第70回 さっぽろ雪まつり

2月4日~11日まで開催中の冬の北海道を彩る風物詩「第70回 さっぽろ雪まつり」に行ってきました。
画像


そうです、連休を利用して北海道に来てます!北海道への旅行は何度も来てますが、実は冬に来るのは初めてで人生初の冬の北海道!!なのでちょっと浮かれていますが、やっぱり死ぬまでに一度は見ておかないと後悔するかなと思って今回は70回の記念大会だし僕自身も今年は50歳を迎えるメモリアルイヤーという事で数年前から計画してました。そして遂にその時が!ワクワクしながら札幌へ。

となるハズがまずは出発の数日前に航空会社から当日は関東が雪予報で飛行機が飛ばないかも知れないのでご注意を…的なメールが届いた。いやいや関東の積雪予報なんてどうせ降る降る詐欺でしょ?と余裕かましてたら急激に気温が下がり当日は予報通り雪。まぁ、降り始めだし出発は朝の早い時間帯なのでセーフで無事に出発出来たのだけど夕方便だったらヤバかったかも…そんなヒヤヒヤの出発だった事もあり新千歳空港に着いただけでドッと疲れが。とりあえずチェックインまではまだ時間あるし荷物をロッカーに入れて大通公園へ!と思ったら空きロッカー難民で彷徨い続け、結局諦めてがホテルに預けようかと行ってみたら準備出来てると言われたので荷物を部屋に置いたら早速雪まつり会場へ。

とりあえず雪景色の時計台をパシャリ。春夏秋には何度も来てるので何度も観てるけどこの景色は人生初なのです。なんか雪があるだけで感じ方が違って見えるから不思議。
画像


ホテルからは歩いて数分なのですぐに大通公園に到着。気温は-6℃。昨日は札幌に数十年ぶりという記録的寒波が来てたらしく最高気温-11℃だったらしいですが、今日は少し落ち着いているみたい。それでも関東に比べればかなり寒い…というか空気が冷たい。雪が降ってなかったし風もないので体感的にはそれほどでもないかなと。このくらいの気温なら雪山で何度も体感してるのでむしろ心地良い?
画像



さっぽろ雪まつりは大通公園の1丁目~12丁目までを使って雪氷像を展示する大規模なイベント。どこから見始めたら良いかなど特に順番は決まってないが、会場内は混雑回避の為に一方通行になっていて右周りに進んでいく。1丁目から順に…とも思ったけど、到着した場所がちょうど6丁目だったのでここから観る事に。時刻は14時ですが、そう言えばまだお昼ごはん食べてなくてお腹空いてたのでまずは腹ごしらえ。ちょうど北海道食の広場というフードエリアだったので、まずはウニごはん。今から30分のサービスタイムでウニごはんを注文した人にイカ焼きが付くというので得した気分。焼きウニ美味し!更に別の場所でジンギスカン焼きそばとビールも補給。この寒さの中で飲むクラシックの美味い事!!たまんねぇな冬の北海道。
画像

画像

画像



では気を取り直して雪像を。7丁目ではいきなり巨大な大作が目の前に!おおっ、こりゃすげぇな。フィンランドの「ヘルシンキ大聖堂」だそうですが、その大きさとクオリティーに思わず目を奪われました。へぇ~こんなのが沢山あるのかぁ~ワクワクする。細かい部分まで丁寧に制作されているけどあまり近づけないので一眼持ってきて良かったなと。携帯のカメラじゃ限度があるからね。
画像

画像


そのお隣の8丁目には「届いたあたり前が、届ける喜び。~今日も走るレッドベア~」という作品。レッドベアという貨物列車が野菜を大量に積んで走り出す様子を雪像に。大きなステージがあり、なんかいろいろイベントなどをやっているようで夜にはプロジェクションマッピングなんかもあるそうで。
画像

画像


9丁目は市民雪像を展示。クオリティーに関しては様々なんだけど、逆にそれがいい味になってると言っても過言ではない気がします。ただ、だいぶキャラかぶりの作品が多くて今回はやたらチコちゃんを目にしました。大坂なおみさんの雪像が超リアルでびっくりした。ミニオン居たの嬉しかったけどガンダムはちょっと微妙?
画像画像

画像画像

画像画像


10丁目は大物がふたつ。まずは「巨大カップヌードルすべり台」。こちらはただの雪像ではなくすべり台付きで雪遊びが出来る。但し子供限定なのでおっさんは体験出来なかったけども。
画像


そして今回の目玉雪像(個人的に)が「スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)公開記念!白いスター・ウォーズ2019」。これが3度目のスター・ウォーズ雪像という事ですが、前回の時にマジで行っちゃう?と悩んだあげく諦めましたが、今回運よく目にする事が出来ました。フォースに導かれたのかな…いやぁ~ホント嬉しい。今回はBB-8が追加されていたり、Xウイングは乗船する事が出来るとか。正面だけでなくサイドの細かな部分も丁寧に制作されているのが嬉しい。今年は9作にも及ぶ壮大なサーガが遂に完結する記念すべき年なので年末に向けて更なる盛り上がりを期待したいです。
画像

画像

画像

画像


11丁目は世界各地の国と地域から参加したチームが制作した国際雪像。世界レベルなのでとにかくクオリティーがハンパなくてどれも目を奪われるような大作ばかり。市民雪像と対比するとここまで違うか…とビックリだが、どちらもこの大会にはなくてはならない気がします。このバランスがいいのかもね。
画像

画像


そしてもう一つ「雪ミク Snow Princess Ver.」というバーチャルシンガーの初音ミクが北海道を応援するキャラクターとして派生したのが「雪ミク」なんだとか。この辺りはあまり詳しくないんだけど、グッズ販売コーナーが大盛況で一部のファンにはたまらない感じなんでしょうねきっと。自販機にも「雪ミク」が。
画像

画像


12丁目に再び市民雪像コーナーがあり、そこで折り返し。そのままぐるっと回って今度は反対側から雪像見物をして、今まで見てなかった5丁目から1丁目を観ていきます。


5丁目は雪像ではなく氷像?「台湾-玉山と高雄駅」という作品らしいのですが、正直な所何が描かれているのか全く分かりません。何だろこれ?後ろから陽射しに照らされ何か幻想的な作品になってるけど。氷をここまで積んだというのだけでも凄いなって思った。
画像

そして「北海道を駆ける!サラブレッド」という競走馬を描いた作品。国内で生産されるサラブレッドの98%が北海道で生まれ育てられているとか。まぁ、競馬はやらないのでよく分からないけど躍動感のある作品ですな。
画像

4丁目には「Hard Rock Family ~初音ミク&戸山香澄 on Snow Stage~」という作品との事ですが、再び初音さん登場?のようです。
画像


そして3丁目には巨大なジャンプ台が登場。ちょうど観ている時に選手が滑ってきて場内もかなり盛り上がってたけど、今回は望遠レンズ持ってきてなかったので全然撮れなかった。それよりも裏方のが…最初に裏から観てたからこれ何だべ?と思って正面に来たらジャンプ台だった。結構な角度で迫力あったな。
画像

画像


最後は1丁目のテレビ塔前まで来てみたらなんとMr.インクレディブル像が。ちょっと得した気分。ついでにテレビ父さんも居たけど。
画像画像



この後、一度会場を離れ時間を置いてから再び来る事に。その訳は…


そう、夜間ライトアップ。照明や色がつく事で昼間の雪像とはまた違った印象になるんですよね。昼間にはよく分からなかった5丁目の作品もほらこの通り!…やっぱり分からないけど、雰囲気が変わっている事は確か。そしてステージで誰か歌ってた。
画像


7丁目「ヘルシンキ大聖堂」はライトアップで周囲の余計な景色が消されモノトーンで迫力満点。更に色もついて…いや、これ凄いな。
画像

画像

画像


8丁目の貨物列車はただのライトアップではなくプロジェクションマッピング!これはいい感じじゃないですか。
画像

画像


そして締めはもちろん…スター・ウォーズ。こちらもモノトーンからのカラード仕様。短い時間ではありましたが、あの曲が流れるとそれだけでテンション上がる!いやいやいいじゃないですか…ここまでわざわざ来た甲斐がありましたね。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス