少年メリケンサック

2月14日公開の映画「少年メリケンサック」見てきました。
画像


-STORY-
レコード会社で契約社員として働く栗田かんな(宮崎あおい)は、新人発掘のため動画サイトを閲覧していた際に少年メリケンサックというバンドのライブ映像を見つける。「これは行ける!!」と大乗り気のかんなは社長にその映像を見せると契約を取って来いと促されアポを取るのだが、そこに現れたのは酔いつぶれた50過ぎのオッサン?。実はかんなが見つけた映像はなんと25年前の物だったのだ。そんな事とは知らずに社長は勝手にネットで大大的に宣伝活動を行いその反響の多さに全国ライブツアーを決めてしまう。その報告を聞いたかんなはもはや後に引けなくなりオッサンバンドと契約を済ませ一緒に全国ツアーに出るのだった。果たして少年メリケンサックの命運は…。



邦画って映画館ではあまり観ない方ですが
予告編観た瞬間に「あぁっ~これ観てぇ!!」と思い
雪山行きを翌週に延期して映画館へ行ってきました。


脚本&監督が宮藤官九郎と知りあぁやっぱりなと納得。
映画に限らずクドカン作品は昔から良く見ていてこれ面白いかも
…と思った作品には必ずこの人が関わっていたりしますね。

さらに今回の作品は宮崎あおいが主演という事で
大河ドラマの主演を努める程まで成長した清純派女優のイメージを
クドカンがどう壊していくかが非常に興味がありました。

実は宮崎あおいは以前から結構好きなんですが
今回のように喜怒哀楽の激しいぶっ飛んだОL役はとても新鮮で
今までにない彼女の魅力を存分に発揮してましたね。

まぁ、彼女にあそこまで要求できるクドカンも凄いですが
それを完璧なまでに役になりきって演技していた彼女はもっと凄い?
てゆうかあれが地なのか?と思わせる自然体な演技はさすが女優。

冒頭のシーンでアキオ(佐藤浩市)とホルモン焼き屋で
契約交渉をする場面があり、飲んだ暮れたアキオに
蹴られる場面があるのだがあれは結構笑えます。

最初は可愛らしい感じなのですがオヤジ達の不甲斐なさにブチ切れたり
ライブから逃げ出して一升瓶抱えて飲んだ暮れていたかと思えば
プライベートでは彼氏とイチャイチャする痛いくらいのバカップルぶりを
見せつけるなどとにかくブッ飛んだ役でほんとに楽しめました。

誰が中指立てて眉間にしわ寄せタンカを切る彼女を想像出来たでしょう
マジ切れしてるんですけどその仕草がメチャメチャ可愛いんですよね。


そんな彼女の他にも個性的な出演者が続々登場。

まず少年メリケンサックのメンバーから
画像


ベース担当のアキオを演じるのは佐藤浩市
当時は凶暴で酒癖が悪く生粋のパンクロッカーだった彼も50歳を迎え
今は職もなく住所不定で馴染みのホルモン焼き屋で酒に溺れる日々を送る。

ギター担当のハルオを演じるのはキム兄こと木村祐一
アキオの弟であるが、ある事がきっかけでアキオを殺したいほど憎んでいる。
バンド解散後は実家で酪農をしていたがかんなに説得され?バンド復帰。

ドラム担当のヤングを演じるのは三宅弘城
中卒の元ヤンキーで、モヒカン頭に眉なしという風貌の筋肉バカで
当時、バンド内では最年少だった事からヤングと呼ばれていたがそんな彼も
今は42歳の痔持ちの気のいいおじさん。

ヴォーカルのジミーを演じるのは田口トモロヲ
元々、滑舌が悪くて何を歌っているのか理解不能だったが
解散ライブでの事故で負った後遺症で言語障害となり車椅子生活を送る。
バンド再結成を気に今まで眠っていた何かが目覚めた?果たして奇跡は起こるのか?

まぁ、よくもこれだけキャラの濃い個性的なメンバーを集めたな
という印象ですが4人とも抜群でしたね。

特に佐藤浩市は凄い!!
ザ・マジックアワー」での売れない三流役者の怪演ぶりも
記憶に新しいが今回も見事にやってくれてます。


そして脇を固める共演者たちもかなり強力。

かんなが努めるメイプルレコードの社長にはユースケ・サンタマリア
実は元パンクスでその昔、「近親憎悪」というバンドを結成していて
自分達のレコードを出すためにこのレーベルを立ち上げたという。
画像


そのメイプルレコードの稼ぎ頭として活躍するのが田辺誠一扮する「TELYA」。
映画や舞台、ドラマなどで活躍する俳優だがもの静かでクールな役が多い彼が
このような役を演じるとはちょっと意外でしたね。
画像

実際の出演時間は短いのですが映画の中で流れるPVのインパクトが抜群で
アンドロメダおまえ」ってタイトルも凄いですがあの曲調と銀の赤子?
そして意味不明なダンスといい独特の世界観を作りだしていました。
「近親憎悪」のメンバーとして活動してソロに転向という経歴も笑えます。


少年アラモード」はハルオジミーが在籍していたバンド。
テクノポップ系のアイドルグループだったが、ある事件がきっかけで
電撃解散し少年メリケンサックが誕生する事になるのだ。
このPVもかなり笑えます。
画像


他にもかんなの父親役で哀川翔が出ていたりと
隠れキャラ的に色んな人が出演していて楽しめましたね。
さすがクドカン作品?なかなか奥が深いです。




今回の映画は題材が音楽という事で興味を持ちましたが
色んなジャンルの音楽を聞く私ですが実は「パンク」というは
ちょっと苦手な意識が高くてあまり聞いた事ないんですよね。

楽器を壊したり暴れたりというのは…的な部分もありますが
詩や曲や技術がどうというよりもとりあえず勢い?的なイメージが強く
やっぱり肌に合わないのかなぁと思ってました。

映画を見てて共感できる場面もありましたが
この先、パンクに興味を持つようになるかと言うと微妙ですかね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック