石垣島の絶景ビーチへ行こう!

沖縄離島巡りツアーも4日目を迎えました。島の生活にも次第に慣れてきて、いつ移住してきても大丈夫なレベルになったというのに明日には帰らないと。なので今日が観光の最終日という事になります。いやもう、ホントあっという間でした。

…と早くも締め?に入ってる感じなのですが、石垣島を軸に…と観光プランを練っていたけど実際は拠点にしてるだけで石垣島自体を満喫出来てないのではないか?そんな疑問も湧いていたりして。石垣島にも沢山魅力的な場所ある訳だし離島巡りばかりしてないで(石垣島も沖縄本島からすれば離島ポジションではあるんだけど)、もっと足元をしっかり見なければ…と思った訳で。ホントはレンタカー借りてグルっと一周しながらという定番プランも考えてはいたのですが、何かホントに一周するだけで終わってしまいそうな気がして。それなら一点集中のピンポイントで目的を絞った方がいいのでは?

沖縄には何度も来てるけど、大抵料金が格安なシーズンオフで真夏に来るのホント久しぶりなんです。せっかく夏の沖縄に行くんだから綺麗な海に入って泳ぎたい!と今回は水着も持ってきました。なので、せっかく水着持ってきたんだから海に入らないなんてもったいない!(離島巡りでは入れるチャンスあったけど持ってくの忘れてた)と思い、石垣島にはサンセットビーチ、米原、底地、真栄里、白保、…等と沢山のビーチがあるのだけど、その中でも絶景ビーチと評判の「底地(すくじ)ビーチ」が今日の目的地。宿からだとアクセスも大変で時間もかかるけど、せっかくなら素敵なビーチで気持ち良く泳ぎたいじゃん!車があれば楽なんだけど今日もバスでのんびり旅。これも沖縄スタイル?うちなータイムです。


連日の徒歩修行?で足はそこら中痛いし体の疲れも抜けきってないのですが、今日も早起きで行動開始!宿を8時前に出発しバスに乗り込み港方面にあるバスターミナルで川平リゾート線という別の系統へ乗り継げば後はそのまま乗ってればちょんと目的に着いちゃう?本当にそんな簡単で…いいんです!

今日はバス旅なのでこれ買ってみた。全路線バスが1日(24H)乗り放題で1,000円というとってもお得なフリーパス。沖縄本島ならOKICA持ってるから便利なんだけど、石垣はまだ導入されておらず昔ながらの乗車時に整理券取っての後払いシステム。まぁ、これはこれで好きなんだけど今回はちょいちょい乗り降りしそうだし何よりフリーパスって響きがなんかいいよね。
20190713_082427.jpg

トランジット(バスの乗り継ぎね)まで少し時間あったので離島ターミナルまで歩いて行ってブルーシールを頂く。沖縄来た時は欠かさず毎日食べてたけどこれを口にすると沖縄に居る事を実感できるのだ。
20190713_083032.jpg

そうこうしてる間に出発時間が迫ってきたのでバス乗り場へ。約1時間ほどで目的地周辺に到着するらしく、そこから先はビーチまで歩いてすぐ!と事前にマップで確認して知識で勝手にそう思ってたんだけど、実際には僕が降りようと思っていた「シーサイドホテル」からだと途中に川があってビーチからは直線行けないとバスの運転手さんに言われた。仕方なく周回バスなので一度折り返しての帰路で通過する「川平ロータリー」で降ろしてもらった。片道料金が700円ぐらいなんだけど、折り返して同じ場所で降りるとプラス料金?でも今日はフリーパスにしたからセーフだけど。帰りも使えるので完全に元取れたな。

今回の降りる場所間違えた事件は完全なる失敗!出発前にちゃんと聞いておけば良かった。こうしてアクシデントは毎日キチンと起きてくれて決して楽には行けないように出来ているシステムなのだと思ってる。そこから徒歩で15分くらい。結局今日も猛暑の中を歩くのであった。でも今回はその後すぐ海に入れるので発想を転換してその為の準備作業だと思う事に。ご褒美!ご褒美!

着いたよビーチ!めっちゃ歓迎されてるやん。
20190713_102003.jpg
すかさず目の前に飛び込んできた絶景!想像の遥か上を行ってます。ちなみに今日は一眼レフを宿に置いてきた(ビーチに置いておくのは不安だったので)ので携帯カメラオンリーですが、素材が良ければそれなりには綺麗に撮れるハズ。どう?なかなかでしょ?
20190713_102391.jpg

海に近づいてみると透明度ハンパねぇ!海の中を良く見ると小さな魚が泳いでいたり、カニが横走りしていたり。これ、子供とか絶対喜ぶ奴だよね。なるほど、家族連れに人気のビーチというのはそうゆう事かと納得。少し沖の方まで…とグングン進んでみるも、いつまで経っても水深が膝丈ぐらいしかなくてめっちゃ遠浅やん!波もなく穏やかな流れ。この辺りも家族連れ人気なんだろね。子供放っておいても全く危険なさそうだし。
20190713_103359.jpg

ただ、砂浜の一部や海の中も完全にサラサラの砂という訳ではなく珊瑚だったり小さな岩がゴツゴツしていたりして素足で踏むと結構痛いのでビーサンでインするのがベストかと。ここが唯一のウィークポイントかな?でもアクセスの悪さもマイナスポイントかな?でもそのおかげで空いてる気もするけど。
20190713_104256.jpg

少し沖の方へ出てみた。そしてそこから360℃パノラマビュー。ちなみに3枚目の写真の奥の方に見える建物が「シーサイドホテル」。ビーチは繋がっているように見えるんだけど、行けないのか…(しつこい)。とにかく人が居ない!世間的には3連休初日で一番出掛け易いハズの今日がこんな状態なんて…。なんかもう完全プライベートビーチ状態でのんびり入れるのは最大の魅力かも。
20190713_103391.jpg
20190713_103392.jpg
20190713_103393.jpg

更に沖の方まで行って座るとちょうど首まで浸かれるのでいい感じ。陽射しは強烈だけど水温ちょうどいいしホント快適。足をプカプカと浮かれてたら何かに突かれ、もしかしてサメ?そんな危険な罠が?と思ったら20cmくらいのゼブラ柄のお魚さんにちょんちょんと突かれてた。なんか懐かれたのか、その後を周りをグルグル泳ぎながらたまに突ついてくる。何だろこれ?


そんなこんなで海で遊んでいたら、あっという間に帰る時間。帰りのバスは間隔が長いので、これ逃すと夕方になってしまうので仕方ない。このまま一日のんびりここで過ごすのもとても贅沢な時間の使い方かと。宿をシーサイドホテルにすればよかったのか…でもリゾートホテルっぽいので高いんだろうな。さようならMy 南の楽園 ...帰りたくない。
20190713_105899.jpg

シャワー浴びて着替えを済ませたら再び川平方面へ歩き出す。再びあっという間にまた汗だくになっちゃうんだけどここは我慢。海水浴場周辺には食べるとこなかったのでお昼も食べ忘れ、気付けば午後2時を過ぎなんか食べなきゃと思いながらテクテク。川平湾まで行けば超メジャー観光スポットなのでお店は沢山あるハズ。「かびら食堂」にて「石垣牛カレーそば」なるものを食べてみた。カレー味の八重山そばとか、こうゆう変化球もあるんですね。
20190713_141540.jpg

帰りのパス時間まで1時間あるので、せっかくだから川平湾の絶景を眺めに行ってみる。凄く綺麗な青緑色なんだけど、携帯のカメラだとうまく色が出てないかも。こんな時は一眼レフが欲しい(宿に置いてきちゃった)と思ってしまう。ちなみにこの川平湾は遊泳禁止なので人も少ないしとても静か。いやぁーここホントに海の色が綺麗でした。
20190713_143891.jpg
20190713_144092.jpg

再びバスに揺られながら16:30頃にはバスターミナルに到着。宿に戻る前に石垣島の国際通り?的な位置づけのお土産物屋通り「ユーグレナモール」で職場用のお土産を選んでおいたり、もちろん自分用も物色しておく。最後に近くのA&Wで最後の晩餐。そう言えば今回初だったな。ブルーシールと並んで沖縄本島に行く時は欠かさず食べてたのに。危ない所だった。ルートビアはクセになる美味さ。おかわり自由なので当然もう1杯飲むだけどね。宿帰っても食事ないしここら辺で食べておく事を学んだのでさほど不便を感じなくなった気がするよ。
20190713_163200.jpg
20190713_172322.jpg
20190713_172435.jpg

今日も楽しい一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント