スーパー自由人3

アクセスカウンタ

zoom RSS ONE PIECE 京都麦わら道中記 〜もうひとつのワノ国〜

<<   作成日時 : 2017/10/07 22:58   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

10月7日から22日までの16日間、京都市内で開催中の「ONE PIECE 20th×KYOTO 京都麦わら道中記〜もうひとつのワノ国〜」に行ってきました。
画像


ワノ国に向かったはずの「麦わらの一味」だったが、うっかり上陸したのは、ワノ国そっくり?な歴史都市「京都」だった…。


そんなうっかりエピソードからはじまる今回の冒険はワンピース20周年記念イベントの目玉として京都を舞台にした超BIGなコラボ企画が実現!!うっかり?京都の街にに迷いこんだ麦わら達の情報を聞きつけた海軍元帥サカズキは、京都市役所内に手配書課を作り市民に一味捜索を要請?なんか面白そうなイベントだったので3連休を利用して京都に来ちゃいました。

京都の市中に散らばった麦わらの一味を探索しながら、京都の名所を巡り歴史や文化を感じることができる体験型観光イベントで「ONE PIECE ART NUE 大覚寺『魔獣と姫と誓いの花」展」を含む10の企画を展開。それぞれメンバーの居る場所いはスタンプ台が置かれ台紙片手に各チェックポイントを巡るスタンプラリーの要素も加わっていて、なかなか良く考えられているなって思いました。スタンプのある箇所は大覚寺を除く8箇所で市内とは言ってもそれなりに移動距離もあり、また神社などが中心なため17時までの所が多く時間制限もあるので1日に周ろうとするならよほど効率良く回らないとコンプリート出来ない可能性もある。僕の場合は今回の旅は2泊3日で3日間京都に居る予定ですが、1日目はワンピース、2日目は世界遺産巡り、3日目は国宝展!と過密日程を組んでしまった関係上、このイベントに参加できるのは今日1日だけなので色々と策を練って以下のような順路で巡ってみることにしました。ポイントは開始時間が10時以降のものと、1つの駅周辺で複数周れるポイントがあり、また限定商品は数に限りがあるので早めに行かないと売り切れてしまう事もありこの最初のプランニングをどうするかによって最後に泣くか笑うかが決まってくるのだ。…とまぁ、前置きはこれくらいにして時間もないので早速スタート。


#1. 京都駅ビル×ルフィ 船長ルフィ、京都巨大停留所“京都駅”で発見か
今回は前日の夜に車で移動してきているので朝一番でスタート出来るというのもポイントかも。たぶん、この時間帯から気合入れて始めないと1日で巡るのは相当ハードになると思われます。スタート地点に選んだのは京都駅で展示が朝7時からスタートしてるというのが一番のポイントで他の場所は早くても8:30ですからね。京都駅には7:30頃着いたのですが、展示場所が分からずウロウロしてる間に刻々と時間は過ぎ…早く来た意味ないじゃん!と思いつつ駅の外側に出てみたら京都駅の外壁に展示情報に記載されていなかったルフィの超巨大パネル発見!無駄にウロウロしてた訳じゃないんです。(偶然だけど)
画像

画像

そして展示のある京都駅2階の西口改札正面「時の灯」に到着。そこにあったのは巨大単行本オブジェとルフィの等身大フィギュア。週末の朝8時という事でそれほど人も多くなくていい感じで全体像を撮影出来た。
画像

その裏側にはスタンプが置いてありスタンプラリー用の台紙も大量い置かれていた。スタンプの1つ目ゲット!この調子で次々とクリアして行こう!
画像

画像




#2. 壬生寺×ゾロ 世界一の剣豪を目指す男は、京都の剣豪集団“新撰組”縁の地へ
続いては剣士ゾロの居る壬生寺へ。京都駅から駅1つだから歩いても行けるのかな?と思いつつもJRで一駅だけ移動したら電車に乗ってる時間が思いのほか長く歩かないで良かった…とホっとする。が、そこから歩いても結構あるいた気が。バスと併用するのがベストなんだるけど待ちくらいなら歩きたい派なので無駄に疲れちゃうんだよね。99時頃壬生寺に着いたもののワンピースのイベントやってる気配はどこにもないくらいの通常業務?な厳かな雰囲気。あれ?と思いつつようやく歴史資料室といのを発見し中に入るとちゃんとスタンプ台ありました。2つ目ゲット!
画像

