チリヌルヲワカ 白穴巡り at 新宿BLAZE

4月23日に新宿BLAZEで行われたチリヌルヲワカ
のライブ「白穴巡り」に参戦してきました。
画像


チリヌルヲワカはGO!GO!7188のボーカルのユウちゃんが
メンバーのソロ活動中の2005年に結成したバンドですが
翌年には本職?のGO!GO!7188を再開したため一年で活動休止。

去年、アッコさんの妊娠などもあってGO!GO!7188が活動休止
になった事もあり再始動となった訳ですがメンバーチェンジ
を経て新曲リリース、ミニアルバム発売、そしてツアーと一気に動き出した。


GO!GO!7188のライブは今まで何度も行ってますが
ヲワカライブは初参戦という事でとても楽しみにこの日を
待ちわびていました。もうしばらくはゴゴ聞けそうもないし。

20日にリリースされたばかりの「白穴」はたっぷり聞き込んできた。
曲はユウちゃんなのでゴゴっぽい音もありつつも詩が違うと
当然曲から受ける印象も全く違うんだなと思ったりする。
これらの曲がライブではどう変化するかも楽しみです。


今日の会場は新宿。何気に来るのかなり久しぶりだったりする。
そしてはじめてのライブハウスという事で昨日ネットで場所を
調べてきたが心配なので早めに出発しようかなと。

ただ、天気は朝から大雨。これだけ本格的に降ったの久しぶりじゃね?
これだけ降るとさすがに晴れ男パワーも通用せずといった感じ。
まぁ、ライブ中は屋根あるし影響ないんですけどね。

雨は激しく台風並みの強風で最寄り駅まで行くのも一苦労。
しかしアメニモマケズ新宿を目指しました。
まぁ、この程度の事では怯みませんよ。

だってユウたむに逢いたいからぁ~!!


新宿着いたら空は明るくなり青空もチラホラ。
今回も晴れ男パワー炸裂か?と思ったがまた次第に怪しい
雲行きに…今日はやっぱりダメらしい。

ライブハウス前は準備中。あと30分程度で開場というのに
人もまばらで、物販の外売りもないみたいでちょっと寂しい感じ。
画像


小雨の降る中、1745整列開始。
画像



中に入ると物販とかドリンクバーとかありましたがとりあえず後回しにして脇目も
ふれずステージ前にダッシュ!!今回は整理番号が良かった事もありユウたむ前3列目
のベストポジションをキープ。うぅ~超近いテンション上がる!!

ステージは思ったより広くて割と奥行きがある印象。この間行ったWWWに比べれば
全然広いし客席側も結構広くてだいぶ人入るんじゃないでしょうか。バーが何カ所か
あるのではじまる前はそんなにギュウギュウという感じではなかったですね。

恐らくはじまった途端に…という想像は容易にできますがもしかしたらゴゴとは違うかも?
何せはじめてなのでそういった所も楽しみの一つだったりして。

ステージ後方から青いスポットが照らされスモークが炊かれると照明といい感じに
調和してちょっと幻想的な雰囲気する漂う素敵な空間になっていました。


【注意】
ここから先はネタバレを含むライブ詳細が書かれています。
まだライブをご覧になってない方はそのことに十分承知の上ご覧下さい。







18:35 ライブスタート。
音楽が流れメンバーが次々と入場。ユウちゃんは白のヒラヒラシャツに黒スカート、
ナッキーはツアーT、エイキチさんは七分丈パンツに帽子、阿部さんは白Tでした。

そしてユウちゃんとの距離が想像以上に近いことにやや緊張。
GO!GO!7188のライブでもこれほど近くで見れた事ない気がする…。
前方に遮るものなく表情から指先の動きまではっきり見える。


1曲目「シーホース」のイントロが流れると会場も一気にヒートアップ。
いきなり白穴からの曲きました。この曲めっちゃ好きやねん!!
初っ端からギターのナッキーが全開!!ギターがもう一人いると音に厚みがでる。
ユウちゃんも弾いてるのはコードぐらいで歌に専念できるという事もあるし。

案の定というか曲がはじまった途端に後ろから雪崩れのように人の波が襲ってきて
もみくちゃ状態に。やっぱこうでなきゃライブハウスで見る醍醐味ないよね。
これでもゴゴに比べれば若干大人しめという印象はありますが。


勢いそのままにノンストップで「はなむけ」「苔の生したこんな代は」へ。
「はなむけ」はイントロのサーフロック風テケテケサウンドが好き。たて続けに
ノリの良い曲が続くので会場の更に盛り上がってく感じが。視線はユウちゃんに
釘付けながらも左端で派手に動きまわってるナッキーにしばしば目を奪われる。


曲終わりで最初のMC。
話はじめたのはユウちゃんではなくドラムの阿部さん。

阿「新宿のみなさんこんばんは。チリヌルヲワカです。えっと、ワンマンは…
と言ってしばし考えこみメンバーに聞き込み調査してる様子。

阿「5年振り?どうもいらっしゃいませ。
  今日朝からすっごい雨で…大変な中来てくれて
  どうもありがとう。最後まで楽しんで帰って下さい


とご挨拶程度のMCの後そのまま次の曲のイントロが…。


やまみちにて…
イントロのギターはやっぱユウちゃんだったのか…。CDで聞いてるとギターが
二人いるのでどちらなんだろ?と考えたりしてしまうがライブで聴いてると
お互いのパートの使い分けというかはっきり分かる。曲中の派手なエレキは
ナッキーの音で間奏ではユウちゃんのソロもあったりするが基本控えめな感じ。


ヨスガ
これヲワカの曲では一番好き。文句なしにカッコいい。ユウちゃんのたたみかける
ような歌いっぷりといい曲調もホントしびれるわ。歌ってるときのユウちゃんは
真剣そのもので今回は至近距離でその迫力を更に感じる事ができ感激も倍増。


蜻蛉
これも好きな曲。この和ロックな曲調はやっぱユウちゃんならではだなと思う。
エイキチさんのベースの音とかいい感じに効いていて静けさの中にも熱いものを
感じられる曲。ナッキーのギターも冴えまくり、阿部さんも激しいドラムワーク。
バンドとして凄く纏まってるなと感じた。その完成度は更に上げるのはもちろん
ユウちゃんの歌声なんだけどね。

曲が終わるとはじえてユウちゃんが一言。

ユ「新曲やります

はじめて聞く曲というものは反応が難しい訳でちょっと戸惑う。
曲調は割とPOPな感じもありつつもコロコロ変わっていくしサビの部分は爽やかな
感じではあるがそれほど強烈にインパクトある感じでもなかったような気がした。
会場もそっと見守ってるという感じだったかな。まぁ最初はみなそんなもんだ。


答案用紙
この曲も好き。出だしの部分のギターはユウちゃんやった。間奏部分ではナッキーと
ユウちゃん二人ともステージギリギリまで前出てギター弾きまくっててめっちゃ近かった。

あとは何といっても途中からカノンだっけ?に変わるとこでしょ。ここはやっぱユウちゃんで
近くで演奏してたので指先の動きとか良く見えたり素敵だった。演奏中にナッキーがユウ
ちゃんに微笑みかけると一瞬だったがユウちゃんの照れ笑い…可愛かった。


なずき
阿部さんが何やら鍋?っぽいのを取り出し音を奏ではじめる。これ楽器なんや…。
あの不思議な音はこれで出してたんだと一つお勉強になりました。バラードもいいやね。
低いポジションから壮大に歌い上げてくこの感じとかたまらねぇっす。


新月
会場限定シングルとしてリリースされた曲なので全てを聞いた事なかったんですが、
視聴とかでサビの部分だけ聞いてたのでなんとなく覚えてました。物販とかで売ってたら
買って帰ろうかなと思ってましたが売ってなかった。もう手に入らないみたいですね。
とりあえる今日聞けて嬉しかった。

MC。
ここもユウちゃんではなくメインは阿部氏。まぁ、ゴゴでも基本アッコさん任せ
であまり前に出るタイプでもないのでそのスタンスは変わらないのかなと。

阿「凄い集まってますね…噂では30人くらいって噂も。
  …まぁそんな噂はなかったんですけど(笑)  
  5年振りなんですけど…嬉しいですね。タイムスリップしたような感じ

ユ「しっかり歳はとってますけどね

阿「時間が経ったら歳の差が縮まるとかそうゆうのはないんだ…
ユ「これがウチらの個性なんで…

阿「この歳の差がね。歳の差が個性か…ナッキーが40代になった時僕60代…


ここでメンバー紹介。
ナッキー→エイキチ→ユウ→阿部という順で少しだけトークありの楽しい自己紹介。
特にエイキチさんと阿部さんの40代コンビは大人の貫禄というか面白かった。
で、エイキチさんが話してる最中に左端ではナッキーがスタッフのカメラ?で観客席
をバックに写真撮影開始。それを見たユウちゃんは…。

ユ「自由のコーナー。みんな自由にしていい…

エイキチさんの話が終ると。
阿「以上をもちましてメンバー紹介を終わりたいと…
まぁ、当然会場からは「えっ~」といいとも並みな声が響く。
なんてお決まり?な流れもありつつもいよいよユウちゃんの番。

ユ「正直、今日はすっごく楽しみにしてたんですけど。今日までに花粉症が何とか
  なんないかなと思って手を尽くしたんですけど…今日も思いっきり鼻声です。
  …勝てませんでした。昨日は美容室にも行こうと思ったのに訳あって行けなくて…
  もうコンディションは最悪です。


 「しかも今日は凄く風が強くて…雨も降ってるし…外のコンディションも最悪なんです。
  そんな中、みんな来てきれて…ホントは300円ずつくらい返したいくらいなんですけど…


阿「さすがですね…中島さんは…師匠は


最後に阿部さんに紹介があった後に一言。

ユ「そんなこんなで…今日はもう一曲新曲をやりたいと思います

「新曲」其ノ弐。
先ほどの曲に比べるとこっちの方がインパクトある。どことなくひょっこりひょうたん島
のテイストを感じつつもベースの低音とかすげぇかっこいいし凄くノリの良い曲で
自然と体が動いてしまいます。ちょっとJAZZYな雰囲気も漂う大人な曲。この曲好きかも。
なんか訳分からん説明になってますが、初聞きなのでそんなもんです。


タルト
この日最大のハプニングがここで…。1フレーズを歌い終わった所でユウちゃんが突然
固まり「ちょっと待って」と言って演奏中止。阿部さんの方へ歩み寄り仕切り直し。
このハプニングにはさすがに会場も騒然となりました。こんな事あるんですね。

「どんまい」の声が会場から飛ぶ中、何事も無かったように再び最初から歌いはじめ
1フレーズ目の間を乗り切り最初のヤマを越えた所で思わず苦笑いしたのが見えた。
まぁ、その後はいつものキリッとしたユウちゃんに戻ってましたけどね。


天邪鬼
この曲は元々ゆうちゃんのソロアルバムに収録されていた曲でしたが今回のミニアルバム
にセルフカバーという形で収録されはじめて聞くことができました。この曲だけユウちゃん
が白いギターから黒いギターに変わっていましたね。この曲かっけぇマジ好き。
ノリの激しかったので会場のテンションもグングン上がってた気がする。

ホワイトホール
今回のミニアルバムのリード曲だけあっていい感じに盛り上がってました。
ユウちゃんは再び白ギターに戻ってましたね。この曲のギターの入り方とかいいなぁ…
ナッキーもいい仕事してます。ライブで聴くとやっぱ印象違うしカッコいい。


姫事
この曲大好き。ヲワカらしくない?ポップな曲調も聞き込んでいくうちにユウちゃんの
歌声との調和が耳から離れないくらいしっくりハマるようになりしばらくこればっかり
聞いてた気が…。ライブアレンジだと少しラフな印象もしたけど惚れ惚れの1曲。


追伸
雰囲気は一転してのバラード。この気だるい感じの歌い方が最高なんだよね。
これで今回のミニアルバムからの曲は全て聞けたことになる。どれもいい曲だなと
思ったけどバラードとかはやっぱ生歌の迫力とか堪能出来て鳥肌たつ。バラードで
ギターがギンギンに効いてる曲とかホント好きなんだよね。
ユウちゃんのギターも良かったなぁ…うっとり (。-_-。)ポッ


曲が終わると「どうもありがとう」と言ってメンバー退場。
もうそんな時間か…あっといまだったので忘れてた。
次の瞬間には再びアンコール待ちの拍手が鳴り響く。

当然というかブサイクコールはなく拍手だけ。


しばらくしてメンバー登場。
全員がツアーTを着ての登場したと思ったらいきなり物販コーナーがスタート。
阿部さんがメンバーの着ているTシャツの説明をはじめた。

阿「それでは商品№1、それは何でしたっけ?
と言ってユウちゃんに話かける。
ユ「これはアヌビスTで…いきなり商品の紹介してます…

阿「アヌビスっていうのは…まぁ言わなくていいか…
ユ「壁画です。壁画の犬みたいな奴…私がデザインしました

といった具合に個々に説明をはじめる。
ちなみに阿部さんは「アイコンさん いらっしゃいT」。
でエイキチさんはTシャツを紹介しようとしたが再び何でしたっけ?
とユウちゃんに聞くと
ユ「アヌビスTです…覚えてもらえますか?」ときつい一言が。

でナッキーはファンの方にもらったというオリジナルTシャツ。
阿「これは何Tというんですか?」と問いかけた所
ナ「チ○コTシャツ…
阿「ブーブーブー

で、ユウちゃんに聞いてみると
ユ「何でしょうね…これは食パンじゃないですか?
阿「あぁ~
という事で一件落着。たしかに見ようによってはアレに見えなくもない
微妙なデザインなので会場の雰囲気も一瞬不穏な空気になりましたが
以前、中島画伯が描いた食パンの画をTシャツにしたようです。

ユ「今日はベタに物販の紹介をしてみたんですけど…
  あの…ホントはみんなに1000円づつ返したい…そんな気分です



もう1曲新曲を…」という事で今日3曲目の新曲披露。
これは割りとストレートに熱い曲という感じでこれまたノリの良い曲でしたね。
まさか3曲も聞けるとは思ってなかったのでちょっと驚きました。こんなにあるん
だったら「白穴」ミニアルバムじゃなくフルにしてくれれば良かったのにね。


カスガイ
これも大好きな曲。…なのにそういえば今日やってなかったなと今気付いた俺。
これはもうストレートに盛り上がれる曲だよね。ギターもカッコ良かった。
こうゆう曲のユウちゃんに歌いっぷりはホント惚れ惚れする。MCとのギャップ
を見てるだけに尚更ね。


で、曲終ってメンバー退場。

会場には音楽が流れはじめ誰もがここで終わりかと思いはじめたが
アンコール待ちの拍手が再び起こりはじめ次第に強く強く…ちょっと感動。


その拍手に答えるように再びメンバー登場。
初日にしてまさかのダブルアンコールとなりました。

ただ、出てきたはいいが予定していた曲は全て演奏し尽した様子で
ステージ中央でメンバーが集合し何の曲をやるかという作戦会議がはじまった。

ユ「何やる?って事で今悩み中です…」と一言告げると再び作戦会議へ。

会場からは「シガー」や「ノイロ」といった曲が飛び交い
中には「タルト」もう1回とかいう酷な注文を出す女子も…。

作戦会議に結論が出たようで
ユ「ちょっと予定してなかったんですけど…
  感謝の意味を込めて…同じ曲をやらして下さい



て事でもう一度「ホワイトホール」という展開に。
この曲盛り上がり方がハンパじゃなかった。1回目のホワイトホールよりも…
もしかしたら今日一番盛りがったんじゃね?ぐらいの勢いでそれまでは割りと
節度ある盛り上がり方してた会場も有り余ったパワーを放出するかのように
若干無法地帯な感じで後ろからガンガン押してくるはでもみくちゃ!!
でもとてつもなく楽しかった。


20:33 ライブ終了。

ツアー初日という事もあって珍ハプニングもあったし、様々な発見もあり
ユウちゃんの新たな一面も見られたし新曲たくさん聞けたしで色々と話題満載
でたっぷりと新生チリヌルヲワカのかっこいいステージを堪能させてもらいました。

もっとユウちゃんの存在が突出してる感じなのかと来るまでは思ってましたが
バンドとして凄くいい感じに纏まってるのが良く分かったし、ライブとしても
いいライブだったなと心から思える素晴らしい出来だったと思う。

ただMCとか見てるとやっぱGO!GO!7188のアッコさんとのやりを見てる
だけにあの独特のグダグダ感は ゴゴでしか味わえないんだなと改めて思う。
GO!GO!7188の復活の待ちわびつつもオワカの今後にも期待したいです。

ユウちゃんの生歌はやっぱいいわ。

心底楽しかった。



[セットリスト]
#01. シーホース
#02. はなむけ
#03. 苔の生したこんな代は
#04. やまみちにて…
#05. 紫紺ノイズ
#06. ヨスガ
#07. 蜻蛉
#08. 新曲1
#09. 答案用紙
#10. なずき
#11. 新月
#12. 新曲2
#13. タルト
#14. 天邪鬼
#15. ホワイトホール
#16. 姫事
#17. 追伸

-en1-
#18. 新曲3
#19. カスガイ

-en2-
#20. ホワイトホール

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ホゲゲ
2011年04月27日 12:20
答案用紙の間奏はカノンではなくて、ボレロ(ラヴェル作曲)なはずなんですけど…とにかく詳細レポートありがとうございました。
2011年04月27日 22:00
…すいません、いい加減で。そうでしたね。

この記事へのトラックバック