9mm “Breaking The Dawn Tour 2013” at 甲府CONVICTION

7月14日に山梨県の甲府CONVICTIONで行なわれた9mm Parabellum Bulletのライブ、 “Breaking The Dawn Tour 2013” に行って参りました。
画像


9mmのライブちょっと久しぶりかも?昨年の学園祭ライブ以来かな…ワンマンに関して言えば2年前の横浜アリーナ以来かと。桜前線ツアーも行きたかったんだけど、平日のライブ多かったし場所と日程が折り合わずなかなか行けるとこなくてね。

今回のツアーは先月発売された5thアルバム「Dawning」のリリースツアー。今年9周年を迎えるとあって結構な規模で全国津々浦々を周るようですが、地方に関しては割りと小さい箱が多いんですよね。本当は横浜初日に行ければ!と思ったのですが、やはり平日は日程調整が難しいので諦め行けそうな所探してみたら三連休のど真ん中に甲府。しかもキャパ300クラスのライブハウスとか、かなり久々なので甲府まで遠征してみる事に決めました。


せっかく甲府まで行くならと三連休は初日から甲府に来て温泉、観光、グルメ、さらにサッカー観戦まで一通り甲府を満喫してからこの日を迎えました。

今日の甲府は朝から曇り空。先週までは記録破りの猛暑続きだった山梨も週末に入ってひと段落したようで朝晩は割りと涼しいし、日中も関東とさほど変わらないレベルにまでなっていた。先週のニュースで連日39℃越えとか見た時はどうなるかと思ったけどね。

コンビクション到着。カタカナで書くとサカナクションみたいだな。
画像


16時から物販がはじまるというのでそれに間に合うように到着しよう思ったら突然の雨!ゲリラって奴?豪雨ではないからただのゲリラ?急いで車に戻り傘を持って再び会場へ。空明るいしすぐ止むと思うんだけどね。今回はTシャツとタオル。4000円以上買うと9周年袋が貰えるみたい。両方でちょうど4000円!袋もゲット。
画像


あとは開場時間まで待機。近くにお店いっぱいあるので意外に退屈しないで済みそう。


17:30に再び会場前に。雨はすっかり止み幾分涼しくなったようにも思う。整理番号順に入場する訳だが、お兄さんはなぜか1番から1人ずつ呼んで入場。えっ?全員入るのいつになるの?と思ったが、途中から5番刻み、10番刻みに変更した。これが甲府スタイル?15分くらいして呼ばれたので期待に胸を膨らませ会場内へ。

キャパ350で整理番号240番台とあまりいい位置で見ららそうでないだろうなと思ってたけど中は結構狭いのだが、前の方にスペースあるしかなりステージに近い位置で見られそう。まぁ、あまり前の方行くと危険だという事は重々分かっているので真ん中へんの見やすい位置をキープ。この距離で9mm見れるとか…やっぱ甲府来て良かった。滝くんの指さばきも至近距離で見れそう。やべぇ!


18:03 ライブ開始。




19:45 ライブ終了。


いやぁ~凄かった!ライブはじまった途端にある程度前に押されるなとは覚悟していたが、それよりも最初から最後までほぼモッシュ状態で四方からガンガンぶつかってくる。1曲目から「Answer And Answer」なんてやっちゃうもんだから凄いのなんのって。さすがにちょっと後ろの方へ下がったりもしたが、この箱で9mmとか当然そうなるよね。なのである程度は自分なりに当たり行ってみました。この感じを味わいたかったというのもここを選んだ理由の一つだし。

最初のMCで卓郎が「山梨!って言うのと甲府!っ言うのどっちがいい?甲府って“ふ”が言いづらいんだよね。」といった卓郎らしいなんとも言えないトークからはじまり、ここでやっと一段落。既に汗だくで、Tシャツとかビショビショだけど動くのを止めると一気に汗が吹き出し更に大変な事に。でも楽しい!

選曲は当然ながらアルバムの曲が中心ではあるもののたまにちょっと懐かしい曲とか、シングルのカップリングとか意外な選曲もあったりしてなかなか楽しめました。「Snow Plants」なんて絶対やらないだろうなと思ってただけにちょっと嬉しい。

後はとにかく滝のギターがね!カッコいんだわ。Instの「Wild West Mustang」はMCで卓郎が「今回のアルバムの中で滝がヴォーカルの曲があって…」と紹介してましたが、ホントそんな感じ。奏でるメロディが歌声のように存在感があってめちゃくちゃカッコ良かった。しかも至近距離で見れちゃったし。

ステージのカッコ良さとは別にたのMCも楽しみの一つ。今回は「俺たち9周年で首が9本になってます!」と後ろに貼ってあるフラッグについての話で、「来年になっても10本にはならないと思う。今増量中で…たまにやってるでしょ?カフェオレ20%増量みたいな奴。カフェオレのようなものだよ。」と自分で言っときながら「違うよ!」とノリツッコミみたいな。この微妙な感じ結構好きです。

まぁ、でもたまに真面目な事も言うんですよ?「すげぇいいアルバムが出来た。9周年だからじゃなく、ただカッコいいアルバムを作ろうとしたら、たまたま9周年に最高傑作を聴いてもらう事が出来てとても良かったなと。」みたいな。ずっとこの路線ならクールなんだけどね。たまに不思議な話をしてくれるから逆にいいのかね。

後はアンコール明けに「山梨って日本で一番暑かったんだよね?俺は目を疑ったよ」なんて普通に話しはじめたはいいが、ふと何かに気付いたらしく、「俺、ギター替えなきゃいけなかったんだ…」と慌ててステージ脇に戻っていったり。そんな卓郎を見て滝くんが即興で「ギターチェンジのテーマ?」を弾きはじめる場面も。


なんか色々あって楽しいライブでした。

…が、ライブ終わった後はTシャツもタオルもビチャビチャで絞ればコップ一杯ぐらいは水分出そうでしばらくは放心状態でしたけど。この箱の大きさでしか味わえない楽しさってあるよね。今回は甲府まで遠征してきてホント良かったなと思いました。

次はカオスだ!これもきっと…体力つけなきゃ。



[セットリスト]
#01. Answer And Answer
#02. Zero Gravity
#03. Vampiregirl
#04. 新しい光
#05. シベリアンバード~涙の渡り鳥~
#06. Mr.Suicide
#07. Scarlet Shoes
#08. コスモス
#09. Grasshopper
#10. Cold Edge
#11. Starlight
#12. Caution!!
#13. Wild West Mustang
#14. Snow Plants
#15. キャンドルの灯を
#16. The Lighting
#17. ハートに火をつけて
#18. Discommunication
#19. 黒い森の旅人
#20. The Silence
-en-
#21. Black Market Blues
#22. Living Dying Message


Dawning (完全生産限定盤)(DVD付)
EMI Records Japan
2013-06-26
9mm Parabellum Bullet

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Dawning (完全生産限定盤)(DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック