スーパー自由人3

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅先で荷物を守る!こんなの作ってみました。

<<   作成日時 : 2017/07/09 22:34   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日本ではあまり必要ないのかも知れないけど、海外旅行に行くバックパッカーなんかには重宝しそうな旅先での荷物を守る最強アイテムを自作してみました。
画像

因みに↑ではありません。あくまでもトップ画用のイメージ的な?


今年は春先から旅行続きで毎月のようにどこかの街を旅しているのですが、車旅じゃないと常に大きな荷物を持ち歩かなければならなかったり色々と面倒。連泊ならホテルに預けてというのもありだがいくら日本は安全とは言ってもそれなりにセキュリティー対策は必要な訳で以前から作ってみたいとは思ってたんですよこれ。実は来月久しぶりに北海道のオールナイトで行われる夏フェス(分かる人には分かる)に行く事になりその時には必要になるかなと思い重い腰上げたというか実践してみる決意を。

まぁ、最近モノ造りしてなかった事もあり何か作りたいなぁーとは思ってたんだけどね。という事で今回のテーマはステンレスワイヤーを連ねて網状にしたもの(文字で説明すると難しいので完成品を見ていただければ…)を制作してみたいなと。以前ネットでこんな感じの奴みた事あったんだけど一番小さなサイズの物でも1万円くらいと値段も高いし現物を見れないと何とも手を出し難く、それなら自分で作ってみたら安くあがんじゃね?というもながらの安易な考えの元、とにかく試しに作ってみっか!とホームセンターで材料を買ってきた。


材料その1:ステンレスワイヤー。
細いステンレスの針金を縄のように編んで強度を増したステンレスワイヤー。細さも長さも幾つかの種類があり、セキュリティ重視ならより太い物がいいのだとは思うけど扱い易さ、重量、値段なども考慮してお試しなので細いのでいいかなと(最初からワイヤーカッターとか持ってる人とかに狙われた時点で多少太くても無意味だし)。なので扱い易い1mm幅の物をチョイス。1mm幅なら10m買っても千円弱と値段もお手頃だし。
画像


材料その2:ワイヤー連結用金具。
2本のワイヤーを繋ぐ、あるいは1本のワイヤーの先端を輪っかにする時などに使用する金具でワイヤーの太さによって数種類あり。1個15円程度と単価は安いけどいったいどれくらいあれば足りるのか見当もつかないので、とりあえず100個ぐらいあれば足りるかな…と思って100個セットの物を1つ購入。100個で1500円と沢山買うと意外と高くつく?これで足りればいいのだが…
画像


材料はたったこれだけ。まぁ、他にワイヤーを切断したり、連結金具をホめたりする用に工具が必要になるのですが、専用工具があれば作業効率も上がるけどお値段もそれなりなので家にあるニッパーとかプライヤーでも何とかなる!(ハズ)


早速作業開始。まずは先端部の処理からでワイヤーに金具を通して折り返して再び金具を通せばこんな感じになるので金具をウォーターポンププライヤーでホめたら完成。まぁ、このぐらいはちょろい…がこの作業を繰り返していっぱい作る。1本を1mで作ったので合計10本。
画像

お次はそれをひたすら連結させて行く作業。あまり金具の位置を広くとり過ぎると編目が大きなってセキュリティ面でも不安があるので5cm毎に金具を入れてホめる。最初のうちは楽しかったけどひたすら地味な作業の繰り返しで内職?的な辛い作業になってくる。何本か繋いだらちょっと開いて網目チェック!うん、これくらいで良さげ。
画像

画像

没頭すること何時間?10m分作ってそれなりにいい感じになってきたが広げてみると幅が足りない気が…。仕方ないのでもう10mワイヤーを追加購入(金具も)して作業継続。ここまでで材料費5千円ぐらいかかってる…やっぱそれなりの金額がかかるのだと納得。でも既製品買うより自分で作れば自由度も高いし何より作る喜びとか達成感とか愛着とかね。
画像

画像

で、合計20mのワイヤーをひたすら切って繋げてという作業を繰り返した結果ようやく完成。だいぶ網っ!て感じになってきていい感じ。たぶんこれくらいの幅があれば大丈夫なハズ。遠目で見る分には綺麗に出来ていると思う。
画像

画像


持ち運びする時はこうやって束ねておけば嵩張らないしそれほど重いって感じでもないので旅行の荷物に追加したとしてもそれほど負担にはならないハズ。
画像



-実戦編-
それでは実際に荷物に巻いて試してみる。こちらは愛用品の完全防水バックでアウトドアでは非常に重宝するし文字通り完全防水なので雨が降ろうと中の荷物には全く影響する事なく中身を守ってくれるというフェスでも必需品。これに今回作成したワイヤーネットを被せると…おおっ、いい感じ!
画像画像


網の幅もちょうどいいし、何より守られてる感が前面に出ててこれなら手を出そうとは思わないくらいの鉄壁感がある。ワイヤーは荷物の大きさに合わせて引っ張れば広がるし上下と前の3面をしっかりガード。これは見た目にもインパクトあるし、しかもカッコいい!自作したにしては上出来なのでは…(自画自賛?)
画像


本当は袋状にした方がより高いセキュリティ効果があるんだけどそれだと完成品が折り畳めず大きくなってしまうのと、荷物の大きさや形状に制限が出てしまうので使い勝手を考えネットはあくまでも平面に。後ろ側はネットを繋ぐ用のワイヤーを別に用意しそれを背面で繋げる事で背面もネット状にしようかなと考えた。こうゆうスタイルにしたもう一つの理由は例えばバックパックの場合は背負う部分を避けてネットを張ればこの状態のまま背負えるしこのバックだってこのままショルダーバッグとして使用可。
画像


後はワイヤー同士をこの鍵でロックしておけば完璧。近くに柱のようなものがあればそれにワイヤー通せば荷物自体を持ち逃げされることもないし、ここまでやって置けば例え海外のホテルに泊まったとしても安心感が。ちなみに南京錠は軽くて腐食にも強いチタン製でしかも安心のドイツ製なのだ(ここでようやく登場!)。
画像



他の荷物でも試してみた。
2泊程度の小規模旅行の時は良く使ってるバックパック(左)、と登山用に購入して大荷物もしっかり入る丈夫なミレーのバックパックにもしっかり対応。狙い通り!普段使うのはこの程度の大きさのものなのでこれらにバッチリ対応出来れば後はどんな形状でも対応出来るのではないかと。
画像画像



尚、荷物の他にも…1/2スケールのBB-8もこのように守れるので旅先でも安心(これだけ見ると敵に捕獲されているように見えて痛々しいけど…映画の中でもこんな光景見た記憶が)だね。
画像


材料費が思ってたよりはかかってしまったし制作時間や手間暇を考えると完成品を買うという選択肢もありかなとは思うけど、やっぱりこうやって色々考えながらモノづくりするの楽しいし多少失敗してもそれも味となって逆に愛着沸くしチャレンジしてみて良かったかなと。今回制作したこのワイヤーネットが旅先で活躍しない事を願うけど、もしもの時の備えはしておくべかと。自分の身は自分で守らないとね。


次は何作ろうかな…

その前に来月の北海道旅行楽しみ過ぎる!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
旅先で荷物を守る!こんなの作ってみました。 スーパー自由人3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる