スノボへGo! 16-17 #03 野沢温泉

今シーズン3回目のスノーボードは長野県野沢温泉スキー場へ行ってきました。
画像


お正月休み終わっちゃったよ…とこの3日間は渋々仕事してましたが、すぐさま3連休到来!さぁ、今週末も雪山行くぞぉーと思ってたのですが、若干体調を崩し気味で喉の調子がおかしくてガラガラ声に。でも熱ないし大丈夫かな?と金曜の夜に出発する予定でいたのに、仕事の折り合いがつかず残業で帰って来るの遅かったので準備する時間がなく金曜出発は諦めた。当初のプランでは3連休なので2日滑る or 1日滑りって1日は温泉巡りで最終日は休養と後片付けという計画でいたのに、プラン変更を余儀なくされ通常の土日と同じになっちゃったけど土曜日しっかりと身体を休めたおかげで体調も回復し土曜の夜に出発プランへ変更。目的地は当初の予定通り野沢温泉スキー場に。温泉巡りは無理そうだけど、スノボからの温泉は十分に楽しめるハズ。

野沢温泉スキー場はスキー場発祥の地であり日本屈指のビッグスケールな老舗スキー場であると共に日本を代表する温泉地。個人的には切っても切れない仲のスノボと温泉を一度に楽しめる最強の場所だと思ってますが、日帰りで行くにはウチからだもちょっと遠い事もあって今まで2回ぐらいしか来た事がないんですね。せっかく行くなら両方とも思いっきり楽したいし、そうなると連休とかじゃないとなかなかね。昨年11月に公開された映画「疾風ロンド」の舞台がここ野沢温泉スキー場という事もあり、シーズン前に映画観た時から今シーズンは久しぶりに行っちゃおうかな?とワクワクしてたのに雪が思ったように降ってくれなくてね。先週までは冬とは思えないほど暖かい日が続いてたので心配だったけどようやく冬将軍さまが…雪たっぷりあるといいな。
画像


…という思いも込めて土曜深夜に出発し朝には予定通り野沢温泉到着。高速道路でもチェーン規制はなくて高速降りても霧はあっても雪は全くなくてゲレンデ大丈夫なんだろうか…とやや不安になりつつも駐車場に到着。


3連休なので通常よりリフトの運行時間を30分早い8:10スタート。それでも早くから行列が出来てて乗るまでかなり時間かかったけど。ここ長坂ゴンドラは映画でも良く登場した場所で乗り場には映画のポスターやロケ地案内が設置されていたり大倉さん演じる根津の衣装が展示されていたりと早くも「疾風ロンド」の世界がはじまってる感。
画像画像


ようやく乗れたゴンドラ。でもここのゴンドラは立ち乗りスタイルなんだね。前来たの5年以上前なので全く覚えてないけど、他のスキー場では全くと言っていいほど見る機会はないので全国的に見ても珍しくのでは。ただ、定員までギュウギュウにのせるし揺れるゴンドラの中でずっと立ってるなんて、ちょっと気が休まらないというか落ち着かない。

ゴンドラ山頂駅に到着。ゲレンデに出た途端、下山コースがいくつか雪不足でクローズというか立て看板。これにより一気に滑り降りれるコースがほとんど無い気が…。長野でもかなり奥深いエリアまで来たのでここまで来れば…と思っていたのにここですら雪不足?今シーズンも厳しい戦いが続く予感。
画像

そしてゲレンデの至る所にこのような疾風ロンドのロケ地看板が立っていて、ここで記念撮影でもどうですか?という事なのだろうか今シーズンが勝負とはいえ便乗感ハンパねぇっす。…とか言いながらもこうして写真撮っちゃうんだけども。
画像

下のゲレンデ状態あまり良くなさそうだったので、とりあえず山頂目指すか!と更に上に行こうとしたら、上に行くリフトに乗るにはゴンドラ駅から徒歩で移動?なんか乗り継ぎ悪い感。更にリフト乗り場はそこから一旦下に下がるので板履いて滑ってリフト乗るのに片足だけ外してとなんかとても面倒臭い。野沢ってこんなとこだったっけ?久しぶり過ぎて全く覚えてないけど。
画像


リスト1本乗って上まで来たが左手に更に上まで行くリストあり。でもあれ乗るには一旦滑って別方向に降りないと?ほんと面倒だなこのゲレンデ。で、とりあえず本日最初の1本。視界の先に素晴らしい景色が広がっていて眺めは最高。この時間だとまだ人も少ないしほとんど手付かずのゲレンデ。ゲレンデコンディションはそれなりで、ガリガリではないが雪が降っていないせいかふわふら感は全くないけどいい感じ。
画像


そして更なる高み?山頂到着。てっぺん捕ったどぉ~!
画像

山頂からの眺めは最高。視点が変わるだけで見える景色は全然変わる。まぁ、欲を言えば雲のない青空でパラパラと雪など降っていれば言うことなしなのだが、こればっかりはね自然相手なので時の運。そんな景色が見たければまた来るしかない。
画像


最高地点からの滑走。このスキー場は下の方に上級者コースが集中してるという特殊なレイアウトのため、ここからのコースでもそれほど急斜面ではなくコール幅もあるため快適なコースが多い。雪不足でゲレンデコンディションがイマイチなのが残念だが、これで本来の積雪があればかなり気持ち良く滑れれるのではないかと。
画像



何本か滑っったらそのまま上ノ平ゲレンデへ降りてきた。ここまで来ると結構人が多い。まぁ、初心者コースが中心って事もあるけど。映画で登場するあの"SNOW WARS"はこの辺りのゲレンデで撮影されたらしいが、かなりの緩斜面。あのダイナミックで迫力あるシーンはパークとパイプコースかな。
画像画像


ゴンドラ上ノ平駅付近まで降りてきてパラダイスゲレンデへ。この辺りまでが初心者コース。そして、ここにもロケ地看板。阿部さん扮する栗林がミハルちゃんに襲撃?される印象的なシーンはここだったのか。別にロケ地巡りしてる訳でもないけど、あれば撮っちゃうよね。
画像



サラッと一通りのコースを滑ったので一旦休憩を取ろうかと下まで降りてきたんだけど、それが間違いでした。再び上まで行くのにゴンドラ乗り場へ…と行ってみると待機列がとんでもない事に。建物の周りにぐるっと囲みどこまでも続き最後尾が見えない。横浜アリーナでライブある時のグッズ販売列みたくなってるやん!何これ?
画像

これ、帰りまで降りてきちゃダメな奴だった気がする。たぶん30分以上待つんちゃう?上に着く頃にはお昼になっちゃうよね。この時間ロスはかなり痛いな。しかし列は意外と早く進んで20分くらいで乗れたけど、ゴンドラ山頂駅に着いた頃には11時過ぎ。またちょっと滑ってお昼というのも面倒なので仕方なく早めにランチタイム。それにしても午前中短かったなぁー

本日のランチはゴンドラ駅2Fにあるレストランやまびこで「疾風ロンドスタッフカレー」をいただきました。たまたま入ったレストランですが、ロケ地だけでなくこんなとこにも便乗アイテムが存在したとは。ネーミングからして疾風ロンドをイメージして…というとのではなさそうで、スタッフが食べてたカレー?的なものかな。カレーはスープカレーのようなサラサラカレーでちょっとスパイシー。上にはサラダとかオニオンリングがトッピングされ、鶏の手羽元が入ってる。創作カレー的な感じで見た目はちょっとお洒落感漂ってるけど、スプーンだけじゃ食べられないのでちょっと食べづらい。でも味はなかなか…スキー場で食べるカレーではない感じ。
画像




午後の部。

ロケ地巡り?はまだまだ続く。こちらはロケ地マップによると「テディベアのあった地点」のぶな林。本当はもうちょっと奥みたいだけどコース外なのでそこまでは入って行けず。でも雰囲気的にはこんな感じだったかと。
画像

更に栗林の活動拠点でありトドメ色(ワダハルオ)を演じていたムロさんとの掛け合いなど楽しいシーンがとても印象に残ってるレストラン「カッコウ」として使われていた「パノラマハウスBUNA」。人気スポットだけにお昼時は順番待ちが大勢いて中に入るのすら大変。店内には撮影時の看板が飾られていたり、柱には出演者たちのサインがどーん!と。そりゃ人気スポットになるって。
画像

画像

画像


ロケ地巡りも一通り終え、本来の目的に戻ります。早めにランチを終えたため午後はたっぷりと滑る時間が。上ノ平やパノラマは人が多いし、一度下まで降りちゃいうと上まで来るの大変なので午後はほとんどてっぺんコースに。ゲレンデは空いてるのにリフトはどこも混雑していて、なかなかガンガン滑る!って感じのテンションまで上がらないのが少しストレスたまるけどゲレンデに居る時はこの壮大な眺めのおかげで最高の気分。午後もたっぷり楽しんできました。
画像



映画「疾風ロンド」を観てない人には何のこっちゃ?的な部分が随所に含まれていますが、映画はまだ公開中なので是非ご覧になる事をオススメします。最高に笑えるから!そして間違いなく野沢温泉スキー場に行きたくなります。



疾風ロンド (実業之日本社文庫)
実業之日本社
2013-11-15
東野 圭吾

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 疾風ロンド (実業之日本社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック