ドラゴンクエスト ミュージアム

7月24から9月11日まで渋谷ヒカリエで開催中の「ドラゴンクエスト ミュージアム」に行ってきました。
画像


今年で発売30周年となった国民的人気を誇るRPGゲーム「ドラゴンクエスト」。昨日はライブスペクタクルツアーというエンタテインメントショーに行ってきたばかりですが、今日は視点を変えてミュージアムへ!重なる時には重なるもんですね。ドラクエ2Daysとなったファンにはたまらない週末を過ごしております。昨日のライブスペクタクルツアーを「」とするならば、こちらは「」というべきか?展示物によりドラクエシリーズの歴史を辿っていくのがベースではあるものの、それだけではなく「新たはドラゴンクエストの世界」をテーマにシリーズ10作品の世界観を新たらしいコンセプトで再現するとのこと。ロト伝説が絵画となる画廊や天空シリーズのジオラマギャラリー、その他にもゲーム要素を盛り込んだアトラクションや巨大スクリーンを使ったシアター上映もあるとのことでちょっとワクワクしてます。

昨日はさいたままで足を運び、開場時間が朝10という事でグッズみたり特典引換えなどがあった為に1時間前には現地に着きたいなと思って7時には家を出発!そして今日は開催地は渋谷と距離的には多少近くなるものの空いてる時間にじっくり鑑賞したかったので時間帯指定で人数制限のある朝チケットなるものを申し込んでしまったため今日もほぼ同じくらいの時間に家を出なければならず、今になってちょっとハードスケジュール過ぎたかな?と反省していた。でも同じ料金払うなら周りに押されたり急かされたりするよりゆっくり観たいじゃないですか?好きなものなら尚更。なので眠くても大丈夫!明日、会社で仕事中に爆睡すれば…(冗談ですよ?)


8:30 渋谷駅到着。渋谷にはしょっちゅう行ってるものの、実はヒカリエって来たことなくて今回が初ヒカリエ!なのです。さすがにちょっと早過ぎたかな?と思っていつもの癖で周辺を散策してたらビルの周りの至る所にミュージアムの広告が。こうゆうの見るとテンション上がるんですよね。
画像

画像

画像

ミュージアムは9Fのヒカリエホールという場所で行われるらしく、開場時間は10時からですが、30分前から受付が行われると聞いて早めに移動。11階までエレベーターで上りエスカレーターで9Fでに降りる。面倒だけどこの方が早いっぽい。9時頃から下りエスカレーターに待機列が出来る。今のとこ並んでるの20人くらいだけど僅か10分くらいで倍以上に!たぶんこれから一気に混むと思われる。とは言ってもこの時間帯は定員制なのでそこまで混む事はないだろうけど。

9:30 エスカレーター始動!下まで降りたらまた待機?しばらく待たされたものの10時を待たずに入場開始。入場時に朝チケット購入者特典の「うでぴたスライム」を受け取り装着。みんな着けてるから決して恥ずかしくなんかない!(心の叫び)
画像


そして旅の必需品「冒険の書」が手渡される。
画像

中には世界地図や各イベントやアトラクションについての詳しい解説が書かれていて、まずはこれを熟読しペース配分を考えてここは「がんがんせめろ」とか作戦を練ったりするのがいいよね。
画像


入口には「勇者の肖像」。歴代勇者がズラリと並んだ光景は圧巻。その横に「会心の一撃チャレンジ」コーナーがある。早く中に入りたかったのでこれ後からでも出来ますか?って聞いてみたらここにしかないので出来ないと言われ逸る気持ちを落ち着かせながらチャレンジ。事前にweb出口登録しておいたQRコードを読み込ませるとゲームスタート。現れたモンスターを倒すと「討伐完了の証」と後ほど引換えするレシートみたいなのが出てきた。
画像


入場ゲート前にはQUESTの案内板あり。ミュージアム内にある隠れスライムを探しヒントを元にワードを完成させると「勇者の証」が貰えるとか。ゲートを潜ると冒険の回廊(歴代ゲームパッケージ展示)が現れ、そこを抜けると…
画像


オープニングシアター -序曲のしらべ-
入口には歴代主人公たちが集合し序曲と共にオープニングムービーが流れる。ゲームのオープニング画面や勇者の紹介など。(撮影禁止エリア)

ムービーが終わるとスクリーンが左右に大きく開き、目の前に現れたのが…。おおっ!と歓声が沸く。この仕掛け最高っスね。


鍛冶職人謹製 伝説のロト装備
勇者ロトが身につけた伝説の装備「ロトのつるぎ」「ロトのかぶと」「ロトのよろい」「ロトのたて」を1/1スケールで完全再現。とても精巧に製作されていて思わず目を輝かせガン見してしまった。只一つ残念だったのは撮影禁止だった事。


ロト伝説の画廊
シリーズI~IIIまでの名場面を再現。Iでは竜王によって闇に閉ざされたアレフガルドを救うまでの物語を。IIではアレフガルドを救った勇者の息子たちの物語を。といった具合にロト三部作の印象的なシーンを絵画で表現したスペース。油絵の荒々しさが秀逸な絵ばかりでかなりの数の絵が飾ってあるので美術館巡りしてるようで楽しい。絵画の横にはその場面の解説やゲームでのドット画面なんかもあって。思わずじっくり読んでしまう。しかも、昨日ロトシリーズがベースのライブスペクタクルツアーを観てきたばかりなので、魔王!不死鳥!虹のしずく!とかこれはあの場面!といった具合に楽しめたので、ライブツアー観た後に行くのがオススメかも。個人的にはゴーレムがめっちゃカッコ良くてしばらく見つめてた。このエリアも残念ながら撮影禁止。


ロンダルキアの三悪魔ウォールアート
高い山が聳え立つロンダルキアに立ちはだかる三悪魔のコーナー。天井まである大きな壁の下から三悪魔が垣間見え、とても迫力あってカッコいい!なかなかスポットが当たる事のない?三悪魔をアートで表現ってカッコいいですね。ただ、ここも撮影禁止…もしかして全部撮影禁止なの?そんな予感がしてきた。



ここからはシリーズV~VIの天空シリーズ。

巨大!浮かぶ天空城
天空シリーズの象徴であるそら飛ぶ城「天空城」が模型で展示。あれ?ここは撮影禁止マークないな…と思って激写!いいなこれ欲しい。
画像



天空のジオラマ・ギャラリー
天空シリーズの名場面が今度はジオラマ模型で完全再現。しかもこのエリアは全て撮影OKとのことで片っ端から撮りまくる。どれも躍動感あってカッコいいな…これ我が家にも展示したい。

画像

画像

画像

画像

画像




お次はシリーズVIIからIXまでのエリア

エデンの石版パズル
VIIの世界を表現した実際に触って遊べる石版パズルアトラクション。タッチパネルを操作してジグソーパズルを完成させる。こうゆうのは得意分野なので楽勝!と思ってチャレンジ。制限時間30秒を10秒残して完成させたのでもちろんゴールドだろ!と思ったのにシルバー止まり…世界は広い。


空と海と大地のスーパーハイテンション体験
VIIIで導入されたテンションとためるというシステムをゲーム感覚で楽しめるアトラクション。キャプチャーした自分自身がゲーム画面に入り込んでテンションをためて…ためて…というスーパーハイテンション体験が出来る。


お祈りの世界樹
IXに登場する「世界樹」が聳え立つエリア(映像)。世界樹の葉に願い事を書いね壺にお祈りをすると願いが叶うとか!もちろんキチンとお願いしてきました。
画像




最後にシリーズXのエリア。

旅のとびら・目覚めしアストルティア
Xの世界で登場するアストルティアの記念写真などを展示したエリア。他の展示物に比べるとややパワー不足感はあるけど作品の人気投票をなんかをする所。



悪魔たちの回廊/オールスター集結バトルシアター
まずはシリーズに登場した歴代の魔王たちの肖像画が名セリフを沿えて展示された通路を通り、その先には巨大スクリーンによる魔王連合軍vs勇者一行の壮絶な戦いをアニメ化したショートムービーを上映。(撮影禁止)


伝説の始まり
ドラクエ誕生に関わる資料の展示室。鳥山明氏が描いたゲームパッケージやモンスター達の原画、街やダンジョンの詳細なデザイン資料(方眼用紙を塗りつぶしたラフ画に、ここでモンスター出現などもメモが書く加えられてたり超貴重)。更にはこれもゲームには欠かせない要素であるテーマ曲の楽譜(すぎやまこういち氏直筆)なども展示、どれもドラクエファンなら歓喜!もののレアな資料を豊富に展示。原画はこの前画集買ったばかりで絵自体はそれに載っているものばかりだったけど、印刷物とモノホンの直筆原画とではテンションの上がり方がやはり違うのですよ。もちろんここも撮影禁止。


食べて!遊んで!モンスターパーク
モンスターが出迎えてくれるパーク。フードコートもあり、あのインパクト抜群な真っ青なカレー「スライムカレー」や、キュートな笑顔振りまく「ホイミスライムのパンケーキ」などもありましたが、あまり冒険はせずにシンプルに「スライムの五目チャーハン」にしました。ドリンクを注文すると特製コースターもついてきて、トレーに敷いてある紙には人気イラストレーターのカナヘイさんによるドラクエネタの4コマ漫画も。
画像

画像

画像



あらくれ商人のプレミアムバザー
いわゆる物販コーナーです。ここでしか手に入らない限定オリジナルグッズなどを多数販売。色々と欲しいものがあったけど初日に一番乗りなのに既に完売してる物も多く、公式図録は受注商品で手に入るのは8月末に郵送されるとか…。まぁ、でもそれでも色々買ったけどね。
画像


トートバッグ。ロト柄がカッコ良かったのと帰りの荷物を入れるために購入。
画像

スマートフォンスタンド。これもロト柄だったのとPVCの柔らか素材で後ろ側にある支えをグニャっと曲げるとスタンドになるというシンプルさに惹かれ購入。置いておくだけで存在感あるしこれカッコいいと思う!
画像画像

DQメタルアイテムズギャラリースペシャル「ロトの剣&ロトの盾」。はミュージアム限定商品ではないものの、今月発売されたばかりの商品で買おうと迷ってたのですが、実物をみて買わずにはいられなかった…。
画像画像

気が付けば全部ロト関連…どんだけロトシリーズ好きなんだよ!って感じですが。だってこれやりたかったんだもん!当blogの専属モデルであるGYM君にサイズ的にぴったりかな?と思って。でも予想外だったのはメタル製という事でやたら重く好きなポーズがつけられない事。いやぁ~でもカッコいいよね。
画像

後は「ドラゴンクエストミュージアム公式図録 特装版」というのも購入。こちらの商品は受注販売商品で発送は8月末という事ですが、ロトシリーズの絵画とかまた見たいし。30周年の記念にもなるかなと思って注文。楽しみに待ちます。


ミュージアム話しを戻して…。出口に向かう廊下に「証交換所」発見。会心の一撃でやったレシートとクエストの答えを提示すると「勇者の証」と「討伐完了の証」を居たました。
画像


そしてせっかく渋谷まで来たので東横線で帰る。なぜかというと今、東横線の発車音がドラクエの序曲になってるとの情報を聞いていつか乗らなきゃ!とは思ってたんだけど、今日はまさにその時だと思うんだよね。素敵な週末、ドラクエ2daysを締めくくり最高のエンディングとなりました。


- 8/13 追記 -
本日、公式図録が送られてきました。観に行ってからだいぶ経ってしまいましたが、これを観て再び記憶が甦ってきました。待たされただけあって内容も充実しており読み応えあり。これはもう一家に一冊!的なマストアイテム。展示品のメイキング的なものが載っていたり、絵画の解説なんかもしっかりと書かれていて買って良かったなと。
画像

画像

画像


- 9/1 追記 -
更に更に…本日より展示物が少し増えるという噂を聞きつけまして2回目に行ってきました。それがこの「勇者ヨシヒコ」とのコラボ企画!来月から待望の新シリーズスタートという事でその宣伝要素も多分にあるとは思われますが、そこは個人的には大歓迎な訳で。今まで劇中に登場した凶暴?なモンスター達の展示コーナーが増えてました。さすが低予算番組!って感じのこのチープさがたまらなく愛おしく思えるから不思議です。ゴーレムさんマジかっけぇ!とガン見してたのは僕です。
画像

画像

画像画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック