スーパー自由人3

アクセスカウンタ

zoom RSS スキマスイッチ TOUR 2017 "re:Action" at Zepp DiverCity

<<   作成日時 : 2017/06/20 23:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

6月20日にZepp DiverCityで行われた「スキマスイッチ TOUR 2017 "re:Action"」に行ってきました。
画像


ちょっと久しぶり?となったスキマさんのライブ。前回観たライブが昨年の夏フェスだったので約1年ぶりで、ワンマンともなると更に遡って2015年6月なので2年ぶりという事になりますか。まぁ、最近オリジナルアルバム出してないしツアーもなかったので仕方ないんだけど。で、今回のツアーは今年2月にリリースした「re:Action」を携えてのライブで、このアルバムはスキマスイッチが生み出した名曲たちを12組のプロデューサーを迎えてそれぞれの感性でリアレンジしたリプロデュースアルバム。やっぱりオリジナルがいいなぁ…と思う曲もあれば、そう来たかぁーと関心させられる斬新なアレンジの曲もあり捉え方は人それぞれだと思うが結構楽しませて貰った。そんなアルバムを携えてのツアーはどんな感じになるのか?ゲストいっぱい読んでワイワイ的な?と思ってたら今回はなんと対バン形式。アルバムをプロデュースしてくれたアーティストと日ごとに対バンを行なうという珍しいスタイルでスキマスイッチとしても対バンってはじめてじゃない?

これはちょっと興味あるので行ってみたい!と思ったのだけど、日程が平日中心なので行ける場所も限られる。でもせめて一箇所ぐらいは行きたいし!と思って今日のZepp DiverCityを選んだ。職場から割と近いのと開演時間が19時なのでここなら頑張れば行けるかなと。それとその日の対バンが澤野弘之さんという事も理由の一つ。今回のアルバムを聴いて一番インパクトがあったのが澤野さんプロデュースの「Ah Yeah!!」で元曲が持つ爽快で疾走感のあるイメージを見事に打ち崩しダークで重厚感のあるサウンドに仕上げたグルーヴ感?スキマスイッチの二人にはない感性だし、こうゆうアプローチはなかなか面白いなと思った。そして、これ生音だとどんな感じなんだろ?ステージを観てみたいなと思いまして。


18:40 会場到着。既にガンダムは撤去され腰下の骨組みだけ残ってた。
画像

既に開場時間過ぎてるので急いで中へ。記念撮影用のこんなパネルもありました。
画像

スタンディングゾーンはギュウギュウ詰めでこの時間に来たら間違いなく一番後ろなのだが、今日は2階席なので大丈夫。ライブハウスの2階席で業界関係者風に観るの一度やってみたかったんだけど念願の瞬間が遂にやって来た。もし開演時間に間に合わなくても2階席なら周りにあまり迷惑かける事もないだろうという保険の意味もあったんだけどね。2階席涼しいし圧迫感ないから快適なのだ。


19:00 開演。
最初にモニターに映像が。12組のアーティストと作ったアルバムのレコーディング風景かな?色んな映像流れてくる。そして場面は変わって楽屋かな?スキマスイッチと澤野弘之が現れキャンバスを前に「こんばんはー」といってトークが始まる。今からこのキャンバスに澤野さんが何かを書くらしい。でもって書き終えた後にステージに向かう澤野さん。そしてスキマさんがキャンバスをこちらに見せると、そこには…「re:Action」と達筆で書かれていて、その頃には澤野はステージへ。はじまる!


19:05 澤野弘之
ステージには澤野さんの他にもバンドメンバーが沢山。そして女性Vo.さんが立っていて完全なるバンドスタイル。実は全然聴いたことなくてどんな音楽なのか興味津々っつ感じだったのですが、女性Vo.さん途中で変わったりツインボーカルになったりと様々なバリエーションが。重厚感のある澤野さんらしいサウンドが何曲も演奏され、あ、またVo変わった!と思ったら何か聴いた事あるイントロだしこの声…Aimerさんだった!まさか登場すると思ってなかったのでびっくりしたけど、言われてみれば澤野さんの曲結構歌ってたんだよね。「StarRingChild」「ninelie」「s-AVE」と3曲も歌ってくれた!嬉しかったな。そして、ここにAimerさんが居るって事はもしかしてスキマとなコラボも?めっちゃ楽しみになってきた。


澤野さんのステージが終わるとセットチェンジ。その時間も飽きさせないように先程のレコーディング風景の続きが流れたり、それが終わると袖から漫才師ばりに「どぉもー」と言ってスキマスイッチが入ってきて澤野さんを呼びこむ。しばらくアルバムの話なんかをしてお互いの緊張?を解きほぐしたら「やりますか!」と言って、澤野弘之プロデュースの「Ah Yeah!!」を3人で。CDも良かったけど生音の迫力やっぱ凄いなぁ…と浸りきってた。2階席とか誰も立たないし体動かしたくてウズウズしてたのに周りは息を呑むようにじっくり聴いてるし重苦し雰囲気の中聴いておりました。


それが終わると再びセットチェンジ。ステージにはスタッフが沢山出できてアタフタしてる中、スキマの二人は邪魔にならないように端の方まで行き、そこからいつもの感じでトークショーがはじまる。

ここの会場はオーガスタのプレイベントで一度来てピザを頼んだ記憶が…スキマスイッチとしは初めてだよね?」という話から「まだまだ初めての場所いっぱいあるよね…」という流れから、「ライブハウスとかって壁とかにサインとかあるじゃん?今まで色んな会場いったけど、どこ行ってもさだ(さだまさし)さんのサインあるんだよね。…
なんて話をしてたかと思えばシンタ君が入ったラーメン屋の話で盛り上がってラーメン屋業界騒然?の画期的なパカシステムを考案したり、そこから壁ドンならむ上ドンまで誕生したりとまぁ、いつもの如くこのままトークだけで終わっちゃうんじゃないかってぐらい盛り上がったけど、一度ステージを去りました。理由は「スキマスイッチ出できた!感を出すため…」と言ってました。



20:20 スキマスイッチ
ここからがスタート。既に20時越えていて終了時間も気になるとこですが大丈夫でしょう。スキマ時間になってようやく2階席の皆さんを立ち上がり、そこから先はいつもの感じ。ステージ観るちょっと久しぶりだったので今日は割とじっくり観た感じ。選曲もレアな曲多かったし、「最近企画ものばっかりリリースして曲作れないんじゃ?疑惑を本人から口にしてましたが、新曲も作ってます!いいの出来てるんですよ。その新曲持ってきました!」と言って新曲を披露してくれたり、僕の予想というか希望が届いたのか、ステージにAimerさんを呼びこんでスキマスイッチがAimerさんに提供した曲「Hz」を競演。これマジ嬉しかった!Aimerさんの曲の中では1、2を争うくらい好きな曲でスキマスイッチの楽曲らしい疾走感!が爆発しててAimerさんの歌声とも合うし、いつかステージでこの曲を競演してくれたらな…と思ってて、しかも今回はAimerさん出るの知らなかったのでかなりのサプライズ感。いやーもう最高だった。

アンコールでは澤野さんを再び呼び込み、今度は感謝の気持ちを込めて澤野さんが作った楽曲をスキマの二人がプロデュースした「re:Action返しをします!」と言ってnZkの「Next 2 U」を…その前に…と言って再びAimerさん登場。何?今日はAimerさん祭り?ステージに立つことすら何もアナウンスしてなかったのにこんなにいっぱいAimerさんの歌声聴けるなんて…実はまライブ行ったことなくて生歌聴くの今回が初なんだけど!超嬉しんだけど!

そして最後は本日の出演者全員をステージに呼び込んでの「全力少年」。コール&レスポンスから始まるのはいつもの流れなんですが、今回は客席の反応が良かった事に気を良くしたのかそれとも悔しかったのか?見本で見せるコールのハードルをどんどん上げて行き、最後の方はいやそれ絶対素人にはマネ出来ないから…ってぐらいの難易度になり、途中で脱落して手拍子に切り替えた客席に対して「ハイ!ハイ!じゃないから…プロとアマの差だよね。」と得意げに満面の笑み。もう…大人気ないんだから。…からの「全力少年」はホント楽しかったな。


21:45 終演。

もうこんな時間…と、明日も仕事だしとにかく急いで帰る。予想外の展開が色々あって楽しい時間だった。


[セットリスト]
#01. パラボラヴァ
#02. 雫
#03. ズラチナルーカ
#04. 奏(かなで)
#05. Mr.カイト (新曲)
#06. キレイだ
#07. Hz (スキマスイッチ×Aimer)
#08. トラベラーズ・ハイ
-en-
#09. Next 2 U (スキマスイッチ×澤野弘之×Aimer)
#10. 全力少年

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
スキマスイッチ TOUR 2017 "re:Action" at Zepp DiverCity スーパー自由人3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる