第80回 大曲全国花火競技大会

本日のメインイベントは花火。今年の花火見物は恐らくここが最後になるかな。

画像 ここの花火が他と違うのは単なる花火大会ではなく、全国から一流の花火職人が集結し、お互いがその技術や芸術性などを競う競技会だという事。高度な技術や見た事もない新しい技術などが目の前で見られるのは嬉しいね。
 横手から最寄り駅だという大曲駅に電車で移動し、人の流れに任せて歩き続ける。途中に案内看板はあるものの、ありえないくらいの炎天下の中で、いつになったら着くねんと思いながら延々歩いて20分以上経過したその時、会場らしき雰囲気発見。土手を登るとおびただしい数の人、人、人。いや~凄いわ。会場の至る所にはロープが張ってあり、観覧にベストな位置は殆どが有料席らしい。

画像 それにしてもこの異様な暑さ!!なんとかならんもんかな。まだ、開始時間まで2時間はあるし…始まるまで耐える事が出来るのか?。さっき会場までま移動してくる間に救急車が数台行き来してた意味が分かったような気がする。

時刻は17:00を過ぎ、昼花火がスタート。当然、まだ辺りは暗くないので明るい状態での打ち上げ。夜の花火のように夜空に色鮮やかに…とはいかないので色付きの煙りや青空でも映える色使いがポイントのようです。昼花火は僅か40分で終了し、1時間以上の休憩を挟んでいよいよ18:50から夜花火スタートとなる。


夜の部は体操で言う所の規定演技+自由演技みたいな構成らしく、その自由の部分を"創造"と言い、この創造こそ花火職人の腕の見せどころとなる。テーマを決めて音楽に合わせて打ち上げるのだが正直言ってヤバい、凄すぎる!!
画像画像画像


今まで見た事もない花火が続々と姿を現し、花火を使う量もハンパじゃないのだ。まるで幕の内一歩のデンプシーロールの如く、勝負所と見るや次から次へたたみかける…みたいな展開で、見てる方も連続攻撃に何処まで続くんだ?と思ってしまう。そして最後は拍手喝采を浴びる完全なKOパターンでフィニッシュ!!。ただ派手なだけじゃなく色の鮮やかさや形も多彩で、技術があってこそ出来る物だと感心してしまった。中でもピンク、黄色、水色の発色が綺麗だったな~。もう、花火職人恐るべしって感じで最後まで目が釘付けでした。

来年も来ようかな…なんて本気で検討中。まさに一見の価値あり!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック