三朝温泉「株湯」

温泉で朝風呂シリーズ?今日の温泉は鳥取県三朝町にある三朝温泉の共同浴場「株湯」へ。
画像


鳥取を代表する湯処の一つで、温泉好きとしては是非とも行ってみたかった場所。鳥取へは以前に一度来た事はあるのですがその時は滞在時間の関係で立ち寄る事が出来ずに次に来る時は必ず…と思っていたのですがようやく来る事が出来ました。


「株湯」は温泉街からは少し離れた場所にあるのですが、三朝温泉発祥の地にある小さな共同浴場。建物自体も歴史を感じます。
画像<


事前に調べた情報では通常8時オープンと書いてあったので、一番風呂入ろう!と8時前に来たのに駐車場に車を停め建物の前まで行ってみたら「月曜日は10時から」と書いてあって膝から崩れ落ちた。えっー!あと2時間もあるじゃん。月曜日だけ10時からって…なぜ今日は月曜日なのか?ここで選択肢は2つ。諦めて他の場所へ行くか、開くまで待つか。他の場所と言ってもどこも開くのは遅くて、ここに来た理由の一つがこの時間から入れる事。自分の調査不足とは言え、予定では今日のうちに福井辺りまで移動したかったのでこの時間ロスは痛い。…が、次にいつ来られるか分からないので待つ事にした。

とりあえず飲湯コーナーは24時間営業?なので、朝一番で温泉を飲んで元気を貰う。
画像

その横に足湯コーナー。ここも当然オープン前なので開いてないが中は見られてので撮影しておいた。
画像



それでは時間まで三朝温泉街へ!

まずは河原風呂。三朝温泉と言えば…のシンボル的な場所がここ。三朝橋の下に河原から湧き出る温泉を石で囲んで造られた風呂が。簡素な脱衣所はあるものの、一応混浴露天にはなってますが、柵は無いに等しく橋を渡る通行人から丸見えでかつ周りは旅館だらけなので覗き放題?なので女性が入るにはだいぶ勇気がいるかも。その分、遮るものが何もないので開放感は抜群で大自然満喫しかも無料の24時間営業。
画像

湯船は2つあり、手前が適温?のぬる湯で奥がちょい熱の熱湯。たまたま人が居ない時間に入れたのでのんびり快適。今日は生憎の曇り空ですが晴れた日には川のせせらぎを聞きながら湯船にのんびり浸かるのが至福の時と容易に想像つきます。10分くらい浸かってたら管理者らしき人がきて今から清掃なのでお湯抜きます!と抜き始めた。すぐには全部抜けないので頃合いをみて…と強制退場宣告。まぁ、短い時間だったけど十分温泉は堪能できたので良しとするか。もしかして人居なかったのはこのせい?かも。
画像



この近くには「たまわりの湯」という共同浴場があり、日帰り湯でも三ヶ所周れるのではしごしてみるのもいいかも。
画像



さて、10時前に再び「株湯」に戻ってきたら駐車場ほぼ満車?殆どは飲湯を継ぎに来た人みたいで人が入れ替わり立ち代わりな状態だったけど人気スポットであるのは間違いないかと。ようやくオープン!早速中へ。中は木の香りが漂いシンプルで素朴な雰囲気が魅力。温泉地らしく源泉はかなり熱めではあるものの、加水してないので源泉100%の効能を味わえるのがいい。入浴料300円でこの温泉が楽しめるとか最高じゃないですか?
画像

オープンと同時に人が次から次へ!GWだから?いや、きっといつもこんな感じなんだろうと思われます。湯船も内装も新しくなったのか事前情報で得たレトロ感はやや薄いものの城や古民家にあるような大きな梁は健在で壁も多少面影が残ってる?では早速。「激熱なので入れて2、3分?…」と表の注意書きに書いてあったのでちょっと警戒しながら足を入れるが想像を超えるレベルではなかった。それでも10程度かな…湯船に浸かってたのは。まだまだ修業が足りない若輩者です。まぁ、河原風呂でしっかり温まってきたので良かったかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0