“和” VEZEL PROJECT vol.1 -障子編-

今日から始まりました「“和” VEZEL PROJECT」。構想自体は随分前から練っていたのにタイミングが合わずになかなかスタート出来ずにいましたが、ようやくその計画を実行に移す時が…機は熟した!
画像


たぶん、大抵の方は何を言ってるのか想像すらつかないと思いますが簡単に言えば HONDA VEZEL「和」テイスト溢れる雰囲気にカスタマイズしてしまおう!というもの。カスタマイズと言っても車自体をいじる訳ではなく荷室をね。和室を作る!これが今回のテーマです。実は前に乗っていたAIRWAVEでも和風EDITIONを作成してましたが、今回もそんな感じです。ただし同じ事してもつまらないので今回は更に和を極める事を目標にかなり本格的にやってみようかと。

という事で今回の第一回目は障子編をお送りします。
和室(とゆうか日本家屋)には欠かせない建具である障子。そもそも和室自体が少なくなってきた昨今ですが、最近は障子を見かけることもめっきり少なくなりました。アパート暮らしなのでウチにも和室はなく当然ながら障子なんてものはありません。昔ばあちゃんの家行った時はあったっけな…。あの和紙を通した日光の柔らかさというかぬくもりを再び感じる事を思い描いて障子を作ってみようかと。家屋用とか本格的なものは無理としても車の荷室レベルならDIYでなんとかなるんじゃ…って考えてます。

とは言ってもそんな簡単に出来るとは思ってなくて、そもそも障子がどんな構造になっているかとか一口に障子と言ってもいざネットで調べてみると使う場所や用途によって色んな種類があって、まずはどんなものを作ろうか?果たして出来るのか?などと検討する期間が結構長くて作業開始したのは春先でそれから試行錯誤しながらようやく形になったので記事に纏める事が出来ました。それでは完成までの道のりをご覧下さい。


まずは荷室の寸法を測って簡単な設計図を書いたら材料の調達から。ホームセンターに行って木材と障子紙などを購入。木材は寒暖差が激しく湿気も多い車での使用という事も考え檜を選択。まぁ、温泉大好きなので元々檜の香りが好きというのと意外に手頃なお値段というのもあって材質に関してはそれほど迷うことなく即決。
画像


寸法通りにカットしたらまずは木枠を作成。本来なら釘やネジなどを使わずにホゾなどを組合せて作るのでしょうが、技術的に無理なので正式な作成方法は最初から諦めてます。とは言ってもサビや腐食の原因にもなるので釘やネジの使用は避けたい所。とりあえず接着剤でつけてみたが圧倒的に強度が足りない。そこで使用したのが木釘というアイテムで文字通り木で出来た釘。ドリルで穴をあけてこの木釘を打ち込む事で強度が大幅アップ!これでなんとかなるかも。試してみるもんですね。
画像


続いては障子戸用の溝の作成。こちらも本来ならノミを使って掘りたい所ですがそれも無理なので諦め薄い檜棒を貼り付ける事で実現。ホームセンターに檜材のサイズは豊富に揃っているのでわざわざ切断して作らなくてそれらをうまく利用してやれば技術はなくても何とかなっちゃうんですよね。
画像



枠が出来たら今度は中身?障子戸の枠作り。サイズが違うだけで作り方は先程とあまり変わらずなのでここまではさほど苦労することなく枠が完成。まぁ、問題はこっからなんですけどね。
画像


今回の行程で最も苦労したのが骨組の作成。細い木材を組み合わせて格子を作らなけれないけないので1本1本にこのようなホゾを作成していく。こればっかりは他に逃げ道がなくただひたすら掘って掘って掘りまくる。
画像

檜は柔らかいのでこの程度に厚みならカッターナイフ等でも頑張れば出来るけどさすがに量も多いし作業効率を優先しノミを追加購入。これで一気に作業スピードも正確性もアップ!どんどん仕上がる。
画像

で、全て堀り終わったら仮組みしてみる。若干微調整をしながらなんとかそれっぽく出来たのでちょっと完成が楽しみになってきたかも。うまく出来るといいな…
画像



出来上がった格子を障子戸に組み込む。だいぶ形になってきた。当初のプランでは全面格子状にしようかと思ったのだけど、強度や手間も考えて下1/3はこのような形状にしてみた。こうゆうスタイルの障子もあるしそんな悪くないよね?
画像

戸を開けるには引手があった方が使い易いよね?と思ってホームセンターでこんなもの購入してみたものの、ちょっと厚みが有り過ぎてサイズが合わなかった為に無駄になってしまいましたが、前の行程でノミを購入しておいたおかげで掘って作れました!やっぱノミすげぇ!
画像

画像



最後は障子紙をば…。紙貼り自体はそれほど難しくもなかったけども、この工程のために専用の糊とかカッターとか購入したのでした。まぁ、今後のメンテナンスを考えれば必要になるだろうしおかげで綺麗に仕上がったので良かった。なんかいい感じじゃない?とても素人が手作りしたとは思えない。(自画自賛?)
画像

扉はもちろん開閉可。心配だったたてつけも割としっかりしててピタリと閉まる!いやぁ~出来ちゃったね。やれば出来る子!
画像



せっかくなので日の光を…夏前なので強烈な陽射しとはいかないけど、しっかり陽射しは遮りつつとても明るくてかなりいい感じに仕上がりました。技術面で妥協した部分もあったけど各工程を手を抜かずにやったおかげでいいものが出来ました。
画像

車に乗せる前にサイズがぴったりだったのでお風呂場の窓に設置してみた。もちろん湿気だらけの部屋なのでここで使うことは出来ないけども、なかなか風情があっていいかも…なんて思ってしまった。このミニ障子もしかしたら意外と使い道あるかも?
画像


最後はちゃんと本来の使用目的である和室へ。なんだろこのアンバランス感…まぁ、今は確かに車の中に障子があるという違和感というかチグハグ感は否めませんが全てが構想通りに完成すると驚いちゃうと思いますよ?既に完成図は頭の中にあるのでまずは順調にイメージ通りに進んでる感じです。完成が楽しみですね。
画像



つづく。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック