チリヌルヲワカ「鳴くよ鴬 咲くよ梅 ~師走のありが10祭~」

12月5日に東京キネマ倶楽部で行われたチリヌルヲワカのライブ「鳴くよ鴬 咲くよ梅 ~師走のありが10祭~」に行ってきた。
画像



気がつけば師走。2015年がまもなく終わろうとしてるとか月日が経つのはホント早いですね。季節は冬になり、そろそろ雪山通いに専念する為にライブ自粛期間に入りますが、今月は最後の追い込み?とばかり6本のライブに参戦予定なのです。そのライブ強化月間の幕開けはヲワカでちょっとひと暴れ?最近はライブハウスよりホールで見るライブの方が多かったりするので終始揉みくちゃ体力勝負のヲワカライブはやや不安はあるもののバロメーターでもありここを乗り切れればまだライブハウス通い出来る体力が残ってるという事。6月のクアトロを無事に乗り切り今年2度目のヲワカチャレンジ!まぁ、体力に自信が無ければ後ろの方で見てればいいのだけど、ライブ始まるとテンション上がって身体が反応し前行っちゃうんですよね。揉みくちゃ楽しいし。仕事に追われる毎日を過ごしてると何もかも忘れて無心になって発散出来る貴重な時間なのですよ。

さて、今年10周年を迎えたヲワカさん。今回のツアーは10周年を祝う感謝の宴「ありが10祭」の続きなのですが、感謝したいのはむしろこちら側で毎回多くの物を受け取り明日への活力とさせて貰っているのです。今回のツアーは今日の東京公演が初日で来週の大阪公演で最終日となります。鴬谷で始まり梅田で終わる事から今回のサブタイトルが付けられたと思われますが、毎回素敵?なネーミングセンスで楽しませてもらってます。これ誰が考えてるのかな…スタッフなのかメンバーなのか?いずれにせよダジャレ王がいる事は間違いなさそうですが。それはさて置き、今日も心ゆくまでがっつり楽しんでこようと思います。


本日の東京は朝から青空!日差したっぷりでポカポカ陽気。風は少し冷たいけどね。12月になりようやく寒波が…と思って喜んだけど、また暖かくなってしまいました。まあ、軽装で行けるのでライブに行くには最適かも。夜には寒くなるのかな?今日は雨の心配も無さそうだし思いきり汗かいて外に出た時のひんやり感を味わえるといいな。


16:30 会場到着。
東京キネマ倶楽部でライブを観るのは凄く久しぶりかも?たぶん前回観たのもヲワカだと思うけどそうだとすると2年ぶりくらいになるハズ。ここの会場、全体的にレトロな雰囲気と踊り場のあるので劇場感のある独特の感じが個人的にはかなり好きなんですよね。

16:50 開場。殿さまシート?の方から優先的にとか係の人が言っていたが何それ?感。続いてスタンディングエリアの入場開始。今日の整理番号は2桁台なので確実に圧死ゾーンに足を踏み入れられそうですが…やっぱり行けるとこまで行っちゃいました。3列目ぐらいのとても見易い場所をキープ。果たしてここを死守できるのか?



17:36 開演。
ナッキーが最初にステージに出てきたと思ったらいきなりギターを掻き鳴らし演奏スタート。続いてエイキチさん、阿部さん、と順に入ってくるなり各パートが徐々に加わってく感じ。なんかカッコいいっす!こうゆう始まり方もいいもんだね。そして最後は踊り場にギター抱えたゆうちゃんの姿が!スポットが当たりそのまま演奏に加わる。何このオープニング!カッコ良過ぎやろ。こんな演出が出来るのもこの会場ならではなんですよね。まさか、これがらやりたくてここ選んだとか?

踊り場に居たゆうちゃんが階段を下りてきてステージに立つと別のギターを肩から下げ準備が済んだら演奏スタート。オープニングナンバーは…「甲と乙」でした。なるほど!そう来たか感。1曲目としてはそれほど派手な曲調ではないのだが、曲がはじまると後ろから人の波が押し寄せギュッとコンパクトに。客席の前の方は少し段差があって、ここに乗るか乗らないかで視点も違うのだが、勢いにのっていつの間にか段差の上まで来てて柵はもう間の前!の2列目へ。これマジ近い!しかも段差のおかげでそれほど後ろからのプレッシャー激しくないし!最高だ!

序盤の勢いはそのまま「it」、「ヨスガ」まで継続され、ここを乗り切ると最初のチェックポイントクリア的な。ここで一段落?と最初のМCへ。


どうも、ありがとう。それじゃあ、出来たばっかりの新曲を演ります!

と一言だけ添えて次の曲へ。てゆうかいきなり新曲!ずっと耳を澄ませて聞いておりましたが、曲調はこれまでの曲にはなかったタイプというか…初聴きの曲だからというのもあるかも知れないけど何かちょっと新しい風を感じました。この間、アルバム出たばかりだというのに(と言っても4月だっけ?)もう新しい曲がどんどん生まれているのですね。第一印象は何かこうゆうのもいいかも!かな。

間髪入れずにどんどん次の曲へ。「苔の生したこんな代は」「アヲアヲ」と2曲続けて演奏し終えると「それじゃあ、もう1曲、新曲をやります!」と再び新曲!新曲1とはタイプが違いヲワカ節炸裂系のノリの良い曲でメロディーラインも覚えやすく全然知らないのに自然と身体が動いてしまう感じかな。どちらも捨てがたいな…って別にどちらか選ぶ必要もないのだけど。

そして今回も間髪入れずに次の曲へ。エイキチおじさんのベース音が轟く「マシーン」とライブでは持ち上がる曲筆頭の定番曲「ヒトダカラ」で身体もいい感じに温まってきました。この距離感マジで楽しい!


そしてMCの時間。

二階!…
とポツリと呟くゆうちゃんに客席も何?という感じで見守っている。

今日は初めて二階にも席を設けまして…通称…(笑)…殿さま(笑)…殿さまシート…という席を設けました。殿さま扇子がオマケで付いております。見晴らしはどうなんでしょうか?

(二階席)「最高です!」

殿さまの声が届きましたよ」(笑)
外れた方は申し訳ないですけど…下は下で近いですからね…それもオツなのではないでしょうか」(笑)
というステージ上でカッコ良く歌う姿からも想像できないくらいのいつもながらもゆるゆるトークを繰り広げる。このギャップがあるからこそライブがより楽しくなるのですが。

最後に「珍しい曲をやりたいと思います…」と言って演奏するのは「アシンメトリ」という曲。えっと…こんな曲あったけ?レベルで今日初聴きだったのですが、PS3のゲーム挿入歌として使用された曲で今のところどのアルバムにも入ってないしライブで演奏するのは今日が初めてとの事でした。そりゃ聴いた事ないわな。全くのノーマークでしたが、僕にとっては新曲3的な位置づけになりちょっと得した感。


そのままライブは滞りなく順調に進み、大好きな最強バラード曲である「針と糸」をじっくりと堪能した後は再びMCの時間。

今年はヲワカ10周年という事で(6年間ブランクはありましたが…)10年前に結成して今に至るという事で…みんなに祝ってもらって幸せな一年でした。どうもありがとう。じゃあメンバーは…
と言ってもメンバー紹介も兼ねつつ10周年を迎えた思いを一言ずつ喋って行く訳ですが、エイキチさん、阿部さんと続き、通常ならギターのナッキーとなるのだが、「GtとVoのゆうです!」とナッキーを飛ばして締めようとするゆうちゃん。まぁ、話し始めると長いので飛ばしたくなる気持ちも分からないくはないのですが…

改めて紹介されたナッキーとゆうちゃんとの噛みあわないトークを楽しみつつ、事態は予期せぬ方向へ?今回もラッパーナッキー登場!と相成りました。以前ちょっとだけ見た事ありますが、今日は更なるハイテンションでぶっ飛んでました。最初はお遊びのつもりだったのかも知れないが結構本格的になってきて韻の踏み方は本職に方はにまだまだ及ばないまでもリズムの乗せ方とかそこそこイケてました。で、ラップで何を喋ってたかと言うと…60万円のアンプと350万円のギターを買ったというお話。本人はノリノリなのだけど、それを見つめるメンバーの目はどこか冷めているというか…特にゆうちゃんの呆れ顔が最高でした。

お金使い過ぎてマジで後に引けないというか…来年はすげぇアルバム作ってツアーでいっぱい色んな所を回らないと…」とメンバーに懇願するが…

知らんがな!」のゆうちゃんの突っ込みで一喝!最高に笑えました。


余興はこれくらいにして?後半戦スタート!
姫事」から始まりアップテンポなノリノリ曲が続いたので緩みきった客席の雰囲気も一転し再びライブモードへ。もうこれでもか!ってぐらいどんどん行くかた楽しくてしょうがいない。この流れいいね!

そして本編の最後は…
最後の曲は10年前にライブに来てくれるお客さん達の事を想って書いた曲です。

と一言添えての「なずき」。これライブでもあまり聴いた事ないかも知れない。いや、もしかしたら聴くのはじめてかも?もっとライブでやってくれたらいいのにね。それにしても今日の選曲素晴らしい!そして演奏を終えると深々と頭を下げてステージを去るメンバー。



アンコールではツアーTに着替えてメンバー登場。実はこのTシャツはゆうちゃんデザインとの事でデザイナーゆうから説明があるのだが…うまく説明出来ずに途中で「もういいッス!」と投げ出す。すかさずナッキーがフォローに入るが微妙なトークは着火点の見えないなな強引に締められ「もうちょっと楽しんで下さい!」と曲へ。「陰日向」「カスガイ」の2曲を演奏するとステージを去るメンバー。彼らに大きな拍手が送られる。

すぐさま場内に曲が流れはじめ「もう終わりだから帰ってね!」と訴えかけているみたい。今回はダブルアンコールはないか…と諦めムードも感じつつも手拍手が鳴り止まない場内。…と次の瞬間ステージが明るくなりメンバー達が再びステージへ。

余韻とかないから…」と捨て台詞を吐くゆうちゃんだが、なんか嬉しそう?たぶん元々の予定では続きはなかったのではないかと思われますが、そこはヲワカさん。ちゃんと応えてくれるのが嬉しい。最後はビシッと「シーホース」でフィニッシュ!このタイミングでこの曲来るか…客席はまだまだ元気で最後のひと暴れとなりました。



19:35 終演。


2時間があっという間でホント楽しいライブでした。やっぱこの距離感で大騒ぎ出来るって最高だよね。選曲的にも新曲あり、レア曲あり、そして懐かしい曲ありとバランスも良く中身も濃かったので今年のヲワカ納めとしては十分過ぎるほどのボリュームでした。来年も留まる事なく走り続けて欲しいですね。来春のアルバム発表も楽しみだな。



[セットリスト]
#01. 甲と乙
#02. it
#03. ヨスガ
#04. 新曲1
#05. 苔の生したこんな代は
#06. アヲアヲ
#07. 新曲2
#08. マシーン
#09. ヒトダカラ
#10. アシンメトリ
#11. 絶対値
#12. 針と糸
#13. 姫事
#14. ホワイトホール
#15. 松の木藤の花
#16. はなむけ
#17. 天邪鬼
#18. なずき
-en1-
#19. 陰日向
#20. カスガイ
-en2-
#21. シーホース

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0