見事に目標を達成して"鶴フェス"開催!となりました。もちろん僕も微力ながら応援大使として貢献したので目標達成して嬉しいですし、感謝状とかパスも届いたので開催に向けて徐々にテンション上がってきました。最近ちょっと鶴のライブ行けてなかったので今日は一日鶴三昧で楽しんで来ようかと思ってます。
20191006_080201.jpg
20191006_080101.jpg

ただ、一つ問題というかハードルがあるのが開催地。鶴の地元でやるというファンとしての喜びもありますが、神奈川県民(しかも南部)としては鶴ヶ島遠くね?日帰り出来るのかな?終電間に合うのかな?と不安要素もある訳で、終了時間が18時となってるのでいくら何でも間に合うだろ?とは思いつつアクセスの悪さがちょっと気になるのです。まぁ、帰りもそうなんだけど行きもね。10時スタートで開催の挨拶とかあるみたいなのでスタートに間に合うように行きたいとは思ってるんだけど、それに間に合うには家何時に出ればいんだ?と色々と考えておかないといけない事があるのも事実。着いてしまえば後はのんびり楽しむだけなんだけどね。


朝6時の電車に乗って出発!池袋まで行って東武東上線の鶴ヶ島駅か、大宮まで行って川越線の笠幡駅かでルート選択に迷ったけど目的地に近そうなので笠幡駅にしてみた。たぶんこちらの方が空いてそうだし…と思ったんだけど、この選択が凶と出るか吉と出るか?楽しみです。笠幡駅に着いたのが8:40でそこから徒歩で運動公園へ。途中で雨パラついたりもしたけど強く降る事もなく30分程度で到着。これならシャトルバスとか要らないし全然歩ける距離だった。

やっと着いた!と安心したら途端に大雨…あれ?フェスの晴天率80%以上を誇る奇跡の晴れ男と呼ばれる僕が来てるのに?どうゆうこと?まぁ、すぐに止むと思うし雨装備は完璧に準備してきたので全然大丈夫なんだけどね。天気予報だと午前中くらいになってたのでそのうち止むでしょ?(効果が現れるのに少し時間がかかる事があります)

そして、今のうちに会場内の位置関係とか休憩出来そうなとことかチェックしておこうと歩いてたら普通に神田先生がその辺歩いてて、えっ?ってなった。気軽に話しかけてる人とかもいたけどスタッフなのかな?一応遠目で見て様子を伺ってた。まだ開放される前のステージのあるエリアは入念な機材チェック等慌ただしい様子。下は芝生だし思ってたより広いし雰囲気も凄く良いかなと後は天気さえ回復してくれれば…
20191006_091231.jpg
20191006_091351.jpg

会場には全国から集まるであろうソウルメイト達のためにこんなボードも設置。今はまだ誰もシール貼られてませんが、脇に赤丸のシールが置いてあって自分が来た地域に貼っていくと分布図が出来上がるという訳。ちなみに鶴ヶ島の辺りにはメンバーからのメッセージとサインが。帰る頃には真っ赤になっていて鶴ちゃん埋まってましたけど。
20191006_091102.jpg
20191006_091110.jpg

9:30過ぎにステージエリアが開放されて中に入れるようになり鶴の物販に並びながらステージでは音合わせしてるので公開リハみたいになってて他のバンドのリハなのに秋野さんギター持って登場し早くもお祭りムードな感じ。会場も巻き込んでのリハ楽しかった。そして雨はいつの間にか止んでいた。やっぱりね。


10:00 鶴フェス開幕のご挨拶はもちろん鶴の3人がステージへ。ちなみにまだ物販の列に並んでるのでそのまま姿勢だけステージに向けて聴き入る。「ようこそ鶴ヶ島へ!」という秋野のさんの一言から始まりメンバー一人ずつ話して最後は市長の登場。「海も山も川もない…何もない所ですが…」ややマイナスプロモーション的な発言もあったけど、最後は「災害の無い街なので住むなら鶴ヶ島へ!」としっかりアピールして締めました。そして最後に鶴から「みんなでワイワイしましょう」と締めの一言を頂いてようやく開幕!

10:10 最初のアーティストの二人目のジャイアンがステージに登場すると一気に盛り上がる。初めて聞いたけどノリも良くてホーンもあるし音色が心地良く楽しいステージでした。物販の列は全く進まずに結局全部並びながら観てた。これ、いつになったら買えるのやら。

結局、買えたのは並んでから1時間半後の11:00。スタッフが少ないのとみんな大量に買い過ぎ問題。今日はTシャツとコインケース、そして別の場所で今治タオルとのコラボ商品の鶴ちゃんタオルを購入。
20191006_105799.jpg

これでやっとフェスに専念出来る!と、とりあえずビールを。やっぱフェスと言えばビールのイメージ。雨も止み、涼しいし快適。この時期にやるのが正解なんだよねかきっと。もうお昼タイムなので一緒にぶたから(豚の唐揚げ?)も頂く。ビールとの相性抜群じゃね?
20191006_110446.jpg

会場内を散策していたらゆるキャラ?つるちゃんとつるゴン発見。無料フェスという事でファミリーでの参加が多いみたいで、会場内は子供達で賑わっていたのでこのゆるキャラ達も大人気でした。
20191006_112529.jpg
20191006_112805.jpg

鶴の出番は最後なので、それまでは今日は欲張らずに何となくステージ観ながらビール飲んでまったり過ごせればそれでいいんじゃないかな?スタイル。ちょっと荷物になるとは思ったんだけど、My Helinoxチェア持ってきたしステージの後方でのんびり観てるのも良いかなと。フェスって色んな楽しみ方あると思うんだけどさ、このくらいの時期にこのくらいの規模で1日まったり過ごすのが何より最高だと思ってしまうのは年とったからなのかな?でもそれもいいよね。
20191006_113136.jpg

お昼時ともなるとフードエリアも大盛況で列の長さがぐんぐん伸びていたし人も結構増えてる!さっき空いてるうちに買っておいて良かったよ。こちらもフェスらしくなってきたね。
20191006_142138.jpg

昼過ぎから天気もすっかり回復して青空も見えるようになった。個人的には曇り空で涼しいくらいのがいいかなとも思ったけど、晴れるとやっぱり開放感が増すのとテンションも上がるよね。
20191006_120799.jpg

後ろの方で椅子に座ってまったりD.W.ニコルズ観てた。曲聞くのもステージ観るのも初めてだったけどこんな感じのバンドだったんだね。大矢梨華子のステージでは鶴の3人がバンドメンバーとして参加して「てるてる坊主」をカバーして歌ってくれたり。THEイナズマ戦隊はサウンドチェックで「踊れないtoフィーバー」をいきなり始めたり、つるゴン(鶴ヶ島市のゆるキャラ)がまさかのアーティスト枠でステージに登場してパフォーマンスしたり、遂には鶴も登場して鶴ヶ島音頭の振りをレクチャーするなど、なかなか油断出来ない展開というか色々と見どころあってとても楽しいフェス。この空気というか雰囲気を創り出してるのはもちろん鶴。これが無料っていうんだから最高じゃないですか?この後、アコースティックステージでシンガロンパレードを観たりなんかしてたら、あっという間に残りはスクービーと鶴のステージのみ!楽しいと時間経つのも早いな。


17:00
20191006_165899.jpg
隣のステージが少し遅れ気味だったので、開始5分前から3人が出てきてサウンドチェックスタート。秋野さんの第一声は「すげぇな!」と客席を観て思わず出ちゃった感じ。最初は楽器のチューニングしてただけだけど、途中から本番さながらに「夜を越えて」を演奏。このリハの時間がまた楽しいんだよね…いつも。と思ってたら、時間が押してる事もあり今日はサラッとで済ませて一度楽屋に戻り、時間になるといつものSE曲に合わせて3人が改めてステージへ。

ソウルメイト鶴ヶ島!雨上がったね。ワイワイしようぜ

と挨拶がてらに一言喋って1曲目スタート。オープニングナンバーは「低気圧ボーイ」。辺りはちょっと暗くなり始め昼間に比べるとグッと涼しくなった。長かった夏も終わり、ようやく秋なんだなと実感する。そんな秋を満喫してる間も無くライブの方は前半から飛ばしていく感じ?観客の多さと雰囲気にステージ上の彼らもかなりご満悦の様子でテンションも高め。

1曲目を終えると、「今日楽しかった?楽しんでくれた?」と客席に問いかけ、「鶴ヶ島でもやるよ?」とあの流れが…そう、「こんばんは、鶴です。」へ。最初のうちは普通にやってたけど、途中から「男だけ!」、「女だけ!」とaikoさん的な流れになり、第3の区分けとして「子供だけ!」というのが加わったんだけど、何を勘違いしたのかドラムのどん君がやや低めの声で「鶴です!」したもんだから客席もメンバーも大爆笑でウケを狙った訳ではなく素で「男だけ!」と勘違いしたらしく本人もちょっとオロオロしてて面白かった。そんないつもながらのコミカルな流れもありつつ、今日は割と新し曲中心の選曲のようでした。

3曲目後のMCでは、このフェスが開催されるまでの道のり振り返りながら
あっという間に今日が来て…朝、挨拶してから、終わらなきゃいいのになって思いましたが最後になってしまいました。今日楽しかった?次の曲は鶴ヶ島市役所との思い出の曲…市役所のロビーで曲演奏してました(迷惑行為?)

からの「恋のゴング」。この曲、市役所で演奏してたとかその当時に聞いてみたかったです。ここからは定番曲の流れなのでちょっと安心して聞いてられた。最近の曲あまり聴けてなくてライブで聴くの初めてだったからノリとか分からなくてちょっと戸惑ってました。「夏の魔物」辺りからステージの照明が点灯し辺りもすっかり暗くなって夜のライブって感じ。野外の夜は格別ですね!少し夜風が吹いて、もう暑さを感じる事もないし快適そのもの。そしてバラード曲が心地良く響く。やっぱフェスはいいね。

そんなバラードでしっとり後のMCで、重大発表があると…。

来年、鶴…改名します!

客席から「えっー!!」という声が飛び交うよりも早く、「嘘。」と秋野さん。
ホントは「えっー!」という流れの後で否定しようとしたらしいが耐えきれずに即座に否定しちゃったとか。なので、「もう1回やる?」と言って、今度はちゃんと皆んなが「えっー!」と言った後に「嘘です。」と。

いや、しないよ?ホントは来年の春から普通にアルバムツアーやります!
というもの。ここでいう普通とは都道府県巡り2周もして普通にアルバム出してツアーというスタイルをやってなかったのでという事らしい。まぁ、来年アルバムリリースしてツアーとか普通に嬉しいです。

なんか、ずっと喋っていたいね…
とボソっと言ってましたが後半スタート!いや、もう最後まで大盛り上がりでめっちゃ楽しかったし。アンコールがないのはこの会場の電気遅くまで使えないらしく終わったら即撤収しなきゃいけないらしいので…という事。なんでそんな終わり時間早いかと思ってたけど、そうゆう事か。

18:05 終演。


[セットリスト]
#01. 低気圧ボーイ
#02. こんばんは、鶴です。
#03. マジカルロックミュージック
#04. 恋のゴング
#05. 夏の魔物
#06. 夜に太陽
#07. 歩く this way
#08. 踊れないtoフィーバー
#09. バタフライ
#10 ソウルメイト今夜


家に帰るまでがフェスなので気を抜かないように頑張って帰ります。
それにしても楽しかった!「またやりたい!」って言ってたけど、来年もやるといいな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント