「国宝」展 at 京都国立博物館

10月3日より京都国立博物館で開催中の『京都国立博物館開館120周年記念 特別展覧会 「国宝」』に行ってきました。
画像


重要文化財の中でも世界的に価値が高く国民の宝とみなされるもの」として国や文化庁が保護しているのが「国宝」と呼ばれるもので現在1000件以上が登録されているんだとか。全国各地からセレクトされたそのうちの200件がここ京都に集結してるというかなりビッグスケールの展示で注目度も高く、早くも人気爆発?で開場前から行列が出来ていると聞いてかなり楽しみにしでした。今回41年ぶりの開催となるそうで、このタイミングで偶然?京都に来てるのでこれは逃してはならんと思いまして、正直なとこ城とか寺とか歴史的建造物はに好きな方ですが仏閣や美術品、工芸品などはあまり詳しくないのでこれを機に色々と勉強出来ればなと。

展示内容は4期に分かれ、10/15までが第1期で2週間ごとに展示内容も変わるそうで入場料も安いし京都周辺の人なら気軽に来れるんだろうけど僕はこの時期しか来れないしまぁ、それも時の運というか絶対これ観たい!というのがある訳でもないし、展示内容を観て素敵だな…カッコいいなと思うのがいくつかあればそれで良いかなと。


開館は9:30となってますが、数日前の情報では30分以上前から行列が出来ていて、開館後も常に待ち時間ありの人気っぷりと聞き早めに行かないと出遅れる!と思いながらも結局着いたのは9時ちょっと前。噂通り…というか行列の長さハンパねぇ!数百人レベルの行列で最後尾に並ぶも入口は遥か先。その後も続々と人がやって来てテーマパーク?と錯覚するほどのフィーバーぶり。まさかこれほどとは…国宝恐るべし。警備スタッフの話だと8時には既に行列出来てたらしいよ?

ようやく建物の前に。これ煉瓦造りと石細工が凄くカッコいい!さすが国立博物館。
画像

画像

画像


でも展示はこちらにある隣の新しい建物みたい。中に入っても行列、エレベーター乗るにも行列となかなかたどり着けないが階段もあるらしくそちらは混雑してないな結構急な段差だった。3F建てで各フロアにテーマ毎に展示があり、壁沿いにガラスケースに収められていた。フロア内はかなり薄暗いのと、とにかくひとが多くて展示物全然見えなくね?パンダどこ?状態で人がごった返してる。
画像

例によって全てのフロアで撮影禁止で全く写真撮れなかったけど、それでも凄い!と唸ってしまう展示ブースばかりでかなり楽しめた。3Fの土器や土偶が置かれてるブロックは結構面白かったし、仮面の女神や縄文のビーナスといったネーミングがつけられた土偶は素敵だった。他にも水墨画や巻物の色使いや美的センス、刀や鎧などを置いたブロックはめっちゃテンション上がるし1Fの仏像などが展示してあるスペースは圧巻!って感じ。サラッと見て帰るつもりだったけど2時間ぐらい経ってた。この時期に京都来れて良かったな。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック