天然温泉 すすきのの湯

冬の北海道満喫の旅もいよいよ最終日!今日の朝風呂は北海道札幌市にある天然温泉「すすきのの湯」へ。
画像


前半はさっぽろ雪まつり、後半はスノーボードと冬の北海道をとことん楽しんで来ましたが、今日の午後には帰らないといけないのです。ようやく氷点下生活にも体が適応してきたので、このまま札幌に住むのも悪くないかなと思いはじめていたので少し残念です。旅の締めくくりはやっぱ温泉ですかね?明日からまた仕事に追われる日々に戻るので、その前に疲れをしっかり取って戻らないと。

それでは早速…と言いつつもまだホテルの部屋に居るんですが、実は今日行く温泉はホテルの中にある天然温泉。宿泊者以外でも日帰り入浴出来る施設で通常2,200円払えば入れるのだけど、宿泊者はもちろん無料で好きな時間に何度も入る事が出来るというね。これって最高じゃない?ホテルの予約入れる時にそこまで見てなくて、チェックインする時に説明を受けてその時初めて知り札幌で温泉入れるなんて思ってなかったので超ラッキーって感じ。

部屋着のまま受付まで行ってそのまま温泉入浴と超楽チン。実は今日だけでなく毎日ここの温泉に入っていて結局部屋のユニットバスは一度も使わなかった。前半はさっぽろ雪まつりで一日中雪道を歩き回りヘトヘトだったんですが、温泉でリフレッシュ。翌日に疲れを残さない為にも温泉は欠かせないんですよね。この温泉がなければ今回のハードな旅は乗り切れなかったかも?それくらい重要な位置付けでした。


宿泊者は13:30-翌朝10:00まで好きな時間に入れるのですが、ほぼ毎日朝風呂に入っていて朝6:00くらいなら人も居ないだろと思ってたのに意外とこの時間帯に入ってるいる人も多かった。今朝も平日の朝なのに?と思う程人が多くてちょっとビックリした。

お風呂は内湯、サウナ、露天風呂と一通り揃ってる。まぁ、日帰り入浴施設として結構なお値段取ってるので当然と言えば当然ですけどね。まさかホテルに露天風呂まであるとは思ってなかったのでホント嬉しい。


内風呂は大浴場とジャグジーがあり、浴槽も大きくてゆったりしていてとてもリラックス出来る。お湯の温度は42℃くらいで適温。ちょっと色ついてるのかな?無色透明という感じではなく湯船に浸かった瞬間に、ジワジワと疲れに浸透してくるような入り慣れた温泉の感覚だったのでおおっ、これはいいな…って感じでした。
画像


露天風呂へは脇の階段をひたすら昇りその先にあるのですが、階段は外にあり周りは雪が降る程の極寒な状態なので正直ちょっと最初の一歩に勇気がいるのだけどその先に幸福感を一度知ってしまうとそんな事くらい苦にならなくなります。ちなみに昨日からしばらくの期間は深夜から早朝にかけての露天風呂の営業を安全面を考慮して中止すると貼り紙があって今日は入る事が出来なかったのはちょっと残念。


なので初日に行った時の様子を。造りも本格的でホテルの宿泊者向けに天然温泉の露天風呂入れますよってレベルではない。内風呂はこの時間にしては割と人が多かったけど、露天のほうは連日ほぼ貸切状態でやはりあの階段を極寒に絶えながら昇ってくるハードルは高いのだなと。高ければ高い壁のほうが昇った時気持ちいいのにね…もったいない。
画像


骨組みだけの屋根が一応付いてるで完全に露天って感じではないけど、空は見えるし周りには積もった雪も見える。都心のど真ん中で雪見露天出来るとは思ってなかったのでホントに超ラッキー。スノボ帰りに何度も極寒の中露天風呂入ってるけど、外が寒ければ寒いほど気持ち良さも倍増するのです。
画像


ホント、ありがたや。いいお湯でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック