五稜郭

五稜郭にやって来ました。
やっぱ函館観光と言えばここは外せんでしょ。
画像


日本初の様式城郭星形のような五角形をしているために
この名がついたとガイドには書かれてますね。

歴史とかあんまり詳しくないので、そこいら辺は
あまり興味がなかったりしますが単純にデザインがカッコいいかも…
ぐらいの薄い感じですハイ。勉強不足ですいません。


まずはお散歩がてら外周をぶらり歩いてましたがここへ着いた途端に
青空が見えはじめたのはいいがそれと同時に強烈な日差しが…はっきり言って相当暑い。
本当にここ北海道なのか?と思うぐらいにね。
画像

画像


とは言え、途中で止めるのも何だし…と思って一周してみた訳
ですが1.8キロもあったんだね。すっかりいい運動になりました。
画像


歩いてると色んな発見があって、こんな船が停泊していたり、
蓮の花が綺麗に咲いてる場所があったりして場所によって色々楽しめた。
画像

画像


場所によってはこんな光景にも出会えるのだ。
水面に映った五稜郭タワーなのだ。
画像



続いて先月オープンしたばかりだと言う箱館奉仕所へ。
外国との交渉や防備のために幕府が設置した歴史的にも
重要な役割を担った建物らしく同時の雰囲気を忠実に再現したらしい。
画像

画像


真新しい木の香りがして細部の造りも丁寧に仕上げられ
単純に建物としてカッコいいかもと思いました。
こんな素敵な縁側でビール飲んだらうめぇだろうな…。
画像

画像


でもって、いよいよタワーへ。
夏休み時期なので平日と言えど結構な人がいて入場券買うのにも結構時間かかった。
ちなみにお値段は840円。東京タワーいくらだったけかな?高いと言えば高いような…。

最上階まで行くと、そこにはガイド紙などで見慣れた五稜郭の姿が…
いやぁ~めっちゃカッコいんですけど。
画像

画像

先ほどくまなく歩いてきたので尚更ですが、
下から見た感じとは全く違う印象を受けますね
しかもこれだけ綺麗に星の形に見えると感動すら覚えます。


特に先端の三角部分ヤバいです。
画像


たた一つ残念なのは全景が撮れない事で広角レンズがあれば綺麗に
収められるのでしょうが今回の旅はフェスのこともあって荷物を最小限
にしたかったので一眼レフ自体持って来なかったんですよね。

何とか全景を…と思って色々工夫してみたが、
あまり引きで取るとガラスが反射したり、観光客が映りこんでしまったり。

う~ん、やっぱり駄目なのか…と思ってたら模型ありました。
これなら雰囲気伝わるかな?これも結構デカイので撮るのむずかしいかも。
画像


先ほど下で見てきた箱館奉仕所もこんな感じで見えます。
このアングルから見ると違った印象になりますよね。先に見ておいて良かったかも。
画像


ずっと眺めていたい程、素敵な場所でしたね。
函館来れて良かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック