中国庭園「燕趙園」

GWを利用して中国に旅行に…というのは嘘ですが、山陰地方にある中国?鳥取県湯梨浜町にある中国庭園「燕趙園」に行ってきました。
画像


実は観光プランには全く組み込んでなかったのですが、偶然立ち寄った道の駅の隣に周りとは全く違う違和感バリバリの建物群。なんだべこれ?と思って周りを色々と観に行ってみたら、その日は営業時間を終了していて中までは観る事が出来なかったのだけど、なんか気になる…と思ったら留まるべき?明日の朝に温泉入ったらすぐに次の所へ移動する予定でしたが、ここがノープランな自由旅のいい所?予定なんていくらでも変更出来るし気になる場所に遭遇したらいくらでも寄り道出来るのだ。ましてや近所ならまだしも鳥取までなんて次いつ来るか分からない。この出会いを大切にしなければ。…と思いちよっとこの施設について調べてみた。

そもそもなぜ鳥取県に中国が?と誰もが疑問に思う所だと思いますが、鳥取県と中国河北省の友好提携を行っていてそのシンボルとして建てられたそうな。なんでもフジの月9ドラマ「西遊記」もここで撮影されたんだとか。へぇー全然知らなかった。最近出来たのかと思ったらもう何年も前からあったそうで、そもそもこの地にこんな施設ある事自体昨日初めて知ったもので。


って事で朝に温泉入ってから再び道の駅に戻ってきたのでした。道の駅から施設側へは橋が架かっており、この橋からして中国感抜群でドラゴンカッコいいいし。橋からの眺めも日本とは思えない。
画像

画像

画像


反対側に降りても通路の石の感じとか雰囲気とか行った事ないけどイメージの中の中国はこんな感じ。門に化粧飾りもカラフルな色合いが強烈なインパクトを。日本の神社とかもそうだけど、この緑と朱色の絶妙なバランスがいいだよね。
画像

画像

画像


こちらが入口。昨日は閉まってたけど、今日は中に入れる!かなりワクワクする。沖縄の色使いにも似たオレンジ色の屋根もいいよね。
画像

画像



一歩踏み入れるとそこは間違いなく中国。何この景色!ここが夢にまで見た桃源郷か!ちよっと感動すら覚えるレベル。中はこうなってたのか…これは見ておいて正解。なんか中国に居るような気分になれる!(来た事ないけど)
画像

画像

画像


順路に沿って庭園を一周するらしいのだけど、通路がこれまたカラフルで凄いのですよ。カクカクと曲がる通路の絶妙な角度もそうだけど、この色使い!そして柱などに描かれた絵。いやー参った!これほどまで中国とは。
画像

画像

画像



庭園の中央にはドラマや映画で見た事あるジグザグ通路だったり、大きなアーチを描いた石橋も実際に渡る事が出来てそこからの眺めは最高です。
画像

画像

画像



所々にある屋根のある小さな建物も内装がとても豪華で、特に天井アートのクオリティーがハンパないです。こうゆうの好きなんだよね。
画像

画像

画像


さすが中国?色んな所に僕の大好きなドラゴンが居て結構テンション上がってる。造形がカッコいいよな…。特に瓦についてる紋章?これ欲しいな。
画像

画像

画像


庭園自体は意外とコンパクトというか、のんびり歩いても1時間もかからず周れる。東京ドーム何個分とかあまり広過ぎるのも歩き疲れるしこのくらいが丁度いいじゃないですかね。庭園の外は普通の景色なのに、庭園越しに観ると外も中国なんじゃ…って思えてくるから不思議。これぞ庭園マジック?
画像



小さな橋を渡った離れ?には集粋館という緑色の屋根の建物が集まったスペースがあるんだけど、そこで様々なイベントやショーなどがあるそうな。中国雑技団のショーが1日3回あるとかで、これだけ見たら帰ろうかと思ってる。
画像

画像


ショーまで少し時間あるのでウロウロしてたら、中国茶スタンドがあった。せっかくの機会なので中国茶でも嗜んでみようかと。注文したのは「東方美人の烏龍茶ミルクティー」タピオカが入っていてちよっと飲み辛い?気もしたけど美味しかった。
画像



雑技団凄かった!踊りながら仮面が変わる奴と椅子の上で逆立ちするのカッコ良かった。撮影禁止だったのが残念。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い