ここにはゾロの書いた絵馬があると聞いてきたのですが、それを見るためには200円の拝観料を払って奥へ進まないとみれないとかだったので200円ならいっか…と奥へ進む。ここは新撰組ゆかりの寺院という事でそれらに関するいろんなものが置かれているのですが絵馬のある場所へ行くと新撰組のハッピ型の絵馬がたくさん。その手前に巨大な絵馬があり「世界一の大剣豪になる」というゾロの野望が荒々しい文字で刻まれていた。小島よしおさんが一足先に来てたみたいよ?
画像

画像

画像




#3. 二条城×ロビン&フランキー 大政奉還150年、ロビンとフランキーは二条城で歴史探訪
続いては大政奉還150年を迎える世界遺産「二条城」へ。ここでは最先端テクノロジー「AR」技術を使って御殿内をロビンと一緒に探索できる「ロビン&フランキー 二条城歴史ARツアー」が体験出来ると聞いて楽しみにして来たのだが、入口に着いた時点で今日の体験分の定員は全て終了と。朝9時からその受付があったようでここらを先にしておくべきだったのかも…残念。でもスタンプはしっかりゲット!
画像

そして世界遺産も十分に堪能してきました。二条城来るのはじめてで今回凄く楽しみしてて、特に唐門は今年修復を終えたばかりで色鮮やかな色彩と金をふんだんに使った豪華さには目を奪われました。二の丸御殿も素敵だったけどほぼ撮影不可なので写真はなし。しっかりと眼に焼き付けてきました。
画像

画像

画像




#4. 京都国際マンガミュージアム×ウソップ 稀代のうそつきが、今、京都に新たな伝説(うそ)を刻む
二条城から徒歩で移動。この一帯には複数のポイントがあるのでまとめてスタンプゲットだぜ!と意気込んでいったけど、お金はらって京都国際マンガミュージアムに入らないとスタンプも押せないらしい。あまり時間に余裕がないのと800円…もちろんそれだけのためではないのだけどちょっと高いなと思い断念。だって中に入ったら他にも色々と観たくなるでしょ?マンガミュージアムって響きだけで惹かれれのに。ウソップの自伝マンガがあるようだけど…
画像




#5. 京都市営地下鉄東西線×ナミ お金に目がない航海士ナミ、ビジネスの波も乗り越えられるのか
今回のイベントで唯一?実態のない場所での展示で地下鉄東西線のビジネスアドバイザーに就任したというナミ。ナミが監修するオリジナル広告やマナーポスターなどの掲出があるとか。どんなものかな?と烏丸御池駅の構内をウロウロしてたら改札内にスタンプ台とパネルあり。あと構内アナウンスでナミの声が?色々とやってるようで手堅く稼いでる様子、さすがナミ。
画像

画像

画像




#6. 聖護院八ッ橋総本店 & nikiniki × チョッパー 京都ゆかりの食べ物を訪ねて、「やつはし大好きチョッパー誕生」
創業320年以上の歴史を持つ「聖護院八ッ橋総本店」とのコラボ商品が発売されると聞き、お土産にそして記念になるなと思い是非とも手に入れておかねば…と。完売必至とあって早めに行くべきかとは思ったんだけどまぁダメならダメで諦めるしか…と不安もありつつお店に到着。あった!でも残り少量で今日の販売分は今店頭に並んで限りと言われギリギリでしたが八ッ橋ゲット!その直後に完売の報が。そしてスタンプもゲット。ちなみに隣の店もコラボしてるようでここでは生八ッ橋を使った麦わら一味がガラスケースに展示(非売品)。これ欲しい!と女子が訴えてました。
画像

画像

画像




#7. 二軒茶屋×サンジ 船上コックサンジ、八坂神社の参道脇で京料理に挑戦
八坂神社の敷地内にある創業480年の老舗「二軒茶屋」ではサンジが腕を振るう、オリジナルの料理が楽しめるとか。でもちょうどお昼時だしどうせ大行列で店入るのに何時間も待つでしょ…と最初から諦めムードでしたが行ってみたらその通りで一部メニューは既に売切れとか。まぁ、スタンプだけでも押せれば…と来てみたんだけど、八坂神社の色あいが素敵で来て良かったなと。そしてお店に前にはパネルとマドモアゼル専用シート?が設置。
画像

画像




#8. 京都市役所に『京都市役所 手配書課』出現
京都市役所内には「海軍元帥サカズキ」からの協力要請を受け、麦わらの一味を捜索する拠点「京都市役所手配書課」を設置されていrとか。行ってみると海軍マーク入りの封筒を手渡され、その中には一味の手配書が。全員分入ってるんだね。なかなか太っ腹企画だと思います。
画像




#9. 車折神社×ブルック 芸の道に終わりはない、ソウルキング、芸能神社でヒット祈願
京都市内からはちょっと離れた所にある車折神社ではロックスター"ソウルキング"こと、音楽家ブルックが来ているとか。ここは芸能・芸術の守護神が宿る場所で多くの有名人がお参りに来ているそうです。そしてここではソウルキングの魂が宿るオリジナルお守りを購入できるといのも嬉しいポイント。ひむヒムロックの隣りに「麦わらの一味 ブルック」の名が連ねてあるの素敵過ぎ!お守りもギリギリで買えてこの直後に完売したとか。
画像

画像

画像

画像




#10. 大覚寺「ONE PIECE ART NUE 大覚寺『魔獣と姫と誓いの花』展
大覚寺の境内全体を回遊することで、ONE PIECEの完全新作サイドストーリー「ワノ国 特別編」を楽しむことができるアート展で尾田栄一郎氏が本展のために描きおろしたキャラクターたちが活躍する新作を楽しむ事が出来るとあって今回のイベントの軸になる展示。先ほどの車折神社と同様に中心地からは離れた場所にあるのでこの2つをスケジュールのどこに組み込むかもポイントですかね。一番最後にして時間が足りなくなるという不安もありましたが、途中に組み込んでまた京都に戻るというのはちょっと難しいので最初か最後かな。駅からも距離がありバスを利用するのが最短ルートですがレンタルサイクルが駅周辺に沢山あってそれも利用するのもありかと。ちなみに歩くと結構かかります(歩く派)。
画像

境内に一歩足を踏み入れるとそこにはボードが。これが全ての始まり?悪魔の実ですかね…新作ワクワクする。
画像

こんな感じで通路だったり部屋の中だったりと様々な場所にこのようなボードが展示されている。
画像

身近でみると凄い迫力です。どこにも撮影禁止という事は書いてなかったし、そこらじゅうでスタッフが監視してるけど特に注意されている人は居ない所か「一方通行なので戻れませんので撮り漏れのないように…」と言っていたので全部撮影していんですね!こうゆう展示の類って撮影不可が多いけど有難いですね。
画像

画像


上のような巨大なものもあれば巻物のように細長いものもある。よく見るとちゃんとサニー号も居るんです。ボードには順番がついていて廊下を順路に沿って進んで行くと漫画の1コマずつが紙芝居にように読めるイメージ。じっくり読んじゃうよね。
画像

画像

そのスタイルには全く決まりがないかの如く、ストーリー展開によっては突然屏風画が登場する事もある。先が読めない分かなりワクワクします。
画像

字だけもあるよ?鵺がいたみたい!どこ?
画像

そして庭先を見つめるとそこに奴が…これは凄い!色付きの石を並べて作成した田んぼアートならぬ…ヤバいね。もっと上から見下ろれば更に楽しめる気がするのでオプションでヘリツアーを追加するのはいかがでしょう?
画像

画像

いいものを見せてもらいました。京都まで来て良かったな。
画像


ただ一つ残念なのはやっぱこれかな…やっぱりウソップも欲しいから明日行ってみようかな?
画像


p.s. 画像貼り過ぎて重かったらごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ONE PIECE 京都麦わら道中記 〜もうひとつのワノ国〜 スーパー自由人3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる