スーパー自由人3

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017年 福岡の旅(4) 「香椎宮」と「御島神社」

<<   作成日時 : 2017/07/17 15:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

福岡の旅もいよいよ最終日。今日の午後には帰るので時間制限もあるしプチ観光程度しか出来ないけど、最後まで目一杯楽しんで行こう!本日はまったりと神社巡りですかね。

という事でホテルを朝8:00にチェックアウトして博多からJRで香椎神宮駅へ。博多生活3日目ともなると移動に使う交通機関にもだいぶ慣れてきたし訳ですっかり博多人?関東と同様にJRや地下鉄、路線バスでSuicaが使えるといのはホント快適でもういつでも博多転勤の話が来ても大丈夫なような気がします。博多からだと15分くらいなのであっという間なんだけど、かなり旧型の車両を使っていて車内は扇風機全開で田舎のローカル線の雰囲気を味わいつつもうちょっと乗っても良かったかも…とやや後ろ髪ひかれつつ下車。

駅からは徒歩ですぐなんだけど今日も朝から陽射しが強く少し歩いただけで汗がダラダラと…この限界を超えた暑ささえなければのんびり観光って感じなんだけどね。休日出掛けると晴れ過ぎちゃうのが晴れ男の悲しい宿命?まぁ、雨に降られるよりはいいか。って事で本日の目的地「香椎宮」の入口に到着。鶏石神社って何だろ…ちょっと気になるワード。
画像


「香椎宮」とは?
祭神は、仲哀天皇、神功皇后、応神天皇、住吉大神。3世紀ごろ、仲哀天皇は国の内外を平定されるため、神功皇后と共にこの地に橿日宮を営まれました。当宮はの地で没した仲哀天皇の霊を神功皇后が祭られたのが起源とされており古くは「香椎廟」と称され朝廷や人々の崇敬を受けてきました。また、享和元年(1802年)‎に再建された本殿は「香椎造」と呼ばれ、その優れた建築様式は国の重要文化財に指定されています。


さて、予習も済んだ事だし早速中へ。


石段を登り橋を渡ると最初に見えてくる立派な門が「楼門」。総檜造りで歴史を感じる重厚感のある門は堂々としてとてもカッコいい。若干前の木が邪魔で全体像が見えないのが残念な所ではあるけどね。
画像

門を潜る際にも目を皿のようにしてじっくり見ちゃうし門越しに見えるその先の景色も凄く素敵。
画像

裏側に来ると邪魔な木などがないので門の造りをじっくり鑑賞出来る。焼失したものを明治時代に再建されたらしいがそれでも歴史の重みを十分感じる。"総檜造り"という温泉好きも反応しちゃうくらいの素敵な響きもさることながらとにかく細部の造りが素敵。なんかこのままこの門見てるだけで一日過ごすのもいいかも…なんて思えてくる。
画像

画像


楼門の先に現れる巨大な杉はこの神社の御神木で「綾杉」。
札には紀元八六〇年(西暦200)に神功皇后様が「とこしへに本朝を鎮め護るべし」と祈りこめられてお植えになった杉と書かれているがとにかくその大きさに圧倒されるし想像もつかないくらい昔からこの場所にあるらしい。「古今和歌集」をはじめ多くの和歌にも登場する有名な綾杉さん。御神木の前にお賽銭箱があって、これはあやからないと…と思いしっかりお願いしてきました。
画像



その御神木「綾杉」の後ろには「稲荷神社」と「鶏石神社」という連なる2つの神社が。
画像

入口の鳥居にとこに書いてあった看板はこれか。
「鶏石神社」は全国でも珍しい鶏をお祀りしている神社。その鳴き声は神様の出現を知らせる特別なものと云われてるそうで、鶏が卵を生み、その卵が孵化するように形のない所から物事が成就する修理個成の御神徳があるとされるとか。また、鶏は夜に鳴かないので子供の夜泣きもご利益があるとされているそうです。今年は酉年で偶然にも年男なのでここでもしっかりお参り。
画像

普通の神社のように狛犬ではなく、「稲荷神社」の前には、「鶏石神社」の前にはが居るのもちょっと面白い構図。
画像画像


なんか他にも居そうだな…と思ってウロウロしてたら鷹?も居た。この神社面白いな
画像



寄り道癖がついてるのでいつもメインのアイテムになかなか辿り着かないんだけどそろそろ本殿に。
画像

中門を潜ると朱色が美しい長い長い拝殿。
画像

とても立派な拝殿でとにかくデザインや色使いがカッコ良くて芸術品のようなモダンな造り。こうゆうの見てるのホント好き!
画像画像

画像


その奥にあるのが本殿で、昨日行った宗像大社とは真逆な感じで本殿は朱色じゃないし割と地味な印象ですが、こちらの建物が「香椎造り」と言われ日本ではここだけにしかない建築様式で建てられたもので国の重要文化財なのです。周りは囲まれているため気軽に近づけないので良く見えないんですけどね。
画像

画像


帰り際に休憩所に寄ったら「綾杉せんべい」というのを売っていたので買ってみた。食べてみた。
画像



予定より大幅にまったりしてしまった為に急いで次の場所へ。
ここからは「香椎宮参道」をひたすら歩いて行ける場所なのですが、とにかく暑くてちょっとバテ気味?参道には木々が沢山あって日陰の道も多いのだけどそこから先はひたすらアスファルトと強烈な陽射し!

炎天下を2kmぐらいかな?歩いてようやく「御島神社」到着した頃には10時をゆうに超えていた。飛行機の時間もあるので11時には博多に帰らないと…と思ってたので結構ギリギリ。何でここに来たかったと言うと…今日が「海の日」だから。こちらの神社は神功皇后にゆかりのある神社で神託を受けに渡ったとされ海の神として知られているそうな。さすが海の神?ご覧のように海の中にあるのでこれ以上近づく事は出来ないんですけどね。
画像

ちょっとだけ見てみたかったというか…
画像



さぁ、帰るか!

帰りも炎天下を歩きながら駅まで戻り、食事をしてから博多から福岡空港へ。ひたすら炎天下を歩いていた印象しかない今回の旅でしたが結構楽しかった。博多にはまた来たいけど次来るなら夏以外がいいな…もつ鍋とか食べたいし。

て事で羽田へ出発!今回は窓際席だったので離陸時の空撮も楽しめた。雲が綺麗だったのとわたがしみたいで美味しそうだったな。
画像

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017年 福岡の旅(4) 「香椎宮」と「御島神社」 スーパー自由人3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる