白馬五竜スノーフェスティバル

今年で32回目を迎える「白馬五竜スノーフェスティバル」が本日、3月17日に行われました。
画像


春スキーへのオープニング企画として行われるもので、その内容は真っ暗なゲレンデを幻想的に照らす松明滑走や大龍滑走、迫力ある飯森水神太鼓、そしてゴスペルコンサート、ファイヤーダンスなど様々。そして最後は打ち上げ花火で締めくくり。いいですね、まさに今シーズンの最後を飾るにふさわしいイベントです。(五竜はまだまだ営業してますが…) 

今日、この場所を選んだ理由の一つはこのイベントの事を事前に知ったからでした。イベント準備前、本番で使う太鼓達がフロアの脇に無造作に置かれていました。しかも、周りには人誰も居ないし…。
画像


夕方の18:30頃。おっちゃんの挨拶から始まりました。誰だったか忘れました。
画像



まずは飯森水神太鼓。
画像


もの凄いデカい太鼓から、ちびっ子が叩く太鼓まで大小様々な太鼓で息のあった演奏を披露。なかなか迫力があって良かったです。
画像画像



続いて、19時辺りからゴスペルコンサート。"La.Zulars"という地元ママさんコーラス隊が素敵な歌声を披露。司会者の進行で自己紹介を始めましたが、神城のセブンイレブンで働いてます…など、地元色出てますね。
画像



更に19:30からサブニュアコンサートという西アフリカの太鼓を使ってのリズミカルな演奏と踊りを披露。
画像



20:00からは、エアリアルショー。ギャラリーの前で太鼓のリズムに乗ってトップライダー達が凄いジャンプを見せてくれます。
画像


もう、本当に凄いの一言で、飛んでます、回ってます。一応写真撮影を試みてみましたが、夜+照明と悪条件が重なって全然ダメでした。
画像画像画像



20:30ぐらいからは松明・大龍滑走。龍も踊ってます。
画像画像画像

画像



そのままの流れでファイヤーダンスショー。これがまた盛り上がってましたね。妖艶な衣装を纏った宇多田ヒカル似のお姉さん。火を自在に操る姿はまさにメラゾーマの使い手。もう、私の目は釘付けでした。
画像


侍の格好したおっちゃんは刀に火を付け格闘ショーを見せ、上半身裸のマッチョなお兄さんは目の前で火を口に入れ消して見せたりと、大変な騒ぎでした。普段は大道芸をしてるようで、最後に壷を持って「良かったら入れて下さい」としっかり商売もしていきましたが…。
画像画像画像

画像画像画像



そして、最後は花火。事前に募集していたメッセージを司会者が読みながらの打ち上げ。冬の夜空はとても澄んでいて花火が良く映えますね。雪も止み、満天の夜空に綺麗な星が沢山見えます。
画像


最後は木村カエラのsnowdomeに載せ、次々と花火が打ち上げられていく。かなりの大迫力です。そこらのローカルな花火大会の規模を遥かに凌ぐ量花火のオンパレードに花火マニアの私も興奮してしまいました。
画像


画像


画像


画像


画像


いや~来て良かったよ。グランドフィナーレを飾るにふさわしいイベントでした。これで、心置きなく今シーズンの滑りを終了出来ます。ありがとう白馬五竜!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年04月07日 22:40
我ながら花火などは結構綺麗に撮れたなぁなんて思いました。
こうきさんのblogも覗かせて頂きました。
札幌では今頃花火あるんですか?
我が家にもカメ吉という亀がいましたが、去年亡くなりましたけど。

この記事へのトラックバック