黒潮本陣温泉

今日の温泉!は高知県高岡郡中土佐町にある黒潮本陣温泉黒潮本陣さんで立ち寄り湯。

今日もお城巡りで山坂道を登り降り、それに加えて急遽決まった宇和島じゃこ天食べ歩きツアーで足腰がかなり弱っています。そんな時は締めの温泉でしっかりリフレッシュ!ですね。今日は愛媛県に居たハズがなぜ今、高知なのか?答えは簡単!明日の観光場所が高知なので朝イチから例の場所(まだ秘密)を観光出来るように前日移動中なのです。車移動だとこれが出来るから楽ですよね。

で途中のルートで立ち寄ったのがここ。まず目を惹く建物は江戸時代の本陣をイメージした白壁と瓦葺の屋根かっちょいいです。
画像

画像

営業時間が二部制になっていたのを知らず、午後4時で一旦締め切りと入口のボードに書いてあってここに来たのが15時過ぎてたのでギリ間に合った感じ。それわ逃すと18:30からなので別の場所を探さなければならないとこでした。危ない危ない。

なので、時間がないので慌てて入ろうとしたら男湯の入口前にテレビ局のクルーが。今日はプライベートだから撮影はダメだって断ったのにな…なんて思ってたら僕ではなく、高知の夕方の情報番組で生放送の中継が入るとかで撮影スタッフと局アナ?らしき人が男湯にこぞって入ろうとしてる。あれ?もしかして今日一般人はお風呂入れないとか?と思ったら中に人沢山居たし、別に貸切ではなく普通に入っていいらしい。だよね、そうだったら受付でお金払う時言うもんね。

って事で普通に風呂入ります。とは言っても、なせか上半身裸でマッチョな筋肉を見せつけてる変な局アナと撮影スタッフが露天のほうで打ち合わせしながら、なせか突然腕立て始めたり槍みたいの持って振り回してたりとこれ何の番組?バラエティーかな…と頭の上に?を浮かばせつつチラ見してました。

温泉は内湯が扇形の半分サイズくらいの浴槽。お湯はちょっと熱めかな?でも少し浸かってと汗が滴り落ちるくらいに吹き出してくる。そしてお城疲れとじゃこ天疲れがミルミルうちに回復(効能は個人の見解です)。

露天の方でずっと打ち合わせしてて、露天も入りたいんだけどダメなのかな?と遠慮してたら他の客は普通に向かっていって当然のように入ってたので、どうやら問題ないらしい…と認識。スタッフの話では16:00から生中継が入るらしく、その時はちょっと制限するかも…ぐらいでそれまでは普通でいいらしい。

ちなみに露天は火山岩のような赤褐色のゴツゴツした岩がダイナミックに積まれた岩風呂。お湯は海水を汲み上げて沸かしたようでだいぶしょっぱいのだ。そしてここのウリはやっぱり目の前に広がる海!砂浜ではなく高い場所にあり遠くには島々も見え壮大なスケール感で完璧なシチュエーションなのだ。でも撮影終わるまではその景色も満喫出来そうもないのでちょっと我慢。

で、いざ撮影が始まるとアナウンサーと一緒に他の客も湯船に浸かりフレンドリーな感じできっとテレビに映ってたんだろうな。僕はプライベートだから顔出し出来ないので内湯に浸かってましたけど。撮影はほんの数分で終わり退散していった。こうゆうのって遭遇するの始めてだったんだけど、ドラマとかだったら人の居ない時にやるんだろうね。いやぁーびっくりしたけど楽しかった。

その後ゆっくり露天を満喫して広大な大海原を眺め潮風を感じていたのであった。今度は人の居ない時に来れたらいいな。
画像


お風呂から出て休憩室でテレビ見てたら先ほど温泉レポしてたレポーターが今度は別の場所から生中継してた。忙しんすねテレビ局って。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック