雀舘温泉

本日の温泉!は青森県三戸郡にある日帰り入浴施設「こま温泉浴場」で立ち寄り湯。
画像


地元の人に愛される古くからある銭湯なのだそうですが、お湯は温泉を使っているので一応温泉という位置づけで紹介してもいいのかなと。

今日はずっと青森で疲れてないように見えますが、午前中は弘前城を観に行くのに近場の駐車場はGW価格なのか相場が高かったので探したら無料の駐車場がありまして。当然無料には無料の訳がある訳で、弘前公園までは2キロぐらい歩く事になるのです。歩く事自体は苦にならないタイプなので浮いたお金で美味しいもの食べたり温泉入ったりと有効利用するのがマイスタイル。城見物と駐車場への往復でそれなり良い疲労感。そして明日への準備として、その後八戸方面へ移動する事になるのですが、その途中で温泉寄ってけばいいや!とルート上で良さげな感じの温泉施設を選んだのに途中の道が通行止めで辿り着けず。尚且つ十和田湖ルートで行ったので道が細くて急カーブが連続すふ試練の山道を延々と走る事になり、その気を抜けない緊張感で精神的にちょっと疲労が。


急いで代案を探してナビ君が探してくれたのがここ「こま温泉浴場」。HPには営業中と書いてあるし値段も銭湯なので安いし尚且つ温泉ならいう事なしなのでは?と行ってみたら駐車場がほぼ満車状態でこれヤバい奴?もっとこじんまりした地元の人向けの寂れた銭湯を想像していたのですが、意外と大規模な雰囲気でちょっとびっくり。
画像


450円を払って中へ行こうとするが、石鹸もシャンプーもないので大丈夫?と確認され、「お金をポケットに入れたままカゴに入れとくと盗まれるからね…」と。そんな物騒なの?おばちゃんのその発言にちょっとびっくりしたが、大金は持ってないし一応鍵付きのロッカーもあるみたいなので大丈夫そう。

脱衣所から中へ入るとその広さにびっくり!両サイドが洗い場になっていて中央に湯船がどーん!その存在感たるや湯船の大きさもそうなんだけど、天井高いし奥行きもある。どことなくローマ風呂を思わせるオーラもある。これ銭湯なの?イメージしていたのとまるで違った。もっと小さく富士山の絵とか飾ってある昔ながらの銭湯だと思っていたもので。そして人が凄い!大混雑。あえてローカルな銭湯を狙い空いてると思ったんだけど甘かった。


でも広いし湯船に浸かれない程ではないので温泉はしっかり楽しめそう。その温泉は、少し浸かっていれば体はすぐ温まるし疲れはミルミル癒えていくので温泉効果は抜群でコスパ最高なんじゃないかと。中央の湯船は二つあり手前が大浴場で奥がジャクジーになっている。

更に奥へ進むも「でんき風呂」というのがあってビリビリする奴?それが3つもあるのででんき風呂推しの銭湯なのかも。最奥地にはガラス窓の先に庭園?のようなものが見え、もしかして露天も?と思ったが庭だけでお風呂はなかった。なぜここに箱庭を作ろうと思ったのか…斬新ですね。

まぁ、そんなこんなで今日も温泉にありつけて良かった。旅の間は毎日温泉入ってるのでお肌もとてもいい感じに仕上がってます。やっぱ健康の元は温泉なのではないかと。

そして銭湯での締めと言えば、腰に手をあててグビっと…美味し!
画像



いいお湯でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0