スーパー自由人3

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 福岡の旅(3) 「宗像大社」と「めんたい重」

<<   作成日時 : 2017/07/16 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福岡の旅2日目、続いては『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』として先週世界遺産登録されたばかりの場所の中から「宗像大社辺津宮」へ行ってきました。

先週、国内21件目として新たに世界遺産登録となった『「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群』。その吉報が届けられたのが9日夕方で翌日には新聞やニュースでも大きく取り上げられましたが、偶然か必然かこのタイミングで福岡行きが決まっていた僕としてやはりここは攻めておかないと!実は旅好きの僕は国内の世界遺産はほぼ制覇していて、まだ行けてない場所もあるにはあるのですがこれも何かの縁?って事でせっかく福岡行くのだからと観光プランに追加してみようかなと。

とは言っても今回の登録場所はかなり特殊な場所で特に「沖ノ島」は神宿る島と言われるくらい神聖な場所で基本的に一般人の立ち入りは許可されておらず、年に一度だけ申請して特別に許可された人だけが上陸出来るという日があったのですが、それも今回の世界遺産登録を機に廃止となりもはや行く術はないの現状で、その他の島々も船じゃないと行けない場所なので綿密に計画を立てていかないと気軽に行ける場所ではないのだ。そんな状況なのでもうちょと先延ばしにいようかとも思ってたのですが、陸続きで唯一行ける場所が2つだけ。今回のその一方の「宗像大社辺津宮」に行ってみる事に。ただこちらもアクセス面ではちょっと大変なんですけどね。


小倉駅からJRで東郷駅まで移動。そこまでは特に問題ないのですが、東郷駅から「宗像大社辺津宮」へは距離にして5kmほどあり徒歩での移動はちょっと厳しいかなと。駅前から路線バスが出ているものの本数は休日で1時間に1本程度とかなり少ない。時間があえばバスなら10分程度なので圧倒的に早いがタイミングが悪くバスが出た直後な場合は1時間待ちぼうけ?バスの時刻表とか知る訳もないし、今回がまさにそのパターン。どうする?歩けない距離ではないだけど問題はこの暑さで炎天下で1時間近く歩き続けたら死ぬよね?きっと…

と最初は思ったが結局炎天下のバス停前で1時間待ってても死ぬかも?と思いどうせ死ぬなら前へ進もう!(何か変だな)と思い僕は歩き始めました。まぁ、とにかく周りは何もなくて大自然に囲まれた開放的な景色が延々と続いている。道幅が広いのと歩道がちゃんとあるので(場所により片側しかない場所も)車の事はあまり気にせず歩ける上に、遮るものがないので風が吹き抜けていくので意外と快適でしかも開放感抜群と最初のうちは思ってたけど、段々暑さが増してきた?こまめに水分補給を取りながら俺、何と戦ってるんだ?と思いつつ歩き続ける。
画像

もうダメかも…と心が折れそうになった目的地まであと1キロという場所で遠くに見える「ソフトクリーム」の文字。神様はちゃんと居るんだな…努力はきっと報われる!頑張った人にはご褒美を…と心の声が聞こえてきた気がした。ソフトクリーム屋ではなく実は何でも扱う小さなスーパーだったのですが、そこにソフトクリームがある事自体奇跡としか思えない!
画像

そしてソフトクリームをパクリ。何の変哲もない普通のソフトクリームなんですけど、生き返った…僕はこの日のソフトクリームの味を一生忘れない気がする。なんて大袈裟ですけど、とにかく神様に救われました。
画像



そして無事に宗像大社に到着。世界遺産登録後の最初の週末とあってさぞかし盛大にお祝いムード漂っているかと思いきやノボリや看板などの類は一切なく、ちょっと混雑してる普通の日曜日?な雰囲気。まだ準備中って感じなのか?これからどっと人が押し寄せるのかな…きっとそうだ。
画像

なので、それほど人も多くなく割とゆっくり観られそうな感じ。敷地内に入ると両側に大きな池があり緑に込まれた静かな日本庭園のような雰囲気で心が落ち着く。あんまり人が多くなるとこの感じは味わえなくなるのかな…。そのまま中央の石橋を渡り本殿へ向かう。なんか入口から素敵な雰囲気。とても歴史のある神社なので木のやれ具合だとか屋根の色味とか凄くいい感じ。
画像

画像


その先には拝殿と本殿が。どちらも国の重要文化財として指定されておりさすがの風格。ここもまた雰囲気がね…何百年も維持するの大変だと思うけどちゃんとこうやって後世に繋いで歴史が受け継がれているんだよね。せっかくなのでちゃんとお参りしてきました。こちらは交通安全の神様で日本ではじめて交通安全のお守りを作ったとしても有名な場所でその御利益たるや…車旅も多いので念入りにお願いしておきました。
画像

画像

お参りする時は拝殿のずっと奥に本殿があり全然見えないのですが、横とか裏とか周ってみれば建物様子は何となく分かるし朱色の建物ってやっぱ存在感が違うというか個々のパーツの造りなんかを見てもホントカッコいいなと。かなり控えめな感じにはなってますけど。
画像


その拝殿+本殿を取り囲むように末社と呼ばれる小さな社殿が22個。他の神社なんかでもあまり見ない光景でちょっとびっくりしだけど、それぞれの社殿にはいくつかの神社の名前が刻まれており小さな賽銭箱もある。説明ボードに書いてあるのじっくり読んでもイマイチピンと来てないけど。こうゆうのもあるんだね。
画像

画像



高宮参道」と書かれた先にも何かあるのかな?と思って軽い気持ちで先へ進んでみる。ここから先は森の中って感じで延々と森林の中を歩いていくのだけど、途中に長い長い石段があり今日ずっと歩きぱなしてで足腰ガタガタなのに更に上に…
画像

と、その先にあったのがこちらの「高宮祭場」。一見何もないようにみえますが、沖ノ島と並び宗像大社境内で最も神聖な場所の一つという事です。社殿が建立される以前の神社祭祀を継承する祈りの空間なんだとか。
画像

最後に宗像大社のお守りステッカーを購入してこの場を去ります。
画像

かなり直前に観光プランに組み込んだ為に事前調査が追い付かずな感じは多々ありましたが、世界遺産云々は別にしてもとても神聖で素敵な場所でした。ここに来るまでには色々あったけど今回ここに来ることが出来て良かったなと思いました。帰りはもちろんバスで東郷駅まで。到着した時に帰りのバスの時間をチェックしておいたので完璧です。バスって快適だな…そんな事をしみじみと思った旅でした。


さぁ、ホテルに帰るか…と思ったんだけど、その前にちょっと晩御飯を食べてくかなと思い天神へ。実はちょっと行ってみたいお店がありまして。

天神からお店まで地図を見ながら歩いている途中にパルコがあって、5Fでミニオン祭りやってるというのを偶然目にしてこれは寄らずにはおけない!と思い行ってみたら…「ミニオン大脱走CAFE」が。これ池袋にもオープンしてて連日大盛況との噂を聞き是非行ってみたいと思ってたんですよね。ミニオン達をモチーフしたメニューが沢山あってっこでしか買えないグッズなんかも沢山あって。なるほどこんな感じなのか…と店内をジロジロと嘗め回す。晩御飯ここでもいいかな?と思ったら行列出来てて2時間待ちとか。でも池袋なんて朝整理券配って中に入れるのが6時間先とかいうレベルなのでそれに比べたらマシな方か…。
画像

画像



で当初の目的通りこちらのお店に。「元祖博多めんたい重」というお店で明太子を主役に据えた明太子料理専門店なのだ。ありそうでなかったこんな店、せっかく博多に居るんだから明太子は外せないよね。って事で来ちゃいました。
画像

画像

店内に入ると席につく前にまずはレジでたれの辛さを選択。「基本」「小旨辛」「中旨辛」「大旨辛」と辛さのレベルを4種類から選べるのだが初めての店だし良く分からないので店員さんに聞いてみたら小旨辛はちょい辛で中旨辛はピリ辛と言われあまり辛い料理は得意ではないので無難に「小旨辛」を選択。
画像

明太子の本数とご飯の量を組み合わせて注文でき、その他にもトッピング追加やサイドメニューも多数ある。どうせなら明太子づくしで…と思い明太子のお吸い物「めんたい吸い」とお重がセットになった「飯吸セット」を注文しようと思ったら「お吸い物が売切れで…」と言われてしまい仕方なく単品で注文。飲みたかったな…

でこちらの宝石箱?が「めんたい重」。なるほど…こんな感じなのね。たれは小さな小鉢に。
画像

そしてオープン!まさに明太子が主役。ご飯の上には刻み海苔。そして自家製の明太子はたれに付け込んだ昆布に巻かれた状態でオン。明太子一本で1,680円とかかなり強気な値段設定のような気もしますがそれだけ味に自信があるという事でしょうね。まずはたれを付けずにそのまま食べる。美味いと分かっていてもご飯と明太子という史上最強のツートップに美味い以外の言葉はなく、明太子大好きなのでもうこれだけで十分。なんだけど、せっかくなのでたれをプラスしてもう一口。確かに味に変化が…このちょい辛感がちょうどいい。そして心地良い。この程度ならもう1ランク上でも行けそうな気もするけど難しいところだな。
画像


大好きなお城と世界遺産を一度に観てシメに大好きな明太子とかとても充実した一日だった。だいぶ福岡生活にも慣れてきたのに明日には帰らなきゃいけのは寂しいな。

あぁ、そう言えばミニオン達また逃げたらしいよ?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年 福岡の旅(3) 「宗像大社」と「めんたい重」 スーパー自由人3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる