Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION at 前橋

3月14日に群馬県のヤマダグリーンドーム前橋で行われた「Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION」に参戦してきました。
画像


待望のツアーがようやく始まりましたね。前回のツアーが2年前だったのでミスチルのライブを観るのも2年ぶりという事になります(この前映画館でやってた奴は観たけど)。実は今回チケット全く取れなくて(毎度の事ですが…)、いつも神奈川や埼玉は競争率が高いので遠征も考慮に入れ、群馬、長野など行けそうや場所は片っ端から申込んだけど今年は特別チケ運悪いみたいで結局どこも取れずに残るは一般発売のみとなり、まぁ一般で取れる訳ないですよね?という事で今回のツアー行けないのか…と人生に絶望していました。この世に神様なんて居ないんですよね。いつまでも後引きずってても仕方ないし気持ち切り替えようと前日は仕事から帰ってから雪山へ行く準備をしてました。

するとある方から明日のチケットあるよ?と連絡が。今回のツアー全滅してたのを知って友達がチケ余らせてるとかで一報を頂いた。あなたは神ですか?一度は絶望の淵に立たされた僕の上に光が!まさに光が射す方へ?神様は居るんですね。という事で急遽行けるようになったのはいいのだが、全く準備してなかったので全然予習してないし(通常ライブ前一週間はヘビロテしてる)と思ったけど、今回のツアーってライブの後にCD出るから予習する必要ないというか出来ないじゃん!という事に気付いた。とりあえずチケットは手に入りそうなので現地へ向かうか!元々関越乗って雪山行くつもりだったので対して進路も変わらないし。て事で昨日のうちに車で移動した。


群馬と言えば温泉王国!旅の朝はもちろん温泉から始まる。道の駅に温泉あったので朝風呂で仕事疲れと運転疲れを癒した後はライブまで時間はたっぷりあるので前橋を観光したり地元グルメに舌鼓?急遽決まった割りにはオプションもしっかり満喫してるのは旅慣れしてるって事だなと。朝はがっつり寒かったけど、日中は日差しも出てとても暖かくてとても過ごし易かったです。
画像

画像



会場前にはツアトラがどーんと2台。なんとかツアトラ越しにドームの全貌を!と撮れる場所を探してウロウロしてました。柄は同じ?だと思うんですけど
画像


一台のナンバーはもちろん「510」。この数字が何を意味するのか?賢明な読者ならもうお分かりですね?
画像



そして、今回は各会場毎に記念スタンプが置いてあって自由に好きなだけ押せるのです!押す物なくてチケットの裏に押したり掌に押してる人とかも居たな。僕はライブレポ用のメモに押してみた。結構綺麗に写るし記念にもなるし全会場制覇したくなりますよね?これチケットなくてもスタンプは押せるのでやろうと思えば出来るかも?やっちゃう?でもスタンプのためだけに飛行機乗るのはさすがに無理か。
画像

画像


チケットは当日引換券とかいうのを譲ってもらったんだけど、引換したらアリーナの18列目とか書いてあって座席表見たらめっちゃステージ近いんだけど?いいのこんな場所で観て?ミスチルこんな間近で観るのはじめてかも知れない。近過ぎて鼻血出そうなんだけど…果たしてどうなるのか?


アリーナゾーンに入ってビックリ!まず横長のレイアウトなだけでも珍しいとは思ったけど、ステージのレイアウトがとても変な形をしておりました。ステージ自体は黒を基調としたごくシンプルな形なのですが、そこから客席に向かって階段があって尚且つ真っ直ぐ伸びてないのでアリーナの座席もなんじゃこりゃ!なレイアウトになっているという。例えるなら夜のヒットスタジオ(古っ!)のオープニングの登場シーン的な?

で本日の席は階段を下りて曲がりくねった所で花道?と呼んでいいのか微妙だけど、一番近い場所まで来ると3mぐらいしか離れて居ない!ステージだって今まで味わった事のない距離感で、これまで大きな会場で遥か遥か遠くからモニター越しにしか見た事なかった人達を間近で見られる最初で最後かも知れませんね。あぁ、生きてて良かった!


そのステージの後方には無数の箱が配置されていて、これスピーカー?でもこんなに必要ないよね?なんじゃろか!と不思議に思ってましたけどライブがはじまってすぐに謎は解けました。実はこれもモニターの一種でここに映像が映し出されるのです。今日は何かのトラブル?だったのか開場時間が遅かったのもあって、17時を過ぎても全然始まる気配がなくサウンドチェックとかカメラの調整とか色々と大変そうでしたね。


17:22 開演

ようやく始まった!ミスチルのライブだとまずモニターに映像が…となるのは今回も同じで、先に音が流れて来てあれ、映像は?と思ったら次の瞬間一斉にステージ後ろの箱たちに分割されてはいるが一枚の大きな映像が流れた瞬間は歓声が沸きました。それくらい衝撃的というか、それモニターなんだ!と誰もが驚いた瞬間でした。

今回はイラスト調のムービーでクルマだったりギャングが月をみながらワインを飲む?的な場面かと思えばジェットコースターに場面は変わり、そのまた次の瞬間には電車の中でヘッドホンした少女が乗っているというものでした。ムービーが終わるとステージの前に煙のカーテンが出現。スーパーの冷気のカーテンみたいな奴ね。

今度はその煙カーテンに映像が投影されたもんだからまたビックリ。こんな事も出来るんですね。最後はツアータイトルが表示されるとまたしても凄い歓声が。今回も凝った演出ですね。これにはオラも驚かされました。で、その煙の先にはメンバーがスタンバイ。1曲目のイントロが流れるも影は見えるが姿は見えぬ。

オープニングナンバーは「fantasy」。出だし聴いた時は何の曲か分からかったけど、サビになってBMWのCMの曲だと判明した。1曲目の途中までは煙カーテンの中で演奏されていたが、間奏になると煙が全て降りてメンバーの姿が出現すると大歓声で迎えられる。近っ!モニターなくても全然見える!いやぁ~感動っス。桜井さんはアコギ抱えてジャケット羽織っていて黒っぽい服装でした。今日はピンクじゃないのか…

このまま新曲のオンパレード!かと思いきや、今までの曲が続く感じ?久しぶりに聴いた「fanfare」では桜井さんが階段降りて花道歩いて来たのだけど、マジ至近距離!この距離で観られる事に動揺を隠せず鼻血出てたかも?隣に居た女性も泣きそうになってた…というか泣いてたけど。しかも「いいよ!いいよ!」と言ってこちらに親指を上にしたグー!の仕草を見せてくれて目があった時には(妄想?)もう思い残す事はない…とさえ思いました。


4曲を終えて最初MC。
第一声はやはりいつもの甲高い声での「どうもありがとう!!Mr.childrenです!」。
たまんねぇよ。ずっとこの日を待ってました。アルバムも3月になって完成したばかりで、こんなに早く皆に聴かせられる事が出来て嬉しいです。今日やる曲は全然知らな~い(ギャル風口調?で)みたいな曲もあるけど楽しんでっ帰って下さい。最後までよろしく~!
てな感じで今度は新曲セクションへ。

この前見た映画と同じような流れのよな気がする。映画の時は曲前解説もあったけど、今回はあまりそういった感じもなく普通に次の曲へいっていた気がする。まぁ、一度聴いてる曲は耳がしっかりと記憶してるので曲名も把握出来ております。やっぱり映画館で聴くのと生歌+生演奏で聴くのとでは全く違う訳で映画観た時は満足してはいたもののやっぱ生に限るな…と音に酔いしれておりました。

Melody」では上空に設置されたLEDが流れ星のように流れていき、「FIGHT CLUB」では桜井さんがピンクのエレキを巧みに操り客席を魅了する。「斜陽」ではモニターに流れる映像が素敵で道路の切れ目から芽を出した植物が大輪へ成長して行くのと音楽がいい感じにマッチしてるのですよ。「I Can Make It」ではモノクロの戦争映画流れてましたね。


このセクションが終わるとMC。
サニーさんの紹介をした後は今回のセットについて少し話してくれました。最初にどうゆうステージにするかスケッチを描いて検討していたようですが、「当初の予定では階段ではなくエスカレーターを…走らなくていいし」みたいな事を言ってましたが却下になったとか。そしてメンバーはメインステージからセンターステージへ移動。センターステージは花道の先にあるのですが、かなり窮屈な感じでミニステージといった感じですかね。僕の方からだと完全に背を向けられている感じなんですけど距離としてはかなり近いです。一体ここでどの曲を演奏するのか…楽しみです。

桜井さんが「全く知らない曲ばかりの罪滅ぼしに誰でも知ってる曲を…」と告げると客席がどよめく。
今までアコースティック、CD通り、1番全て皆に歌わせるバージョンなど色々やってきましたが、今回はどれにするか決まってません。イントロが流れたら歌いたい人は手を挙げて下さい!野鳥の会並に数えて過半数を越えたら皆が歌うバージョンで…全部歌ってもらってもいいんですけど、僕の声の調子もすこぶるいいのでね…」と会場を笑わせる。

イントロが流れると「口笛」だという事が判明。手を挙げた人の数は微妙なラインだったらしいけどこれはやっぱり歌いたいよね?そんな流れで1番は大合唱となりました。やっぱりこの曲は皆で歌うのが気持ちいいというか会場の一体感がハンパなくてとても居心地が良かったです。


その後のMCでは、
突然なんですが、ペットを飼っていまして…世話係りは僕がやるので休みの日はゲージ掃除したり…話は長くなるのですが…」と言って金魚の水替えの話を熱く語りはじめるのであった。簡単に言うと寒いと水が冷たいから汲み置きした水を日中の温かい時間にやろうと思ったけどその水はもう死んでると。「水には新鮮な空気が必要で…これは歌になる!と思って生まれた曲がこの曲です」と次の演奏する曲の説明を。果たして…

と思ってイントロ聴いてたらまさかの「HANABI」でした。えっ、この曲の背景にはそんなストーリーが?ちょっとビックリです。曲が終わると「『金魚』を聴いて頂きました…」と言って笑いを取る。「いつもと違う表情だった気がする…ちょっと笑ってたでしょ?」と自分でタネを撒いておきながら…


MCは更に更に続く。
今回のテーマは「テレビの向き合い方について」だそうです。
お笑い女子芸人のガールズトークはイラっとする!のですぐに消す」や
正解はCMの後で…のCMを商品は絶対買わない!」など桜井さんのイメージからは
ちょっと意外な内容でしたがなんか面白かった。

そんな流れからセンターステージ最後の曲は「口がすべって」。これ久しぶり…というか聴いた事あったか?個人的な割と好きな曲なので聴けて嬉しかったです。曲の最後に「僕も笑ってる!前橋も笑ってる!」と言っていたのが印象的でした。


といった感じで今回のライブもとても楽しく拝見させてもらいました。このペースで最後まで続けようと思ったけど、久しぶりにがっつりライブレポ書いたら疲れたので後半省略?まぁ、時間があればつづき書くかも。後半は新しい曲も沢山やったし1曲だけこの間の映画に出てなかった曲があって、これだけ曲名分からずだけど次のアルバムには収録されるハズなのでアルバム出たら確認ですかね。キーワードはベルトコンベヤーですかね?


19:54 終演



スタジアムツアーは自力でチケット取りたいけど無理だろうな…。日産2DAYSのキャパなら…どうかな?



[セットリスト]
#01. fantasy
#02. ロックンロールは生きている
#03. 旅人
#04. fanfare
#05. Melody
#06. FIGHT CLUB
#07. 斜陽
#08. I Can Make It
#09. 口笛
#10. HANABI
#11. 口がすべって
#12. 蜘蛛の糸
#13. REM
#14. WALTZ (←追記!)
#15. 放たれる
#16. 進化論
#17. 足音~ Be Strong
#18. 幻聴
-en-
#19. Everything (It's you)
#20. エソラ
#21. Mashmallow day
#22. 未完

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント