スーパー自由人3

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿部真央らいぶNo.7 at 東京国際フォーラム

<<   作成日時 : 2017/04/23 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

4月23日に東京国際フォーラム ホールAで行なわれた阿部真央のライブ「阿部真央らいぶNo.7」に行ってきました。
画像


前回行ったライブが2015年5月のNo.6だったので2年ぶりという事になりますね。2015年2月発売の6thアルバム「おっぱじめ!」を発売以降、ツアー中に妊娠してる事を発表しながらもツアーを続行しファイナルまで走りきった後に産休に入って9月には無事に出産。母となったあべまがさぞ幸せな新婚生活を過ごしてたであろうと皆が祝福しながらも幸せオーラいっぱいでステージに帰ってくる日を楽しみ待っていたのに、何があったかは知らないがその翌年には離婚を発表。これには正直驚きましたがシングルマザーとして再出発!そして今年2月には7thアルバム「Babe.」発売を経て2年ぶりの全国ツアーとなった訳ですが、この2年間で実に色んな事があり過ぎてファンとしても戸惑う部分もありますが、こうやってまたステージに戻ってきてくれた事は素直に喜びたいなと。ただ、前回アルバムが闇闇ソング控えでストレートな明るい感じだったのに対して今回のアルバムは曲調は明るいのに歌詞が結構痛々しい感じの曲とか対極な内容でしっかりと糧にしてる辺りさすがだとは思うけどちょっと心配な部分もね。

そんなツアーも今日が最終日!ファイナルです。神奈川の公演はスケジュールが合わずに行けなかったので今日のライブが今回のツアー初参戦となり、様々な事を経ての2年ぶりの表舞台という事もあり会場の雰囲気は?MCでは何話したの?などと気になる部分は多々あったけど、そのモヤモヤは今日で全て解決するかなと思ってる。ネットで検索すればある程度の情報は入ってくるとは思うけど、やっぱり実際に自分の目で見て耳で聴いた事が全てだと思っているので情報に振り回されずにしっかり見極めてきたいなと思ってます。あべまに限らずアーティストのプライベートな部分に対してはあまり関心がなくて誕生日とか出身地とか家族構成とか知らなかったりするのですが、さすがに今回は色々と気になってしまいました。まぁ、大事なのはこれからなのでいい曲作っていいライブしてくれればいいなと。


昨日はあいにくの雨でしかも寒かったけど、今日は朝から晴天のポカポカな春って感じ。これほどまでに差があると昨日はいったい何だったのか?晴れ男の能力を無にするほどの何か見えない力が働いていたのかなどと深読みしたくもなります。今日は全く雨の心配もないのだけど、そもそもフォーラムは通路が駅地下と直結してるので全く濡れる心配もないんだよね。昨日はライブで帰り遅かった事もあって朝起きれずグッズは今回いいかな…指定席だし早く行く必要ないし…と自分を納得させゆっくりめで会場入り。会場内には記念写真用にと"女"フラッグが用意された特設コーナーが。
画像

画像

今日の席は1階37列。まぁモニターのないこの会場だと微妙な位置ではあるがステージ正面だし通路側だし距離はそれなりにあるけど見易いかも。


18:10 開演
暗転するとゴゴゴゴゴ…と豪快な水の音?が流れはじめ、ステージの上から何かが降りてきた?と思ったらオーロラっぽい感じでカーテン降りてきた。なんとなくドキュメンタリータッチの音楽が流れる中でバンドメンバーがステージへ。最後に登場したくもあべまは真っ暗なステージの中央にスタンバイすると青い照明に変わった途端に伴奏もなくアカペラ歌いはじめた。オープニングナンバーは「愛みたいなもの」。そう、つまりバラードであべまのライブというと前半は飛ばしまくって勢いを強く感じるのに、今日は静かにはじまった。衣装もロングスカートでしっとりと歌い上げるという感じでこの2年の間にスタイル変わったのかな?

なんて思ってたら2曲目の「逝きそうなヒーローと糠に釘男」、3曲目の「Don't let me down」とギターを掻き鳴らす感じで激しくなり徐々にテンション上がってく感じで「トウキョー!」と叫びはじめ、やっぱあべまはこの感じだな…と自分の中でもジワジワとテンション上がりはじめたところに「ふりぃ」でどか〜ん!と来ました。この曲やっぱ最高だよね、無敵感っていうの?テンションの上がる底を知らない感じ?というか…この感じ久しぶりやなと思いながらあべまの帰還を実感するのであった。2年ってやっぱ長いよね。その間には新曲だったりアルバム発売とかもあったけど、やっぱあべまはとにかくライブだと思うので。などと思いながらライブを見守っていた。

MCの第一声は「ただいま、東京!
なんかそう言ってくれるのがちょっと嬉しかったり。


途中、アコースティックコーナーがあって、
2年前は妊娠中で身体を労わる為に作ったコーナーだったけど、このコーナーが好きで…
と今回も採用したとか、こちらとしても座ってゆっくり聴けるのといつもと違うアレンジで曲が聴けるので願ったり叶ったりという感じです。今回このコーナーは3曲をセレクト。ギタリスト二人がアコギを構えあべまは歌に専念の「母である為に」と「いつの日も」の2曲を演奏。ツインアコギの音色の美しさに惚れ惚れしながらあべまの歌声に酔いしれる。「いつの日も」のアコースティックverとかちょっと感動ものだった。そして最後は自らギターを構えて「背中」を弾き語り。これもカッコ良かったな。

3曲でアコースティックコーナーは終わりバンドメンバーが現れれたが、そのまま客席が座ったままで今度はギターも構えずマイクを持って「側にいて」を熱唱。これなんか凄かったな…1曲の中で序盤の繊細な感じと、サビに向けて徐々に盛り上がってく力強さみたいなものが座ってじっくり観てることもあってか凄く響いた。もちろんこの会場の音響設備の素晴らしさもあって力強くどこまでと伸びやかな歌声が胸に突き刺さるというか圧倒されました。2年のブランクなど感じさせない声量と歌声…あべま健在ですね。


後半はノリの良い曲を中心にした選曲で、その中に新しいアルバムからの曲を融合させながら新鮮さと安心感を同時に味わいながらライブを観てました。やっぱり後半の盛り上がりは凄いよね。ライブ後半に跳ねる曲が多いのはちょっとアレだけど。

2度目のMCでは
楽しいライブが出来て幸せです。東京でやったライブの中でも今日のライブは最高でした。この2年間で色んな事がありまして…(笑)
と切り出すと、客席からも笑いが…

皆さんにおめでとうと祝福されたのにこんな事に…。初日の大分からドンマイ!と言われ続け、ずっと説明して周ってきましたが、悔いのない決断を出来たかなと思ってます。もっといい曲を作って、もっといいライブをやるのでこれからも阿部真央を宜しくお願いします。

とあべまの口から正直な気持ちを聞けたので、もう過去の事はそれ以上追求しないでいんじゃないかな。大人なんだし。そんな下りがありつつ、本編最後は「それぞれ歩き出そう」で締める。ホントいいライブでしたよ。


そしてアンコール明け。
たぶんまたコスプレ?な感じで現れるかと予想してたけど…白のブラウスに黒のタイトスカートでピンクのヒール。やっぱりそう来たか…な感じで「モンロー」からスタート。2年経ってもそのエロ可愛いさは衰える事なく、いやむしろ磨きがかかった感じ?最後の決めポーズもバッチリ決まった所でそのまま「I wanna see you」で今度はヒールで跳ねる!この辺りの曲が何より楽しんだよね。しかし、今日はそれで終わりではなかった。

2曲を終えてのMC。
この衣装、何年も着てるけど帰ってきた感じを表現したかったのに今年はブルゾンちえみさんが…(笑)
そういえば衣装被ってる…と思いながらも客席も大爆笑。そして、そのままブルゾンちえみになりきったブルゾンあべまが降臨?「キャリア…ウーマン!」と完全になりきってましたが、終わった後に「関係者の皆さんブルゾンさんに…」と申し訳なさそうに詫びを入れてました。


2度目のアンコールではTシャツとホットパンツというカジュアルな恰好に着替えて1人だけでステージに登場。
今回のアルバムは全13曲なんですけど、『背中』という曲が長く感じませんでした?実はシークレットトラックが…今日はその曲をやろうかなと。」と切り出し、

ここからはちょっと長くなるんですけど…」と前置きしつつ、「高校時代に巫女さんのバイトをしてまして…」えっ、何の話?と思ってたらタイトルの「かしこみ」という言葉についての説明をはじめる。結婚式などで神主さんが良く使うらしいのだが、簡略すると「かしこみ」という言葉は神様にお願いする時に使う言葉で、それを曲に使いたくて考えてたら「さしこみ」(お腹が痛くなる奴)って言葉と似てるなって…それを合体させて…。
さしこみが直りますように…と神様にお願いする曲を…と作ったのがこの曲です。

と曲説明を終えて、「かしこみかしこみ」を歌いはじめたまでは良かったが…1フレーズ歌い終わったところで「間違えたぁーごめんなさい!」と言って演奏ストップ。客席から飛ぶ「ドンマイ!」の声。

PONY CANYONの偉い人と目が合ってしまい、あぁこんな曲歌っててすいませんとか思ってたら…
と弁明してから再び最初から歌い直す。なんか色々と面白かった。


そして最後はライブしか聴く事の出来ない名曲「母の唄」で締め。「人前で歌うようになって10年経つんですけど、自分が母親となってからはじめて歌うこの曲…見守っていただけたら。今回のツアーは(2年のブランクもあって)色んな面で凄く不安だったんですけど…」と心境を語りながらも最後はしっかりと歌い上げ最高のツアーファイナルとなりました。


20:42 終演

久しぶりのあべまライブ、ホントに心から楽しませてもらいました。帰り際に渡されたチラシには6月24日に今日のライブの模様がwowowでオンエア決定!と書かれていて、ホントwowowさんと音楽も映画も好みが合うんだよね。オンエア楽しみにしてます。出来ればブルゾンあべまも…それはちょっと無理かな?


[セットリスト]
#01. 愛みたいなもの
#02. 逝きそうなヒーローと糠に釘男
#03. Don't let me down
#04. ふりぃ
#05. You Said Goodbye
#06. 君を想った唄
#07. わかるの
#08. Don't leave me
#09. 母である為に
#10. いつの日も
#11. 背中
#12. 側にいて
#13. バイバイ
#14. Hello, Brand New Days
#15. この時を幸せと呼ぼう
#16. gasp
#17. POSE
#18. Believe in yourself
#19. ロンリー
#20. 伝えたいこと
#21. モットー。
#22. それぞれ歩き出そう
-en1-
#23. モンロー
#24. I wanna see you
#25. 女たち
-en2-
#26. かしこみかしこみ
#27. 母の唄

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
阿部真央らいぶNo.7 at 東京国際フォーラム スーパー自由人3/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる