ガンダムお出掛けパック

先日作った『MG RX-78-2 GUNDAM Ver.2.0』ですが
どこへでも持ち運べるようにこんな物を作ってみました。
画像


プラモデルって作っている時は楽しんだけど
完成してしまうと後はポーズを決めて飾るだけ?
でも、実は置き場所にも結構困ったりします。

MGは武器類などの装備品も多いし
飾るにしても全てを装備できなかったりして
それらを何処に置いておくか?

製品の箱の中へ…というのも一つの手ですが
なにせ大きいのでとにかく邪魔になり
できれば箱は捨ててしまいたいと思ってます。

という事で今回は機動性収納力をテーマに
更に見た目にも美しい収納ケースを作成する事にしました。


材料は安くあげるため100円ショップで極力調達。

材料①:ケース
これでもかってぐらい何種類もありましたが、模型の大きさに合う丁度良いの見つけました。(実際は200円でしたが…)
画像


材料②:底板
発泡ウレタン製のやや固めのシート。これは100円ショップには置いてなかったのでホームセンターで購入。クッション材になるし加工が楽で更に強度も申し分なし。値段も手頃だしね。
画像


後は部品の固定用にゴム紐を購入したぐらいかな。
たぶんこのくらいでなんとかなるでしょ?と大雑把な見積もりで帰宅。

今回はケースの厚みを利用して二段構えにし
下段には武器類、上段には本体をという構想でスタート。

シートをケースの大きさに合わせてカットし
うまく納まるように配置したらシートに穴をあけ
ケースの中で動かないようにゴム紐で一つ一つを固定します。

全ての部品が干渉しないようにする事と取り外し易さ
さらには見た目のバランスを考え絶妙な配置にすると
このような感じになりました。
画像


ガンダムは特に装備が多いのでレイアウトにも苦労しましたが
一番苦労したのはガンダムハンマーですかね
イボイボに引っ掛けるようにゴム紐を網の目状にして解決。
画像画像


続いては本体用のシート作成。

本体は結構凹凸があるのでシートだけでは動き易いのでこのような波々型のクッション材をプラスしました。(偶然?家にありました。)
画像


本体を一度シートに固定して型を取り出っ張っている部分をくり貫いてこのような形状に加工しました。
画像画像


足と背中のランドセルの部分をカットする事でいい感じにジャストフィット。
画像画像


出来上がりはこんな感じ。フカフカスポンジが快眠を約束?
画像


後は二段になるようにケースにバルサ材で棚を作ったら完成。
画像画像


ポイントは収納した状態でも主役が見える事。
最初は本体を下段にしようかと考えていましたが一目で中身が確認出来る事。且つ、このままでディスプレイ出来るという利点もあります。(まぁ、若干取っ手が邪魔ではありますが…)
画像


蓋を開けばすぐガンダム。
画像


さらに上段をずらせば全て部品に即アクセスできる便利さと
見た目にも美しくディスプレイ用としてなかなKカッコよく出来たかなと。
画像



という事でとりあえず完成。
このままでも良いのですがちょっと外見が寂しいので
更にちょっとだけカスタマイズ。


PCを使って地球連邦軍のステッカーを作りました。
画像


サイドには認識用に型番と名称を記載。
こうしておけば後々数が増えて重ね置きしても一目で分かる。
画像


正面は地球連邦軍のマークとロゴを配置。
画像


まぁ、ちょっとした事ですが完成度上がりましたかね。


これで何時でも何処へでもMy GUNDAMを持ち歩けます。
旅のお供に?撮影モデルに?
今後、お出掛けする機会が増えるかも知れません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヤン
2009年01月26日 11:20
機動戦士の機動性にwです
2009年01月26日 23:44
まぁ、ちょっと洒落のつもりで作ってみましたが細かいパーツもしまっておけるしなかなか便利に使っています。今度そちらへ伺う際には持っていくので是非「ジャブローの戦い」を再現しましょう。

この記事へのトラックバック