松山城

四国遠征2日目。今日から本格的に城巡り始まります。本日の城は愛媛県松山市にある松山城です。
画像


四国には今でも沢山の城が残っていますが、今回は特に現存十二天守に的を絞っての城巡りであまり欲張らずに1日1城を目標にじっくり見ていこうとかなと考えております。以前、松山に来た時は温泉好きには憧れの聖地である道後温泉への比重が高くなったしまったが為に城を見る時間もなくなり次に来る時に…と思ってたらそれから10年近く経ってしまいました。気軽に来られる場所ではないので難しいですよね。って事で今回はお城メインでその後に余った時間に温泉へというプランにしてみました。

松山城へのアクセスはいくつかあって、ロープウェイで一気に天守近くまでアクセスしちゃう楽々コースと、江戸時代からあるという登山道をひたすら登るコースがあるのですが、城攻め感を味わうならやはり楽をせずに登山道でしょ?という事で愛媛県庁の裏から城に通じる県庁裏登城道へチャレンジ。登城道は4つあるんだけど、その中からなぜここを選んだかと言うとここからなら見えるんですよ…「登り石垣」と呼ばれる名物の石垣が。全国でも珍しく現存例の少ない山の斜面に築かれたバリケードのような石垣なんだとか。まぁ、行きはロープウェイで行って帰りにこっちから降りるという手をあるんですけどね。

8:30 県庁裏登城道の入口に。一歩コースに入った途端、とにかく勾配がハンパない。あっという間に息切れてハァハァ言いながらも、しばらく登って行くと例の「登り石垣」がチラリと見える。いくら城を落とすのに必死でもこんな急斜面登らないよね?って所にトドメとばかり石垣が…えげつねぇ。
画像

画像


なんて事を考えながら山道を登っていくと20分ほど歩いて何とかロープウェイ駅に到着。なるほど…これはロープウェイで来る事をオススメする。個人的にはこのハードさを体感しておいて良かったなと思ってます(貧乏人の負け惜しみじゃないよ!)


坂を登っていくと奥に天守が見え、こっちから行けば直線距離で最短じゃね?と思いがちなルートが見えてくるんだけど、大抵の場所こうゆうのは罠で実際には迂回しないと天守に辿り着けないパターンなのですが案の定そのケースの奴。
画像

で、迂回して回り道するんだけど、扉のない無防備な戸無門を抜けるとすぐに筒井門が出現。敵も居ないし楽勝じゃん!と油断させ、筒井門の奥には死角で見えない場所にもう一つの門があり筒井門を通過した途端に後ろから回り込まれ前後を挟み撃ちにする罠が仕掛けられている。戦略家の緻密な計算が垣間見える素敵な門なのだ。
画像

画像



そしてようやく罠を突破し太鼓門潜ると今度は広大なスペースが!そこが本丸で脇道に木々がありその視線の先には天守が見える。漆黒の城!マジでカッコいい。
画像


いざ天守へ!入城券を買って受付を通過、角を曲がるといきなりどーん!天守の正面にこのアングルはヤバいな。
画像

天守まではここからいくつかの門を抜けていくんだけど、その先は突然二つの天守を櫓で繋いだ袋小路のスペースへ。360度ぐるりと囲まれ色んな場所から狭間越しに一斉に狙われてる?と思ってしまい視線を感じる。まさに絶体絶命の逃げ場なし空間。
画像

画像


天守内へはスリッパに履き替え。階段の急勾配ヤバ!と思ったらそのまま上に上がるのではなく、順路はすぐ下り?多聞櫓を通り武器や鎧などが展示された通路を通り迷路みたいなコースをぐるぐる巡りながら小天守。四方を囲まれ狭間の数ハンパないし攻撃力ヤバし。

天守を繋ぐ通路も上がったり下がったりと、なんかもう登ってるのか降りてるのか混乱してくるほど敵にしてみれば何とも攻めづらい城だろうか。今まで味わったことのないスペクタル感でホント面白かった。内部の造りも現在天守らしく大きな梁と天井から床まで全て木製の歴史の重みを感じる造りにほおづりしたくなる。やっぱお城はこうでなくっちゃって思うんだよね。
画像

画像

狭間からの眺めはどこに居ても狙われてる?という死角なしの絶望感を感じさせるし、こんな崖に狭間作らんでも誰も登ってこないよね?と突っ込みたくなるくらい徹底した守りの姿勢も感じる。いやむしろ攻めなのか?攻め側の気持ちになればこんな城命令されても攻めたくねぇ!と感じるかもな。

天守からの眺めも最高で、上に大きく開く窓は開放部が大きいので視界も広く瓦越しの景色、その先には見える街並みなんとも言えない気分になれる。城っていいよな。
画像


天守から出たら外周をぐるりと探索しながら色んな所に櫓や門がある。松山城の凄いのは天守が現存してるだけでなく21もの重要文化財が残ってる事。櫓なのにめっちゃくちゃカッコ良くて存在感ある。

石垣の高さも量もハンパなくて隙がないし屏風折れの石垣とかもマジカッコいい。
画像

これだけの圧倒的な武装力はなかなか見られないと思うんだよね、松山城恐るべし!
画像

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック